安土城(あづちじょう)

安土城の基本情報

通称・別名

所在地

滋賀県近江八幡市安土町下豊浦

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

望楼型[地上6階地下1階/1579年築/焼失(火災)]

築城主

織田信長

築城年

天正4年(1576)

主な改修者

羽柴秀吉

主な城主

織田氏、明智氏

廃城年

天正13年(1585)

遺構

天守台、曲輪、石垣、堀

指定文化財

国特別史跡(安土城跡)

再建造物

一部の石垣、大手道石段、門跡、石碑、説明板

周辺の城

観音寺城(滋賀県近江八幡市)[2.0km]
佐生日吉城(滋賀県東近江市)[3.9km]
箕作城(滋賀県東近江市)[4.6km]
北之庄城(滋賀県近江八幡市)[4.9km]
和田山城(滋賀県東近江市)[5.2km]

安土城の解説文

安土城(あづちじょう)は、滋賀県近江八幡市安土町下豊浦にあった日本の城(山城)である。城址は国指定特別史跡で、琵琶湖国定公園第1種特別地域である。

概要
安土城は、現在の安土山に建造され、大型の天守(現地では「天主」と表記)を初めて持つなど威容を誇ったが、1582年(天正10年)の家臣明智光秀の信長への謀反、いわゆる本能寺の変後まもなくして何らかの原因によって焼失、その後廃城となった。現在は石垣などの一部の遺構を残すのみだが、当時実際に城を観覧している宣教師ルイス・フロイスなどの記録によってその様子をうかがい知ることができる。

安土城は六角氏の観音寺城を見本に総石垣で普請された城郭であり、ここで培われた築城技術が安土桃山時代から江戸時代初期にかけて相次いで日本国中に築城された近世城郭の範となった。そして普請を手がけたとの由緒を持つ石垣職人集団、いわゆる「穴太衆」はその後全国的に城の石垣普請に携わり、石垣を使った城は全国に広がっていった。ただし、安土城に残る当時の石垣の積み方は場所により様々であり、特定の「穴太積み」なる技法の存在を想定するのは難しい。

建造当時は郭が琵琶湖に接していたが、昭和に入って干拓が行われたため、現在は湖岸からやや離れている。安土山の全体に城郭遺構が分布しており、当時の建築としては城山の中腹に所在する摠見寺の境内に仁王門と三重塔が残っている。また二の丸には信長の霊廟が置かれている。滋賀県は1989年(平成元年)から20年計画で安土城の発掘調査を行っており、南山麓から本丸へ続く大手道、通路に接して築造された伝羽柴秀吉邸や伝前田利家邸、天皇行幸を目的に建設したとみられる内裏の清涼殿を模った本丸御殿などの当時の状況が明らかとなりつつあり、併せて石段・石垣が修復工事されている。

築城の目的は岐阜城よりも京に近く、琵琶湖の水運も利用できるため利便性があり、加えて北陸街道から京への要衝に位置していたことから、越前・加賀の一向一揆に備えるため、上杉謙信への警戒のためでもあった。その規模、容姿は太田牛一や宣教師の記述にあるように天下布武、信長の天下統一事業を象徴する城郭であり、山頂の天主に信長が起居、その家族も本丸付近で生活し、家臣は山腹あるいは城下の屋敷に居住していたとされる。

特徴
天主
-吹き抜け構造-
現存する天守の中にこういった構造のものは存在しない。
城以外の建築物を含めても、日本ではきわめて稀な構造であり、ヨーロッパの教会建築から影響を受けたものと推測されている。

-中央に礎石がない-
高層の木造建築を建てる場合、中央に心柱を立てるのが日本建築の常識だが、安土城天主の礎石は中央部の1つだけが欠けている(他の礎石は全て現存している)。
発掘調査では、中央に礎石が抜けた跡はないことが確認され、またそこに空いていた穴からは、焼け落ちた天主の一部と思われる炭とともに、壷のかけらのような破片がいくつも出土した。
現在の推測では、この穴の上にはかつて仏教の宝塔があり(天守指図からの推測)、穴には舎利容器である壷が入っていたものと推測されている。...

安土城の口コミ情報

逢坂河内守義昌様[2017年08月18日]
百名城スタンプを
安土城郭資料館で押すには、入場料を払わないと押せません。入場料を払うカウンターに設置されていますが、絶対に押させてくれません。
施設管理者の方針だそうです。
同じ近江八幡市の施設ですが、信長の館では、無料です。
大した展示もありませんから、スタンプ目的であれば、信長の館がお勧めです。
ただ、車でないと行きにくいですが。

あまそう和泉守関ヶ原観賞❗様[2017年05月11日]
駐車場は道から入った右手に無料の駐車場があります。大手門跡の受付で入場料700円を払います。ここからはトイレがないのでそれまでにすませてください。大手道右手に総見寺【糸へんでなく手へん】があり、お茶を立ててくれてようかんと頂けます。500円だったかな?天守閣跡から展望台は蜂がいて行けませんでした❗仁王門からのくだりの石階段気をつけて下さいね、あとは緩やかに降りることができます。
素晴らしいところです❗

内匠頭@黒うさ様[2017年05月08日]
駐車場は無料、入山料700円、トイレがある施設は200円?だった気がします。
トイレのみの場合でもお金を払わないと入れないので、近くのコンビニ等でするのがいいと思います。
門のところで、杖も貸して貰えるみたいなので自信のない方は借りた方がいいと思います(*^^*)

織田修理大夫糀【関ヶ原鑑賞】様[2017年04月15日]
安土城址に行く前に文芸の郷や安土城郭資料館に行くことを進めます。想像が膨らみます。

地元では内藤昌さんの復元案を採用しており、セビリア万博に出展した5・6階部の原寸復元もそうです。(写真は可ですがネットなどへのアップは不可)

安土城郭資料館の道は一方通行があるので気をつけて下さい。

先の方もおっしゃられてますがトイレは何処かで先に済ませておいたほうがいいです。(駐車場は無料ですが、ガイダンス施設内のトイレは有料)

近江守Silvine様[2017年04月09日]
安土城の駐車場問題ですが、4/1より市営駐車場も無料となりました。代わりに麓にあるガイダンス施設が有料(200円)になります。
なお、施設内にあるトイレ、休憩所に入るのも有料になりましたので、近くで済ませてからお越しください。物産コーナーや展示などは充実させるようですが…、入るのが有料というのは…(^_^;)

近江守Silvine様[2016年11月02日]
安土城址は摠見寺の所有する土地なのですが、市町村合併後に市が寺に断りなく勝手に入場者収入を見込んで作ったのが有料駐車場です。
そこから50m程奥に、有料駐車場に反発して摠見寺が作った無料駐車場がありますので、そちらに駐車される事をおすすめします。
なお現在、和解に向けて話し合いが持たれているそうです。

片倉左衛門佐七之助様[2016年10月28日]
以前安土城へ登城したさい最寄り駅から大変迷いました
張り紙の通りに行くのではなく、地図で確認しながら交通に気を付けて行ってくださいね
なお 安土城の石垣は
タクシーの方いわく観音寺城から運んだのでは?という推測も頂きました

カーネル様[2016年10月27日]
観音寺城の麓の桑實寺から、安土城博物館脇を通り北西へ。東海道線をくぐります

桑實寺から20分で安土城の入口へ。ここの特徴は[山城なのに人が多い][山城なのに道幅が広いのですれ違いも追い越しも楽々]だと思います

もちろん石垣はかっこいいし、雰囲気がいいですよね。天守台からの眺めも好きです

下山して安土駅に戻り、観音寺城と合わせて4時間でした

この後水口城と水口古城と多賀大社に行きました。佐和山・彦根城と合わせて4万5千歩
荷物も重くさすがにバテバテでした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

おおたに刑部少輔ぽぽた様[2016年09月09日]
本日時点、スズメバチは見かけませんでした。駅前の改修で信長像はどこかに撤去されたそうです。

紫瑠美明様[2016年09月06日]
安土城跡は今は700円掛かります。
総見寺には、更に500円必要です。
直ぐに城跡行かず、まずは資料館や、信長の館で情報を仕入れてから、向かうと良いです。何処に何があったのか?とか経緯などもわかり余計に、ロマン広がります。
信長様が私の中で息づいてます。
古えの昔、城近くに、いたかも、なんてね。

若狭守次郎吉様[2016年02月14日]
『信長の館』の復元天主は著作物なので記念撮影は可だが、ネットなどに公開は厳禁とのことですのでお気をつけください。

ソバッソ店長様[2016年01月01日]
祖母宅から徒歩10分
登城料金が700円に値上してます
摠見寺さん(受付のおばちゃん)に聞くと、整備の為に本日から値上との事

ホンマかい

と愚痴りたい気持ちを抑え、嫡男をショイコして登城開始。百聞は一見にしかず、足を運び総石垣城郭の走りをご堪能あれ


今回の口コミは地形に関して

信長の居城にしては防御が弱い気がします。地元民(祖母友)に聞くと明治に食料確保の為、琵琶湖を干拓し農地化したと。明治以前の俯瞰図を確認すると大手口のギリギリまで湖が迫ってます

当時どうやら湖と山で天然の要害になっていたようで
長浜、坂本、大溝、安土と琵琶湖を東西南北に移動する水路が完成
噂では上杉謙信にかなりビビっており、謙信が上洛する際に琵琶湖の東側は通らないだろうと安土に居城を作り、もし北陸から安土方面に侵攻されても水路で方々に逃げるルートが出来るそうで
琵琶湖が城郭手前まで来ていた証拠(になるかどうか)に、琵琶湖に生えてる葦が城郭すぐ側の湿地帯に自生してます。

てな妄想してみました。謙信の件は怪しいですが、水路を活用する縄張りやったんではないでしょうか。

鎌倉又兵衛《》弾正少弼様[2015年12月28日]
百名城スタンプについて。

月曜と年末年始は、安土城天主信長の館、安土城郭資料館ともに休みで、残るは安土城跡受付とものの情報にはありますが、実は山上の二の丸信長廟までいかないとおいてありません。

やむなく大手道を駆け上がりました。
2015年12月28日月曜日…

ООトマシ様[2015年10月12日]
パンフレットには 伝信長公所有 重要文化財の「まけずの鐔」が城址のそう見寺所蔵 となっているのに チケット売り場のおばちゃんたちは「そんなんあったかなあ?」って どうなん?

中務卿万葉高重様[2014年09月01日]
安土駅前の安土城郭資料館に日本百名城のスタンプ、安土城と観音寺城の2つあります。押したい人はここが良いでしょう。

YMTKM様[2014年08月14日]
駐車場は9時~ですが、並んでいると管理人さんが8時位に開けてくれます。料金は24、4月から有料になったようで510円かかります。
無料もあるようですが数台ですし、夜間は閉鎖されてます。県外から来て朝一にと考えてる方、夜中に止めておけません。トイレも鍵がかかっていて使用不可です。

婆裟羅褫顕近江守推参様[2014年05月06日]
↓前回の口コミより更にバージョンアップされ
「高精度シアター型バーチャルリアリティ安土城」
が完成されたそうです。

15分程で天主などを紹介するダイジェスト版と、

織田信長や羽柴秀吉らの視点で城内を巡るマニュアル版の二つ。

マニュアル版ではコントローラーを操作して城や城下に移動することも可能。

6月の信長まつりのプレイベントで披露される予定だそうです。
5月6日発行京都新聞より

婆裟羅褫顕近江守推参様[2013年11月14日]
本日発行の市の広報誌にて。
12月1日より、アプリ『VR安土城タイムスコープ』にいよいよアンドロイドバージョンが開始されるそうです。
これでスマホ持ちの方なら誰でもお越しの際には 楽しめますね♪

弾正尹ぽこにゃん様[2013年09月19日]
安土駅前の安土城郭資料館の方のお話によると、9月16日の台風18号による大雨で、三重塔〜仁王門の先の道が崩壊し通行止めになっているそうです。
本丸方面は問題ないとのこと。
行かれる方はご注意ください。

参議一之介様[2013年09月08日]
他の方も書かれていますが、先に城郭資料館や信長の館などに行って、基礎情報を頭に入れてから、城跡に行くのがオススメです。

たとえ雨でも、悲観することはありません。私のように、広大な安土城を独り占めできるかもしれません。

石垣がかなり残っていて、石垣好きにはタマラナイです。

御城駿河守学様[2013年08月07日]
伊勢安土桃山文化村の模擬天守は安土城のフォトが混じってますね( ̄O ̄;)

長門守みはえる様[2013年08月06日]
現在の安土城の天守閣をアップしてる方いますが何処なんでしょう!?

尾張守ひろっちぃ様[2013年05月04日]
登り口から本丸跡まで整備された石の階段が続いており登るのは楽ですが、山城に登ってる感覚が感じられず、物足りない感じです。

安土城の口コミにもあるように蜂やマムシが出るらしく随所に注意を促す看板が有ります

ばしこん様[2012年10月21日]
スタンプ押したいだけの場合は、安土駅前の資料館で良いです。城を見たいとなると、駐車場+登山料金で合わせて1000円掛かります。

ぐに之助刑部少輔石垣充待ち様[2010年12月12日]
総(字が出ません)見寺には、信長さまの木像と、肖像画的な絵があります〜信長さまファンは必見

大ふへんもの様[2010年11月06日]
以前、来たときには拝観料500円を徴収されまたのですが、今は駐車場代で更に500円徴収されました(-.-;)
そう見寺も有料ながら見学出来るようになったようです。

古楽侍従広家様[2010年09月19日]
細かい説明がついていますね。天主の石垣は昭和の始めに積み直しが行われていて、信長の時代そのままではないそうです。

堀久太郎秀政様[2010年09月07日]
夏のこの季節、安土城跡の二の丸跡には、マムシ、アオダイショウなどの蛇が多数いますので!御用心ください!ちなみに、俺っちのジョギングコースです!の季節は、最高です!

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月25日]
[武将像]織田信長像
JR安土駅前に立像が鎮座。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore