大坂城(おおさかじょう)

大坂城の基本情報

通称・別名

金城、錦城、浪華城

所在地

大阪府大阪市中央区(大坂城公園)

旧国名

摂津国

分類・構造

輪郭式平城、平山城

天守構造

連結式望楼型[5重6階地下2階/1585年築/焼失(落城)]、独立式層塔型[5重5階地下1階/1626年再/焼失(落雷)]、独立式望楼型[5重8階/1931年再/SRC造復興]

築城主

豊臣秀吉

築城年

天正11年(1583)

主な改修者

徳川秀忠

主な城主

豊臣氏、奥平氏、徳川氏

廃城年

明治元年(1868)

遺構

櫓、門、石垣、曲輪、堀

指定文化財

国重要文化財(櫓・門等)、登録有形文化財(再建天守)、特別史跡

再建造物

復興天守、石碑、説明板

周辺の城

石山本願寺(大阪府大阪市)[0.3km]
大坂東町奉行所(大阪府大阪市)[0.6km]
楼ノ岸砦(大阪府大阪市)[1.2km]
大坂西町奉行所(大阪府大阪市)[1.3km]
真田丸出城(大阪府大阪市)[1.6km]

大坂城の解説文

大坂城・大阪城(おおさかじょう)は、摂津国東成郡大坂(現在の大阪市中央区の大阪城公園)にあった安土桃山時代から江戸時代の城である。別称は金城あるいは錦城で、大坂が近代に大阪と表記するように改まったため、現在は「大阪城」と表記することが多い。

概要
通称「太閤さんのお城」とも呼ばれているが、1959年(昭和34年)の大阪城総合学術調査において、城跡に現存する櫓や石垣などは徳川氏、徳川幕府によるものであることがわかっている。

大坂城は、上町台地の北端に位置する。かつて、この地のすぐ北の台地下には淀川の本流が流れる天然の要害であり、またこの淀川を上ると京都に繋がる交通の要衝でもあった。戦国末期から安土桃山時代初期には石山本願寺があったが、1580年(天正8年)に焼失した後、豊臣秀吉によって大坂城が築かれ、豊臣氏の居城および豊臣政権の本拠地となったが、大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡とともに焼失した。徳川政権は豊臣氏築造のものに高さ数mの盛り土をして縄張を改めさせ豊臣氏の影響力と記憶を払拭するように再建したとされる。その後、幕府の近畿地方、および西日本支配の拠点となった。姫路城熊本城と共に日本三名城の一つに数えられている。

現在は、昭和初期に復興された天守と櫓や門などが現存し、城跡は、国の特別史跡に指定されている。

歴史・沿革
安土桃山時代
上町台地のほぼ北端、石山本願寺の跡地に1583年(天正11年)、豊臣秀吉が築城を開始した。

完成に1年半を要した本丸は、石山本願寺跡の台地端を造成し、石垣を積んで築かれたもので、巧妙な防衛機能が施された。秀吉が死去するまでに二の丸、三の丸、総構えが建設され、3重の堀と運河によって囲むなどの防衛設備が施された。天守は、絵画史料では外観5層で、「大坂夏の陣図屏風」や「大阪城図屏風」では外壁や瓦に金をふんだんに用いた姿で描かれており、それに則した復元案が多くある。大坂城の普請中に秀吉を訪問し、大坂城内を案内された大友宗麟は、大坂城を三国無双(さんごくぶそう)と称えた。

築城者である秀吉自身は、京都に聚楽第伏見城を次々に建造し、大坂城よりもそれらに居城した。1599年(慶長4年)秀吉の死後、秀吉の遺児豊臣秀頼が伏見城から、完成した大坂城本丸へ移り、また政権を実質的に掌握した五大老の徳川家康も大坂城西の丸に入って政務を執った。

江戸時代
1603年(慶長8年)に徳川幕府が成立した後も、秀頼は大坂城に留まり摂津・河内・和泉を支配していたが、1614年(慶長19年)の大坂冬の陣で家康によって構成された大軍に攻められ、篭城戦を行った。そして、その講和に際して惣構・三の丸・二の丸の破却が取り決められ、大坂城は内堀と本丸のみを残す裸城にされてしまう。秀頼は堀の再建を試みたために講和条件破棄とみなされ、冬の陣から4か月後の1615年(慶長20年)、大坂夏の陣で大坂城は落城し、豊臣氏は滅亡した。

落城に際して、灰燼に帰した大坂城は初め家康の外孫松平忠明に与えられたが、1619年(元和5年)に幕府直轄領(天領)に編入された。翌1620年(元和5年)から、2代将軍徳川秀忠によって大坂城の再建が始められ、3期にわたる工事を経て1629年(寛永6年)に完成した。...

大坂城の口コミ情報

摂津守@はんなりと様[2017年11月18日]
1628年に再築された大手門は、門の両脇に控え柱と屋根をのせた高麗門ですが、大手門の柱継ぎは、日本でここしかない継ぎ方になってます。
上下にも横にも動かない継ぎ方になっており、柱の下が腐食したため、節約を兼ねこの部分だけを取り替えられました。1979年に謎解きを各地の大工さん達に呼びかけ、解けたのは神戸の大工さん1人だったそうです。
当時の技術力の高さが伺えます。

高麗門つながりで、本丸南にある桜門は、1887年に陸軍が再建した門ですが、当時の再建で国重要文化財は珍しいそうです。
また桜門は、天守や青屋門除き城内にある建造物で唯一屋根に桐紋があり、当時は遺構が秀吉の城と考えられており、大戦後に消失した和歌山城移築の紀州御殿屋根は、三葉葵紋と桐紋のミックスになってました。

登城される際に、少し立ち止まって確認されてはいかがでしょうか。

摂津守@はんなりと様[2017年10月27日]
徳川幕府による再築から今日まで
11度震度4以上の地震を経験するも、
地震で石垣が崩れたことはないそうです。

・石垣石間で生じる摩擦抵抗力
・背面の栗石が揺れを吸収
・石垣傾斜度等
の3点で力学安定していること、
底部の根石が粘土層に達していることが
理由として考えかられるそうです。

但し、再築直後は、地盤悪さに起因した東側の
玉造口付近、横矢掛が不十分で平面が長かった
為による南外堀の三番櫓付近で崩落し、
根石を粘土層に置いたり、土留めの石垣を堀内に置き、
横矢掛を間に入れるなど、試行錯誤の結果、
耐震構造が強くなっていったそうです。

その後、石垣が崩落したのは
・落雷による火薬庫爆発1660年
・大雨による西外堀、千貫櫓向い側1854年
・終戦前日の空襲による各所破壊1945年
です。

1854年は55㍍崩落するも早めに復旧が行われ、
その跡が積み方の違いでわかります。
崩落に耐えた部分は打込接、復旧部分は切込接に
なってるのが、大手門から対岸方向に確認できます。

登城時にお時間あればご確認下さい。

摂津守@はんなりと様[2017年09月23日]
大坂城の石垣普請は1620年から10年、3期に分けて行われました。

1期は西ノ丸、二ノ丸の北、東が対象で、醍醐三宝院義演の日記によれば、伏見城の石垣が運び込まれ全体の1/3を占め、残りは加茂、御影、小豆島から運搬されました。
石垣工事は3ヶ月で完了しましたが、石は不揃いで2期以降より小さいです。
今も残る乾櫓・千貫櫓はこの時の建築です。
しかしながら東の玉造口などは、旧猫間川湿地帯に築かれたため1年後に崩落してます。

2期工事は、天守、本丸、山里曲輪が築かれ、桜門枡形の蛸石も設置されました。
この頃から石が整然と隙間が少なく積まれ、天端に狭間石が使われるのもこの頃からです。

3期工事は、玉造口の修復と横矢掛がキレイな二ノ丸南が築かれ、2期よりも隙間少なく積まれ、技術進歩と規格化が進みました。
南外堀付近が最も地盤が強いため、本丸東の石垣の次に高い石垣が積めました。

湿地帯の東外堀の石垣は、その後も何度か崩落したとのことで、平成の東外堀復元工事の際に胴木などが見つかったそうです。

周囲を散策された際に、石垣比べなどされるのも一興かと思います。

摂津守@はんなりと様[2017年08月14日]
終戦前日の8月14日、大坂城東や北の陸軍砲兵工廠を狙った空襲があり、伏見櫓・京橋口櫓門など多数の建物とともに石垣も多く破壊されました。

特に本丸北側や山里曲輪などに多く被弾し、天守周辺3ヶ所や貯水池北側の石垣、山里曲輪石垣、西ノ丸乾櫓東の算木などが崩れました。山里曲輪と本丸を結ぶスロープ近くの石垣は機銃掃射の跡が残ってます。(南の二ノ丸も二番櫓など建物や外堀バス駐車場付近、本丸土橋付近など石垣も破壊)

昭和28年から一番櫓など建物とともに、上町筋市電から丸見えの西ノ丸乾櫓東の算木の積直しが始まり、西ノ丸は松山城修理で名人と言われた菅能宇吉氏が指揮され248個の石が積直されました。
その後も石垣の修復は進められ、火災で弱くなった石の取替(桜門蛸石付近)など平成まで断続的に行われました(花崗石は熱に弱いため)。

現在も天守台東面のズレや、立入り禁止ですが梅林(市正曲輪)の南西に空襲で崩れたままの石垣が残っており、見ることができます。

出典:大坂城修復工事報告書

0107ブラ弾正少弼白河城!様[2017年07月20日]
また、『大阪城天守閣』は前述の通り市民の寄付により建てられた市民の城であり、今も大阪のシンボルである。いわば現在の天守は大阪市民による3代目天守と認識出来よう。
こういった二つの理由から、『大阪城天守閣』は当時の近代建築遺産として登録有形文化財に指定され、再建天守でありながら文化財建造物でもある。
※基本的に現代の城、及びこの建物を指す場合、大坂城ではなく大阪城と表記するのが普通である。

0107ブラ弾正少弼白河城!様[2017年07月19日]
大坂城復興天守、いわゆる『大阪城天守閣』は周知の通り昭和6年、大阪市民の寄付金を募り再建された。『大阪城天守閣』は昭和天皇即位記念事業の一環として計画、古川重春氏らが復原考証に当たり史料として『大坂夏の陣図屏風』を元に姫路城など現存天守など参考にしながら進められた。
『大阪城天守閣』は現在の我々から見れば当然、徳川幕府の天守台に建ち、豊臣時代とも全く形が違う事を知るが、『大阪城天守閣』再建当時は、現存する石垣全ては豊臣氏の石垣と認識され、徳川時代の石垣と判明したのは昭和30年代の事である。
従って『大阪城天守閣』は当時としては最新の復原考証を行った城郭研究者の熱意の下に建造されたのである。
そういう経緯から『大阪城天守閣』は模擬天守ではなく復興天守に分類される所以である。

摂津守@はんなりと様[2017年07月08日]
大手口枡形の櫓門石垣に、石と石の隙間を埋める白の詰物正体は漆喰です。
攻められた時に石垣をよじ登るのを防ぐために、門付近の石垣では石と石の隙間はこのような漆喰で埋められてました。
古写真を見ると、大手口以外にも山里曲輪北面、二ノ丸中仕切門、京橋口などの石垣でも見られます。
(今も大手口以外に千貫櫓の城内側でも見られますが、これは漆喰かどうか不明。
天守台石垣で所々あるのはモルタルです。)

今も石の隙間に漆喰が埋められてるのがはっきりわかるのは、大手口櫓門付近です。
これ以外は、風雨で流れ落ちたり維新時の火災や二次大戦空襲などで失われてます。

以上、ゆっくり城内探索される際の豆知識まで。

摂津守@はんなりと様[2017年07月04日]
豊臣期の大坂城は、南側に三ノ丸があったと
推定されてるのはわりと知られてますが、
三ノ丸内の大名屋敷の名残が今はなき旧町名の
由来になってます。

①越中町
細川忠興の屋敷、越中井や越中公園が今もあります。
②紀伊国町
浅野幸長の屋敷、越中井の南側。
③仁右衛門町
増田長盛の屋敷、紀伊国町の南側。
④元伊勢町
小出吉政の屋敷、越中井の東側。
⑤岡山町
宇喜多秀家の屋敷、仁右衛門町の東側。
⑥半入町
青木半入の屋敷、紀伊国町の東側。

この他にも、仁右衛門町と岡山町に隣接する大阪女学院には
前田利家の屋敷があったそうで、校内に加賀石があるそうです。
また、玉造稲荷神社の南に千利休の屋敷なども。

以前の発掘調査で、玉造口黒門は三井住友銀行の
玉造筋を挟んで向いにありました。

大坂城に行ったついでに気候のよい時に
時間があれば、南側の散策などいかがでしょうか。

青き巨星弾正忠かみさん様[2017年06月07日]
大坂城のお城メダル(記念メダル)は天守閣1階のミュージアムショップの前にあります。
2種類ありますが色が金色か銀色の違いで図柄は同じです。
どちらも買いました。

摂津守@はんなりと様[2017年05月29日]
本丸内の天守閣の東隣、金蔵の北側のこんもりした盛り上がりに配水池があることは知られていますが、明治28(1895)年にできた大阪最古の配水池です。

この盛り上がりの土の下に貯水槽が埋まっており、今も大阪市北区の一部に給水する現役施設です。この場所に作られたのは、周辺で一番標高の高かったためだそうです。

ちょうど本丸西面と西ノ丸の間の空堀を横切るように、石垣を貫通して西ノ丸に続く鉄管が2条がありますが、配水池へ水を揚げる上り管と配水池から北区の一部へ給水する下り管になってます。この管も、明治時代に大阪砲兵工廠で作られたものだそうです。

石垣を貫通し空堀を横切る管は無粋な印象を受けますが、軍事だけでなく生活を支える拠点として機能していると思えば見方が変わるのではないでしょうか。

摂津守@はんなりと様[2017年05月28日]
1959年に本丸地下から豊臣時代の大坂城石垣が発見されたことは知られてますが、それより以前に発見されたことがあります。

第二次大戦中に、本丸にある軍司令部で防空壕を掘っていた時に、南側空堀(土橋東側)への抜け道を掘る最中に豊臣期の石垣にあたって真っ直ぐ斜めに掘れずその部分に踊り場を設けて掘られました。当時は豊臣期の石垣が地下にあることが知られず、1959年の発見後にそういえばという具合でわかったそうです。
防空壕の出入口は本丸南に面するとこは石で塞がれわかりにくいですが、空堀の二ノ丸側には鉄格子で塞がれた状態で残っており、草が繁茂する夏以外は桜門前土橋から確認できます。

二ノ丸側出入口からどこにつながっているか不明ですが、現存の六番櫓下の外堀に面する石垣の石が数個くり貫かれたところがあります。
こことつながってないですが、軍がくり貫かれたのか目的不明だそうです。

本丸司令部建物や二ノ丸北の化学研究所建物以外にも日本軍の軍事拠点であったことがわかり、石山本願寺から終戦まで、存在感が受け取れます。

お時間ありましたら、穴を探せin大坂城いかがでしょう。

摂津守@はんなりと様[2017年05月08日]
石垣の高さ1、2位は
伊賀上野城か大坂城のどちらかが気になり調べてみました。

・伊賀上野城(本丸西側):
根石から天端石まで約30m (水面から約23.5m)

・大坂城(本丸東側):
 根石から天端石まで約32m(水面から約24m)

※天端石(てんばいし):石垣の一番上にある石で櫓等と接するため水平

目くそ鼻くそ程度の差ですが、関係者にとって重要な差なんでしょうね。

両城の築城に係わった藤堂高虎さん、
自分より幕府の顔を立てたのか、たまたまか、
今となってはわかりませんが、
主君を7度変えた藤堂高虎さんらしい配慮と個人的に思っておくことにします。



ちなみに大坂城で2番目に高い石垣は
六番櫓のある南外堀の石垣で根石から天端石まで約30mあるそうです。
(南外堀の最大幅は約75m)

以上、コネタでした。

日下山城守玄瑞様[2017年05月04日]
いつのまにか、大阪城公園内の売店が、ごっそりローソンになってました。

柿崎和泉守景家様[2017年04月11日]
白い天守閣も良いが、やはり大坂(阪)城は黒天がよく似合う。

摂津守@はんなりと様[2017年04月11日]
大阪城天守閣の平成28年度年間入館者数が2,557,394人と昭和6年以来過去最多になったのを記念し、オリジナルグッズを販売されるそうです。

グッズは「真田幸村ゆかりの地」として大いに賑わった年での記録更新のため、真田幸村をイメージしたブックマーク(しおり)を制作するとか。

販売開始日は、平成29年5月中旬予定で、大阪城天守閣1階ミュージアムショップ(限定販売)にて、1,000円とのこと。

ご興味あればどうぞ。
私にマージン入りませんのでご安心を。

織田左兵衛督晃司1202晴天様[2017年02月12日]
現在の大坂城の縄張りは徳川時代のもので、豊臣大坂城は埋めごろし。
復興天守は大坂夏の陣屏風絵図を基にされたもの。城めぐりの皆様はすでに承知の事と…
AM6:58大阪城公園東側の駐車場に停めて天守および真田丸付近を散策。
2時間駐車したのに料金300円Σ(゜Д゜)
大阪なのに…何かの間違いか?

涼様[2017年01月19日]
天守内は大坂の陣にまつわる品々や秀吉の立身出世物語、大坂夏の陣屏風図の解説などを観ることができます。
100名城スタンプは天守内1階のインフォメーションカウンターにあるので、受付の方にお願いしましょう。
城を出て南に行くと、真田丸跡の記念碑や信繁の抜け道がある三光神社があります。
真田丸跡や三光神社は玉造駅が最寄りですが、信繁や大助の気分に浸りたい方は大坂城から歩いて行くのがオススメです。
ただし道の高低差がある場所が結構あるので、健脚でない方は電車やタクシー利用したほうが良いかと思います。

摂津守@はんなりと様[2016年12月10日]
大阪城公園で2017年1月15日に行われるクリーンランに向けて「Tシャツ戦隊プリントレンジャー」の参加隊員を募集。
参加料は2,815円(ヒーローTシャツ代込み)。応募はウェブサイトで。
キレイになればいいですね。

出典:京橋経済新聞ニュース

若狭守次郎吉・黄母衣衆様[2016年10月13日]
大阪城天守閣の屋根の色について。

現在の復興天守閣は昭和6年に建てられました。その時に屋根瓦には銅製の瓦が使用されました。天守閣全体の軽量化や耐火性、寒冷による凍み割れ防止という理由で葺かれました。

特に鉄筋コンクリート構造の天守閣なので、その重みで既存の天守台が崩れてしまわないように天守閣全体の軽量化がとても重要だったようです。


再建当時は屋根の色は赤銅色でした。朝日や夕日に照らされると豊臣期の大坂城天守のように輝き、きらびやかだったことでしょう。

しかし、年月が過ぎてしまい次第に銅瓦が酸化して緑青となり現在のような緑色になりました。

因みに名古屋城も銅瓦が使用されているので、緑色の屋根をしています。

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年09月30日]
天守閣内は、5階までエレベーターで昇りその先展望台(8階)まで及び下りは階段で各階展示を見学するのが通常の見学ルートですが、階段昇降に難のある方は係員に話せば展望台までエレベーターを使うことができるそうです。
百名城スタンプは1階インフォメーションカウンターにある(受付の方に出してもらう形)ので、スタンプ目的の方も入館料が必要です。
公園内売店の飲み物はかなり高めなので、自販機等であらかじめ用意しておくとよいでしょう。

摂津守@はんなりと様[2016年07月31日]
2016.6に引き続き味を占めたのか、2016.7.16~2016.8.28の月曜以外と、2016.9.17~2016.11.27の土日祝、10~16時半まで、多聞櫓・千貫櫓・煙硝櫓の内部が特別公開されてます。

入場券は前回と同じく大人700円、天守閣セット券1200円(販売終了時間15時半まで、売場は西ノ丸入口の近く)
詳しくは大阪城パークセンターHPをご覧ください。

摂津守@はんなりと様[2016年04月03日]
3月27日の情報考古学会発表によれば、大手門をくぐった大手口枡形の大手見付石と、左に並ぶ大手二番石は、元々一つの巨石を二つに割ったものであることが新たに開発された画像解析技術でわかったそうです。
二つの巨石を様々な角度から撮影し、コンピューター上で3次元の立体的な形状を復元。石の表面の凹凸の位置を調べると、ほぼ一致し、石をわるくさびの位置も一致したそうです。
この二つの巨石は、肥後熊本藩主の加藤忠広によって小豆島から運ばれ、築かれたものだそうです。

若狭守次郎吉・黄母衣衆様[2016年02月03日]
2016年2月6日、7日
豊臣期石垣発掘現場の一般公開。朝10時から夕方4時まで。小雨決行。

摂津守@はんなりと様[2016年01月30日]
2016.1.9~2016.6.5の土日祝?、10~16時半まで、多聞櫓・千貫櫓・煙硝櫓の内部が特別公開されてるそうです。
入場券は大人700円、天守閣セット券1200円(販売終了時間15時半まで、売場は西ノ丸入口の近く)
詳しくは大阪城パークセンターHPをご覧ください。

【鶴丸】兵部大輔葉侍様[2015年09月20日]
大阪城へは大阪城公園駅、森ノ宮駅からではなく、大阪市営地下鉄「玉造駅」から行くルートがオススメです。幸村所縁の「三光神社」、鎌八幡」、「三光神社」、利休屋敷跡であり秀頼像が建つ「玉造稲荷神社」、「聖マリア大聖堂」では高山右近とガラシャの像、ガラシャ最期の地である「越中井」など戦国武将所縁の地が途中にございます。

摂津守@はんなりと様[2015年06月21日]
本丸御金蔵付近で豊臣時代の石垣など遺構の発掘調査中。
いつ終わるかわかりませんが、いずれそれを公開できるようにする計画があるそうです。

上総丹幹之介@左近衛少将様[2014年10月14日]
大手門が修理中で、門と石垣好きには残念でした(-.-)

安倍武蔵守宗任様[2014年07月12日]
天満橋から見えた天守閣、外堀まで来たら見えなくなった。
何なん?このデカさ!

今日は生玉夏祭り見られました

柳生兵庫助如雲斎様[2014年06月25日]
天守閣は17時まで見学可能ですが、入場は16:30で終了です(時期で変動あり)。見学は計画的に。

178ックスコーシー因幡守様[2013年10月06日]
重要文化財「千貫櫓・多聞櫓・金蔵」特別公開が今年も開催です(^_^)v
城内最古の建造物の千貫櫓!大手口を守る巨大な
多聞櫓!江戸幕府唯一現存金蔵の特別公開です
10月12日~14日
入場料200円(3棟共通、
多聞櫓入り口にて販売)
10時~16時30分ですが
入場券の発売は15時30分までです(^_^)/~

尼子民部少輔晴久様[2013年03月11日]
伏見櫓〜青谷口間の石垣に崩壊の兆しあり。所謂、孕み現象と地盤沈下。原因はスカスカになった石垣と石垣裏側の崩壊によるもの。

はせちゃん弾正忠様[2012年09月11日]
「千貫櫓・多聞櫓・金蔵」が10/6〜8特別公開されますよ

ポリタンク大和守様[2012年07月06日]
日本一の高石垣(二の丸南面)を含む、規格外の普請を堪能できます。

登録有形文化財である「大阪城天守閣」が建つ天守台東面は、大阪大空襲で被弾して歪んだところが今も残っています。

ポリタンク大和守様[2012年07月06日]
既にご紹介のある極楽橋の遺構については、広島大学の方の論文があります。 http://home.hiroshima-u.ac.jp/miurayu/gyoseki/hogonji.pdf

徳川内大臣源朝臣康武様[2012年04月23日]
琵琶湖に浮かぶ竹生島にら豊臣大阪城山里丸の極楽橋の遺構が移築されている。最初、京都豊国廟に移築され、豊臣秀頼が竹生島に移築したらしい。写真アップ!!

しまさ大納言様[2012年02月26日]
「100名城スタンプ情報」
大阪城天守閣1階案内所
受付の方に訪ねると、出してくれました。
(2012/1/29時点)

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月26日]
[武将像]豊臣秀吉像
二ノ丸にある豊国神社に立像、天守内に座像が鎮座。

石田治部少輔三成@雲龍様[2010年07月15日]
帰り道、ぶらり寄り道(笑)あ、淀殿が手招きしておじゃる(^o^)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore