望月城(もちづきじょう)

望月城の基本情報

通称・別名

所在地

滋賀県甲賀市甲南町杉谷字占門

旧国名

近江国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

望月氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

望月氏

廃城年

天正2年(1574)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

周辺の城

甲賀郡中惣城館(滋賀県甲賀市)[1.2km]
水口城(滋賀県甲賀市)[5.9km]
水口古城(滋賀県甲賀市)[6.4km]
佐治城(滋賀県甲賀市)[6.6km]
和田城(滋賀県甲賀市)[8.3km]

望月城の解説文

望月城(もちづきじょう)は、滋賀県甲賀市にあった日本の城。

概要
望月城は、戦国時代、近江国の甲賀郡の忍者一族・甲賀望月氏の山城だった。
東へ張り出した尾根の先端に築かれており、谷を挟んだ南側の尾根には望月支城、南東には杉谷砦、北方には杉谷城がある。

歴史・沿革
築城は不明だが、概ね室町時代とされている。

六角氏が織田信長による攻撃を受け、甲賀望月氏を頼り逃げ込んだとされる。その後も織田信長の攻撃は止まず、天正2年(1574年)に落城したとされている。

望月城の口コミ情報

織田左兵衛督晃司1202晴天様[2017年11月09日]
新名神高速・甲南インターからすぐですが、駐車場はありません。

この地方の中世城郭で高い土塁と堀切で形成されてます。知らない人だとただの山に見えてしまうでしょう。

11月に訪れたのでキノコが生えていましたが、もちろん採ってはだめですし、素人が食べるのはこれまた危険です。

城井宇都宮智房様[2016年02月07日]
登り口に標識がない、探すのに苦労するかもです。

集落内に空き地があり、その奥に山道があります。

その山道を登りきった所に稲荷神社があり、左を向くと主郭虎口が開けてます。

主郭土塁の高さは10m弱 虎口正面には、雛段状の曲輪跡も確認出来ます。

稲荷神社を右に進むと、三日月状の腰曲輪があり、土塁・空堀・土橋が良好な状態で残っています。

最高位の中世城館跡と思います。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore