和田山城(わだやまじょう)

和田山城の基本情報

通称・別名

所在地

滋賀県東近江市五個荘和田町

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

和田(六角)高成

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

和田氏、田中治部大輔(六角氏家臣)

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、竪堀、土橋

指定文化財

再建造物

周辺の城

佐生日吉城(滋賀県東近江市)[1.5km]
目加田城(滋賀県愛知郡)[4.3km]
観音寺城(滋賀県近江八幡市)[4.4km]
箕作城(滋賀県東近江市)[4.7km]
安土城(滋賀県近江八幡市)[5.2km]
荒神山城(滋賀県彦根市)[6.5km]
鯰江城(滋賀県東近江市)[8.7km]
勝楽寺城(滋賀県犬上郡)[8.9km]
長光寺城(滋賀県近江八幡市)[9.4km]
敏満寺城(滋賀県犬上郡)[9.7km]

和田山城の解説文

和田山城(わだやまじょう)は、滋賀県東近江市五個荘和田町にある山城。

遺構
標高約180mの和田山山頂に築かれている。

単郭の小規模な城で、遺構はほぼ残る。曲輪は小規模で、東西25m、南北50mほど。土塁で囲まれ、北端の巨大な土塁は櫓台と思われる。曲輪内部も土塁があり、喰違いの仕切り土塁となって曲輪を分割している。

尾根を遮断する堀切はないが、これは観音寺城をはじめ佐々木六角氏の城の傾向でもある。支城のひとつとして注目される特徴だ。

歴史
築城年代は定かではないが、佐々木六角氏の一族である和田氏の城とされる。

北東には近江守護・佐々木六角氏の居城である観音寺城があり、周囲の佐生城や箕作山城、長光寺城などとともに、和田山城も観音寺城を防衛する支城のひとつとして築かれたと考えられる。

永禄11年(1568)9月には、織田信長の近江侵攻に対して佐々木六角氏の最前線の城として防備を固めたようだが、信長は周辺の諸城には目もくれず箕作山城を攻めたと『信長公記』に記される。和田山城には美濃三人衆があたったようだ。

交通
名神高速道路八日市IC車で約20分

参考文献
『近江の山城ベスト50を歩く』サンライズ出版、2006年

文:萩原さちこ

和田山城の口コミ情報

2015年12月28日 近江守Silvine
和田山城

和田神社から登ると右手に整備された登山道があり、石碑もあります。ただし、和田山城のために作られた道ではないようで、知らずにいると通り過ぎる可能性が高いです。登山道を上がって上りきった辺りにあるテープを目印に右に入ったところが城址になります。他に案内などはなく、登山道はそのまままっすぐ下っていってしまいます。三角点が櫓台跡です。

2012年11月26日 ŧ‹”ŧ‹”。
和田山城

登城ルートは、五個荘和田側、能登川佐生側と神郷からがあると思います。
神郷の墓地駐車場の奥に登山口があります。
山道は、狭くわかりにくいのでよく来た道を確認しながら登られる事をお薦め致します。
城跡そのものは、山頂付近に小さな曲輪が広範囲に点在しています。
大きい石がいくつかありましたが、自然石と思われます。
石垣は確認出来ませんでしたが、手が加えてある石も転がっています。
山頂からの景色は期待されない方がよいと思います。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore