近江八幡城(おうみはちまんじょう)

近江八幡城の基本情報

通称・別名

八幡山城、八幡城

所在地

滋賀県近江八幡市宮内町

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

不明

築城主

羽柴秀次

築城年

天正13年(1585)

主な改修者

京極高次

主な城主

羽柴氏、京極氏

廃城年

文禄4年(1595)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)、犬走り

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

北之庄城(滋賀県近江八幡市)[0.7km]
岡山城(滋賀県近江八幡市)[3.4km]
安土城(滋賀県近江八幡市)[5.3km]
長光寺城(滋賀県近江八幡市)[6.2km]
観音寺城(滋賀県近江八幡市)[6.8km]

近江八幡城の解説文

八幡山城(はちまんやまじょう)は、滋賀県近江八幡市宮内町周辺(近江国蒲生郡)に存在した日本の城(山城)。羽柴秀次の居城として知られる。別名近江八幡城とも呼ばれている。

概要
近江八幡駅より北西へ約2.5kmにある、独立丘鶴翼山、通称八幡山(標高283m、比高100m)の南半分山上に築城された。急峻な山城である。現在の八幡山は独立丘となっているが、築城当時は東西に内湖があり、南の平野部に城下町を配した構造は、安土城と類似した占地に築城している。城下町は安土城下町を移住させて形成された。かつての城下町の一部は日牟禮八幡宮境内地、八幡堀とともに近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区の名称で重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。八幡堀は琵琶湖の水を引いて作られた堀で戦闘の用をなすだけでなく運河の役割も果たしていた。1970年代には埋め立てて公園と駐車場にする計画が立てられたが「よみがえる近江八幡の会」「八幡堀を守る会」などの住民運動によって蘇り、時代劇の撮影に使われるなど名所の一つとなっている。

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(157番)に選定された。

沿革
1582年(天正10年)の本能寺の変と山崎の戦いのしばらく後に灰燼に帰した安土城は、清洲会議を経て三法師(織田秀信)を城主に、織田信雄を後見人として再興することとなった。しかし翌1583年(天正11年)の賤ヶ岳の戦い以降、政情が豊臣秀吉の天下へ移行する中で、1585年(天正13年)の紀州攻め、四国征伐で副将格で戦陣に入り武勲を立てた豊臣秀次は8月23日の論功行賞で近江八幡43万石(豊臣秀次は20万石、宿老に23万石)を与えられると安土城の隣地に八幡山城を築き、安土城の建物や城下町を移築することにした。

豊臣秀吉は八幡山城を安土城に替わる近江国の国城として、豊臣秀吉自身が普請の指揮をとり、山頂の城郭と麓にある居館、そして安土城から移築した城下町の造営に力を注いだ。しかし、八幡山は安土山と違い険しい山で、山の斜面を充分活用できず麓の居館が城の中心となった。(ここから多数の桐紋の金箔瓦が出土している。金箔瓦には安土城大坂城とよく似た形状の巴紋瓦もある。)

豊臣秀吉の八幡山築城の狙いは、豊臣秀次の宿老に田中吉政を配し、水口岡山城に中村一氏、長浜城に山内一豊、佐和山城に堀尾吉晴、竹ヶ鼻城に一柳直末を配して、近江国を軍事的、経済的要衝として万全な体制にすることにあった。

豊臣秀次は18歳で入城したが、1590年(天正18年)に尾張国清洲城へ移封。代わって京極高次が2万8千石で入城したが、1595年(文禄4年)秀次事件で羽柴秀次は切腹、聚楽第と同時期、築城から10年で八幡山城は廃城となり、京極高次は大津城へ移った。

本丸跡には秀次の母・豊臣秀吉の姉の日秀尼(智)が開基の村雲門跡瑞龍寺が1963年(昭和38年)に移転されている。

城郭
城跡は大きく分けて2つから成り立っている。一つは山頂部の山城と、2本の尾根に挟まれた谷筋の空間に居館を配置する。このように防衛空間としての山城部分と、居住空間の居館を分離する構造は、戦国期の城郭に数多く見られるが、近世城郭では珍しく、時代に逆行した二次元分離形態をとっている。これは築城時が小牧・長久手の戦いの翌年で、しかも徳川家康との講和以前の段階となっており、東国に対して臨戦態勢の緊張下にあり、防衛線として八幡山城が機能したことに起因する。
...

近江八幡城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋内大臣や〜きみ様[2017年05月08日]
駐車場あり。
神社の駐車場か古い町並みにある臨時駐車場など。
山頂に石垣があります。
ロープウェイか自力登山になります。

摂津守@はんなりと様[2016年08月28日]
日牟禮八幡宮前に駐車し、山手に少し歩くと八幡山ロープウェイ乗場があります。
ロープウェイは乗車時間4分ながら片道490円ですが、炎天下に山登りを考えるとお値段以上かと思います。

ロープウェイの山頂駅が二ノ丸にあり、ここには売店、展望台、トイレがあります。
順路に従い本丸がある瑞龍寺門跡を目指そうとすると、すぐに石垣がお出迎えしてくれます。
山城にも関わらず、ここの石垣の石の大きさはさすが天下人の甥の城と思わされました。
門跡の山門は本丸虎口にあたりますが、ここの石垣も立派なつくりでした。
門跡の本堂にお詣りし、西の丸跡へ行くとそこには琵琶湖や岡山城を望む景色が素晴らしかったです。
続いて北の丸跡へ行きましたが、ここからは安土山や観音寺山等の城山を一望でき、こちらもよい眺めでした。

八幡堀にある瓦ミュージアム(300円)には、城跡から発掘された瓦や世界各地の瓦が展示されてて、ついでに行ったわりには面白かったです。

若狭守次郎吉・黄母衣衆様[2016年05月14日]
近江八幡駅でレンタサイクルで15分ほどでロープウェー乗り場に到着。始発のロープウェーに乗りましたが、数名乗車してました。
ロープウェーの中では八幡山や八幡城、豊臣秀次についてのアナウンスがあります。行き帰り違う内容でした。4分程で山上に到着。ロープウェー乗り場は二ノ丸にあります。
本丸には現在お寺が建立されており、お寺の入口の門の辺りが本丸の虎口だったそうです。
北ノ丸、西ノ丸からの眺めは最高です!安土城跡と観音寺城跡の山が見えます。この時期、特に北の丸、西ノ丸には蜂が多くいますのでお気をつけください。
北の丸から北之庄城跡へ行けます。
石垣が見事なものですね。一部、昔起こった集中豪雨、台風の影響で崩れてしまった石垣もありますが。
今回私は行かなかったですが、豊臣秀次の居館跡もあります。
城下町の雰囲気が良かったです。城下にいくつかある〇〇家住宅は歴史博物館です。

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年04月16日]
近江八幡に来て街並みを見ていると虚像と実像の違いが•••。秀吉から呼ばれて数々の戦功を挙げて初めてこの地を授かった時18歳。さぞや嬉しいと思ったんやな~と思いました。
治水と城の防衛両方に効いている八幡堀。そこから碁盤状態に整備された商人街の土産物屋さんから聞こえてくる秀次さん、秀次さんと慕われる声は偽りではないと思いました。
この近江八幡に治世に情熱をぶつけた18歳の無垢な青年に天下人の後継者問題の黒い渦は理解不能だったんでしょう•••。1595年7月15日切腹、享年28。何とも惜しい、哀憐の情を覚えました。

ロープウェイ入口から山頂の本丸まではあっという間。見所は北ノ丸跡下の大堀切、西ノ丸跡からの琵琶湖の眺望です。今回は出丸跡は整備中で侵入禁止でした。
城散策の後オススメはギャラリースペース新町浜の「よしうどん」、為心町通りのカネ吉山本八幡店のコロッケです!
ウマイッス~(^∇^)

人生背伸びしないで自分の身の丈にあったように生きたいものです。
秀次さんも近江八幡城主としてだけ人生送れば幸せだったんではないでしょうか?


まるき〜淡路守様[2015年10月26日]
近江八幡城に行くなら朝早い方が楽に駐車できて良いです。
近江八幡城付近は観光地ですので…
図書館より船乗り場付近の駐車は無料、早い者勝ち、表通りの観光用駐車場は有料です。
ケーブルは朝9時より、15分おきに出発、約4分間で到着
西の丸〜北の丸〜には恋人たちの聖地と言う事でモニュメントがあり、夜はライトアップしている模様、本丸に瑞龍寺と言うお寺さん、秀次の霊を慰めているらしいです。二の丸の場所に売店兼展望所があり眺めは良く気持ちが良いです。城の解説が少々と現在はヤマノススメと言うアニメのイベント中でパネル等が展示されていました

近江八幡に来たのならせっかくなのでドラマでよく使われる堀めぐりの場所へ行く事をオススメします。
場所は瓦ミュージアムの下より乗船可能、おとな1000円、こども500円、約35分のタイムトリップ!
きっと思い出に残るかと思います。
堀めぐりは朝10時からスタートの為それ以降は無料の駐車場が大変混みあいます。
朝の連ドラや映画るろうに剣心のあの場所に出会えますよ。

コロ助様[2014年12月28日]
近江八幡駅前の観光案内所の隣にレンタサイクルがあります(観光案内所とは別店舗、1日\500)。レンタサイクルで15分程で八幡山ロープウェー乗場に到着(ロープウェーは15分毎、往復\820)。

出丸跡は立入禁止になっていました。八幡山は『恋人の聖地』に選定されているらしく、北の丸にはカップル撮影用のベンチ、西の丸にはLOVEというオブジェが設置されていますが、カップルばかりという訳でもないので、一人で行っても痛々しい感じもなく(…と思いたい)、石垣も多くて楽しめました。個人的に、ロープウェー乗場で売ってる、赤こんにゃくを使った「赤こんドッグ(\210)」がお気に入りです。

日光人様[2013年01月29日]
八幡山麓にあるロープウェーは2/2迄ワイヤーの張り替えと点検のため運休だそうです。
登山道は八幡公園下の駐車場から八幡縦断道へ向かって登城できます。途中、不動明王の鳥居をくぐり道也に進み、二つ目の鳥居を左折し後は道也でOKです。

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年05月04日]
近江八幡城下、新町の古い町並み
八幡堀沿いにある昔懐かしのポン菓子や

古楽侍従広家様[2011年07月11日]
建物の一部は、大津城を経て彦根城天守になります。
近年発掘された秀次屋敷は一見の価値があります。
教えてもらった話では、麓の八幡堀と同じ構造で柳川の運河が作られたそうです。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月25日]
[武将像]豊臣秀次像
近江八幡城麓の市立図書館背後の公園に鎮座。
因みに図書館内に発掘出土品などを展示した八幡城資料室がある。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore