観音寺城(かんのんじじょう)

観音寺城の基本情報

通称・別名

佐々木城

所在地

滋賀県近江八幡市安土町

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

建造されず

築城主

六角氏頼

築城年

応仁・文明年間(1467〜1487)

主な改修者

六角氏

主な城主

六角氏

廃城年

永禄11年(1568)

遺構

曲輪、土塁、石垣、堀、門跡

指定文化財

国史跡(観音寺城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

安土城(滋賀県近江八幡市)[2.0km]
箕作城(滋賀県東近江市)[2.6km]
佐生日吉城(滋賀県東近江市)[3.6km]
和田山城(滋賀県東近江市)[4.4km]
長光寺城(滋賀県近江八幡市)[5.0km]

観音寺城の解説文

観音寺城(かんのんじじょう)は、滋賀県近江八幡市安土町にあった山城である。支城に和田山城、佐生城、箕作城などがある。国の史跡に指定されている。

概要
近江源氏の佐々木氏、後に近江守護六角氏の居城で、小脇館、金剛寺城を経て六角氏の本拠となる。

標高432.9メートル、南北に伸びる繖(きぬがさ)山の山上に築かれる。南腹の斜面に曲輪を展開、家臣や国人領主の屋敷を配した。総石垣で、安土城以前の中世城郭においては特異な点とされる。天文年間には城下町・石寺も置かれ、楽市が行われていた。周辺は琵琶湖や大中の湖、美濃から京都へ至る東山道、長光寺集落から伊勢へ抜ける八風街道があり、それらを管制できる要衝に位置する。

歴史・沿革
正確な築城年代は定かではないが、古典『太平記』には、南北朝時代の建武2年(1335年)に、南朝側の北畠顕家軍に備えて北朝の六角氏頼が篭もったという記述があり、そのころには築かれていたと考えられている。ただ、この時はまだ観音正寺を臨戦用の砦として活用していたのではないかと考えられている。

応仁の乱
室町時代の応仁の乱では、六角高頼が西軍に属したため同族の京極持清に攻められている。六角氏は同族で東西に分かれ戦っていたのである。応仁の乱では3度、観音寺城の攻城戦が展開される。

-第一次観音寺城の戦い-
細川勝元率いる東軍に属していた京極持清の長男勝秀は六角高頼の居城観音寺城を攻撃した。城主の高頼、陣代の山内政綱らは京都におり東西の戦闘に参加していたので、観音寺城の留守居役の伊庭行隆が迎え出た。

数日間攻防戦が続いたが、伊庭行隆は敗れ、応仁2年(1468年)4月1日に城を明け渡した。

-第二次観音寺城の戦い-
応仁2年11月初め、陣代山内政綱がようやく京都より帰国し観音寺城の防備を固めた。弓削の戦いで六角高頼に敗れた六角政堯と京極持清の連合軍は雪辱を果たすべく、第一次観音寺城の戦いに続き戦闘準備を整えた。
...

観音寺城の口コミ情報

内匠頭@黒うさ様[2017年05月08日]
有料道路は普通車は600円、入山料は1人500円かかります♪時間は9時から開門になるみたいです♪
城のみなら林道を進むのも手でですが、最短で本丸に行くなら入山料を払って観音正寺を抜けるのが良いと思います♪
観音正寺もかなり魅力があり、観る事をオススメします。
城の遺構は分かりにくいところが多かったり歩きにくい所が多々ある為、軽装で行くのは辞めた方がいいと思います。
城域は途中で桑實寺の寺領になり、入る場合はまた別途入山料を払う必要があるみたいです。

織田修理大夫糀【関ヶ原鑑賞】様[2017年04月11日]
車で有料林道を登り駐車場へ。そこから徒歩で観音正寺まで。
観音正寺で整備費を払い大仏の脇を抜けて、まず本丸を目指す。

山のいたる所に遺構があるそうですが、代表的な場所は本丸へと続く石段と平井屋敷の跡地の石垣がみごとです。

摂津守いくpika様[2017年03月05日]
昨秋辺りに追手道が伐採されて今がまさに行くべきお城かと思います。

石寺楽市の駐車場に車や自転車(無料)置いて、観音正寺の表参道を少し登ると真新しい観音寺城跡の看板が設置されています。
先ずはこの看板の縄張り図の写メを撮って下さい。
看板の青いラインの通り、↑観音正寺、観音寺城跡へと進まず、←御屋形跡へ左に曲がって下さい。
そのまま看板の図の青いライン通りに進めば大石垣、池田丸、平井丸、本丸と整備された登山道を効率よく回れます。
(中盤でアスファルトの林道にでますので左に曲がると登山道の続きがあります)
そのまま来た道を引き返すと無料で行けますが、私は降りが不安なので観音正寺に立ち寄り下山しました。

尚、安土駅でレンタサイクルして3時間弱でした。

カーネル様[2016年10月27日]
東海道線 安土駅から

東へ進み城東端を目指し、観音正寺林道繖山線を登る
料金所を超えてさらに登ると駐車場で、ここから階段です。ここまで1時間

観音正寺に着いたら、境内に入らず右の林道を進み、登りから下りに変わり始めたところに佐々木城跡三角点の道標があるので、ここから尾根を歩きます。歩きやすいです

観音正寺との合流地点にぶつかるところに佐々木城址の石碑があります
尾根に戻り堀や石垣を多数超えて本丸へ。無骨な石垣が出迎えてくれます

最後は反対側の桑實寺へ下りました。ここの階段の石垣はかっこいいですね。舗装路に出たのは駅をでて2時間半後

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

石工【関ヶ原鑑賞】様[2016年08月11日]
観音寺城が現代見られるような大規模な城になったのは1532年、六角氏が没落するのが1568年、算木積みが現れるのは1573〜1592に登場 確立されたのは1600年前後
なのに観音寺城には算木積みの石垣がある、六角氏の技術高さなのか?

侍従hisano様[2016年05月06日]
近所の観光センターの無料駐車場に車を停めて、結神社側から登城しました。急斜面の階段などは比較的少なく、地図上では遠く見えますが他のルートに比べれば歩きやすい道でした。
見所はたくさんありますが、私のオススメは繖山の三角点から安土城側の急な石垣を下ると見える絶景です。安土城址を見下ろせ、観音寺城の大きさを再認識できます。結神社から続く川並口筋から『佐佐木城址、繖山三角点』の標識通り山に入り、黙々と険しい山道を登っていくと途中に佐佐木城址の石碑、山の中で見つけづらいですが大石垣もひっそりとあったりします。
結神社、観音正寺、本丸、池田屋敷、繖山三角点などを見て神社に戻るルートで4時間でした。
石垣が好きな方、体力に自信のある方は是非!そうでない方にはオススメできませんが…

鎌倉又兵衛《》弾正少弼様[2015年12月28日]
百名城スタンプについて。

冬季は麓の石寺楽市会館は閉鎖してるし、二つの自動車道も通行止めになってます。

麓から観音正寺まで30分ほどの急な階段を黙々と登山してください。太股がパンパンになります。

もちろんスタンプだけでなくリアル城攻めも同様です。

野呂利駿河守休三25謎栗毛様[2015年11月14日]
【教林坊】
城の南麓の石寺は、基本情報にありますようにかつては観音寺城の城下町がありました。

石寺の東側にある教林坊は聖徳太子開基の伝承を持つ寺です。小堀遠州作の庭もあります。紅葉の名所でもあります。
正月三が日と11月1日から12月15日は毎日公開されていますが、それ以外は土休日のみです。
紅葉の名所なのでシーズンはライトアップも行われます。期間は教林坊のHPをご覧ください。

【桑実寺】
観音寺城を北西側から登り下りすると必ず通ることになるお寺です。何も知らずに観音寺城をこちら側へ下って来たら拝観料を取られるのでいい印象をお持ちでもない方もいらっしゃると思いますが、歴史的に重要なお寺です。
こちらも聖徳太子開基の伝承を持つ寺です。また戦国時代には京都を追われた足利義晴、信長に擁立された足利義昭が滞在しています。
また信長が安土を留守にした際に女中達が勝手にここに参詣。怒った信長が女中や僧侶を殺害しています。
本堂は室町初期の重文。
寺の縁起絵巻は土佐光茂の筆で、後奈良天皇らが詞を書き、足利義晴が寄進しています。
ここも紅葉シーズンはなかなかの景色です。

vino-s様[2015年11月11日]
図書館で可能なら、田中政三著作、近江源氏第1巻を閲覧し巻頭の縄張り図をコピーし訪城ください

ソバッソ店長様[2015年07月11日]
瓢箪山古墳から繖山へ、観音正寺を目指して登山開始。
40分歩いて駐車場に到着、その後石段を10分程登ると観音正寺へ。100名城スタンプを集めてらっしゃる方は、ここの休憩所にあるっす。

本堂には行かずに、観音寺城跡って看板があって、脇道にそれます。(え、ここ入っていいの?って感じっす)
当時の石段が残っており、コケってて滑りますが頑張って登って下さい。10分弱登れば本丸です。石垣群が残っており往時の風景を思い描きたくなりますが、ヤブ蚊がそれをさせません。

僕はそこから桑実寺を目指して下山。また道がエグい滑る石段で、ズルズルしながら降りて来ました。途中にもコケコケの石垣群があり、写真を撮ってるとヤブ蚊にやられます。
30分くらい降ると桑実寺に到着100名城スタンプはこちらにもあります。この寺、通り抜けるだけで300円取られます。でも値打ちのある景色が見れますよ。

気合とテンションだけでは登らない方がいいっす。楽しかったですが僕は後悔しました。生半可じゃないっす。さすが最大級山城。ご覚悟なされませすよう。

ぽえぞお弾正少弼黄金旅程様[2013年01月23日]
ニ度、車で行きました。
1回目:石山楽市会館駐車場を利用、有料でしたが『帰りにお土産買います』って言ったらタダ停めさせてくれました。
登り始めてすぐ左脇の天満宮跡が御館跡、後は観音寺の参道をヒーヒー言いながらひたすら登る(脇とかに石垣や削平跡らしき物有り)と観音正寺に着きます。一番手前の休憩所内に100名城スタンプ設置。お寺本堂に向かうと左手に伸びる細い道がありそれが観音寺城主郭部に向かう道です。主郭部を見ればヒーヒーの苦労が報われます(o^∀^o)
帰りはちゃんとお礼とお土産を買いました。
2回目:友人二人と登城。当初は1回目と同じルートを使うつもりが、前に廻った安土城と博物館で時間を食い急遽、車で登城。観音正寺すぐ脇に着く林道(有料)を使いましたが道が狭いのと駐車場の制約あるので車が多いとゲート手前で待たされます。駐車場に停めたら観音正寺に向かうまでの間に曲輪跡や登城道が散見され、行く度に新しい顔を見せる素晴らしいお城です。

真田丸様[2010年10月18日]
本丸跡までは、ひたすら歩きます、登ります…
お覚悟召され〜ぃ!

古楽侍従広家様[2010年09月19日]
ここと安土山の間あたりに日置流の弓の稽古をする場所があったとか…
信長以前に、石を割った形跡のある石垣を積んだ城。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月25日]
[武将像]六角定頼像
きぬがさトンネルの五個荘側に騎馬像鎮座。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore