水口古城(みなくちこじょう)

水口古城の基本情報

通称・別名

水口岡山城

所在地

滋賀県甲賀市水口町京町

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

不明

築城主

中村一氏

築城年

天正13年(1585)

主な改修者

主な城主

中村氏、長束氏

廃城年

慶長5年(1600)

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)、堀切

指定文化財

国史跡(水口岡山城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

水口城(滋賀県甲賀市)[1.5km]
佐治城(滋賀県甲賀市)[4.7km]
甲賀郡中惣城館(滋賀県甲賀市)[6.1km]
望月城(滋賀県甲賀市)[6.4km]
三雲城(滋賀県湖南市)[8.1km]

水口古城の解説文

水口岡山城(みなくちおかやまじょう)は、滋賀県甲賀市水口町水口に築かれた日本の城。国の史跡に指定されている。

概要
現在の水口城の東、古城山にあり、古城、岡山城とも呼ばれる。この山は古くは「大岡山」あるいは「岡山」といい、山上には「岡観音」と呼ばれた大岡寺(現在は麓に移転)があったと伝えられている。

羽柴秀吉の命により中村一氏が天正13年(1585年)、甲賀郡の支配の拠点として築き、入城した。その時、平安時代の昔から、都から伊勢国へと通じる街道の要所として栄えていた宿場町水口の原型をつくった。その後、天正18年(1590年)に増田長盛が、文禄4年(1595年)には長束正家と五奉行を務めた2人が相次いで入城している。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは長束正家は西軍に属し、南宮山麓に布陣していたが戦闘には参加できず敗走。水口岡山城に籠城したが追ってきた池田長吉、亀井茲矩らに攻められて降伏、開城し、長束正家、直吉兄弟は切腹させられた。城はその後池田長吉の預かりとなったが、廃城となった。城の石垣は後に水口城の築城にあたり、部材として転用された。城そのものは廃城時もしくは水口城築城時に破却されたが、城跡は御用林とされ、結果的に保全された。

平成25年(2013年)より甲賀市教育委員会によって発掘調査が行われ、石垣跡や枡形跡が発見され、破城の跡が確認された。

平成になってから段ボールやバルーンなどで天守を再現する「よみがえれ水口岡山城」が開催されている。平成27年4月、三の丸推定地から石垣や礎石の跡が見つかった。

構造
独立峰である大岡山(現・古城山)の尾根を利用した連郭式山城で、三の丸推定地に居住施設があったが、後に山麓に居住施設が移動した。普段はそこを政庁として利用し、山上の主郭部は緊急用であったと推定される。山頂部にある本丸主郭には東西両端に礎石が残り、両側に天守クラスの大型の高層建築物建ち、総石垣であったとされる。

参考資料
甲賀市史編さん委員会編『甲賀市史』第7巻「甲賀の城」(2011年)
滋賀県教育委員会発行埋蔵文化財活用ブックレット10 (近江の城郭5)『水口岡山城跡』

水口古城の口コミ情報

和泉守yukinezumi様[2017年07月15日]
駐車場は二か所あるようですが、良く調べていなかったのでなかなか見つかりませんでした。水口城資料館で貰う地図を参考にするか、駐車場近くにある水口病院か大岡寺を目印にすると見つけやすいと思います。もう一か所は城山中学校横にあるようです。
駐車場すぐ脇に登山道があり、少し歩くと岡山城跡の石柱がありますが、この時期草が伸び放題でほぼ見えません。昨年行った方が書いている通り草刈をして欲しいです。遺構のあるところには案内板が立ててあり見学しやすくなっていますがとにかく雑草が伸び放題で足元も見づらい状態。夏に行かれる方は気をつけて散策してください。石垣や食い違い小口など見所は沢山あり、ゆっくり見学すると2時間かかりました。駐車場から一番近い西の丸まで15分、本丸跡まで35分位です。駐車場にトイレはありません。山頂にあるBOXからはスタンプもなくなりパンフレットもありませんでした。

柴崎安房守幸助様[2017年03月26日]
近江鉄道水口駅から徒歩で向かうなら、駅を出て右に進み、新町交差点を左折して、水口病院を過ぎてすぐの案内標識の所から登城できます。車なら国道307号を南に向かい、水口駅を過ぎて新町交差点を同様に左折し、案内標識脇に駐車場があります。
稲荷を過ぎ、曲輪跡の広場の奥に竪堀があり、その先から登って行けば、大手道を経て頂上に至ります。駅から30分程、駐車場から20分程の行程です。

まるき〜淡路守様[2016年09月07日]
甲賀市立城山中学校の南に登り口があり城のすぐ下まで車でも行けますが途中から道は細くダートになっています。
駐車場が3〜5台分とトイレがあり、本丸手前の広場は毎年エア模擬天守を設置する空間なので整備されていています。

城の縄張り部分は草がボーボーに伸び放題!
堀切の案内のある所も草が伸びすぎて何が何だかわからない状態!
草堀切…防御の面では案外良いかも、観る分には残念ですが…!
石垣を見るための通路も付いていて東側の石垣は見学はしやすいですが回り込んだ西側の食い違い虎口付近の石垣は草に覆われ残念な状態になっていました

草刈り等がされていれば遺構たくさんの見応えのある城だと思います…時期が悪かったのかも…

城内には記念スタンプと登城記念用書き込みノート、(読めば笑ってしまう内容)資料パンフの入ったBOXが設置されていますが無い場合は水口城(水口資料館)でも貰えます。

VINO-S様[2014年11月21日]
現在、本丸東西の櫓跡を発掘調査中。現地説明会は終了しましたが平日は少しの間見学可能

ŧ‹”ŧ‹”。様[2013年02月28日]
関ヶ原の直後に、破城が行われた痕跡が見つかる。
虎口と大手道沿いの3ヶ所で石垣が出土。
豊臣期の破城の遺構は少なく
全国的にも奈良『宇陀松山城』など数例。

現地説明会は、2013/3/3 午後1時半より

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore