福地城(ふくちじょう)

福地城の基本情報

通称・別名

福地氏城

所在地

三重県伊賀市柘植町7426-2他

旧国名

伊賀国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

福地氏

築城年

不明

主な改修者

福地宗隆(福地伊予)

主な城主

福地氏、池尻氏

廃城年

天正10年(1582)

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)、井戸、礎石

指定文化財

県史跡(福地城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

和田城(滋賀県甲賀市)[5.1km]
柏野城(三重県伊賀市)[5.6km]
鹿伏兎城(三重県亀山市)[8.2km]
百地丹波城(三重県伊賀市)[11.3km]
佐治城(滋賀県甲賀市)[11.9km]

福地城の解説文

福地城(ふくちじょう)は、三重県伊賀市柘植字浦出にあった丘城・城館。

概要
城主
城主の福地氏は、平清盛の末裔を称した土豪で、柘植の有力な国人「柘植三方(日置氏・北村氏・福地氏)」を構成した氏族。祈願寺は長福寺(現・万寿寺)と推定され、本尊の地蔵菩薩像の内部から発見された南北朝時代の文書に「ふくちの御てら」とある。この文書には「やなき」という女性から「ふくちの御てらの了賢房」へ宛てた書状が含まれるが、了賢房はやなきの子で、いずれも福地氏の一族と推定される。福地氏は正長2年(1429年)に室町幕府から関氏の討伐を命じられており、この頃既に柘植を代表する国人に成長していたことが確認できる。天正9年(1581年)に織田信雄が伊賀国を攻めた天正伊賀の乱では、福地宗隆が織田方に味方して勢力を拡大したが、天正10年6月(1582年6月)に織田信長が没する(本能寺の変)と、伊賀衆の残党に裏切り者として攻められ、国外へ逃亡した。菊岡如幻の著した『伊水温故』は、福地氏の戦国時代の所領を1000石程としている。

構造
丘陵頂上の城郭と丘陵の裾の城郭に大きく分けられ、前者は詰城・後者は居館と推定される。大手門は石垣を用い、礎石の遺構から門扉の存在が確認される。大手門の両側には高さ3.5-4.8メートルの土塁があり、櫓の遺構と推測されている。丘陵頂上には11以上の郭が確認され、同心円状に配置されている。

現在、城跡は芭蕉公園として整備され、「伊賀の小屋組みの家」という懐石料理屋が営業している。

出土物
鍋 香炉 染付皿 摺鉢 
羽釜 白磁碗 天目茶碗 深鉢
皿 染付椀 捏鉢 

福地城の口コミ情報

三河守コーキしゃん様[2013年02月25日]
地図のピンの位置より西側に登城口と城址碑があります。

現在は芭蕉公園として整備されており、駐車場とトイレが完備されています。

遺構はほぼ完存していて、主郭部は土塁に囲まれていて、土橋、空堀、井戸等、かなり見応えがあります。

平山城なので歩き易く、伊賀地方独特の縄張りを体感できるオススメのお城です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore