佐生日吉城(さそうひよしじょう)

佐生日吉城の基本情報

通称・別名

佐生城、佐野山城

所在地

滋賀県東近江市五個荘日吉町、佐野町

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

後藤氏

築城年

室町時代

主な改修者

主な城主

後藤氏

廃城年

遺構

曲輪、石垣、土塁

指定文化財

再建造物

周辺の城

和田山城(滋賀県東近江市)[1.5km]
観音寺城(滋賀県近江八幡市)[3.6km]
安土城(滋賀県近江八幡市)[3.9km]
箕作城(滋賀県東近江市)[4.7km]
目加田城(滋賀県愛知郡)[5.7km]

佐生日吉城の口コミ情報

若狭守次郎吉・黄母衣衆様[2017年08月25日]
とにかく石垣がスゴいです!
50メートル続く石垣からの高さ4メートル算木積隅石垣は最高です!
登山口から主郭までは20分程で、登山道も整備されていて、高低差も少ないので登りやすいです。籔なども少なく、遺構も分かりやすいです。山城初心者にオススメ!

ŧ‹”ŧ‹”。様[2012年11月29日]
JR 能登川駅より徒歩約12分くらい
佐生バス停から50mほど観音寺方面へ歩くと小さ
な河川がります。
橋を渡り戻るような形で右折すると墓地があり、
その手前に登山口と案内板があります。
道路からは見えません。
また、駐車場もありません。
登山口から20分で山頂へ、比較的傾斜も少く歩きやすい山城です。
大きな岩を使った石垣が出迎えてくれます。
メインはやはり、高さ4m 長さは50mほど続いている石垣です。
草も刈り取られ見やすく隅石垣は圧倒されます。
この時代にこれだけの石垣を作ったのは驚かされ
るばかりです。
石垣の上に曲輪と本丸跡があります。
曲輪もほぼ当時のままの状態で、一段下がった辺
りには小さな石で組んだ石垣もあります。
最初の登山口の少し急な坂を登りきった辺りで
箕作山や和田山の観音寺の支城の位置関係がよくわかります。
安土・観音寺と登城されるのなら、ここへも訪れたらいかがかと思います。
下からは全く見えませんので、隠れ家的な山城です!

古楽侍従広家様[2011年08月02日]
つづき…

土塁らしき物も、基本的には石垣の上に目立って残っていて、まさしく、観音寺城の支城の一つだったのです。
西側には虎口らしきものも見られます。そして主郭となる部分には、後藤但馬守城跡と書かれた石碑が建っています。

後藤但馬守とは後藤賢豊のことです。六角義の筆頭重臣と言っていいくらいの人物で、まさしく六角氏を支えた大黒柱でしたが、観音寺騒動で殺害されました。

古楽侍従広家様[2011年08月02日]
郭の特徴でいえば、単郭構造なのですが、資料によれば高さ4mの石垣が50mに渡って積まれています。そしてその積み方は観音寺城とほぼ同じです。これは、織田信長が安土城を築城する前の石垣造りの城であり、それは六角氏にとって重要な城だったのです。
しかし、石垣は片面のみで反対側には石垣どころか土塁もありません。それならば大堀切くらいはありそうなものですが、それもないのです。そんな防備の甘い方向に何があるのかといえば。尾根道がありその先には観音寺城が建っていました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore