伊賀上野城(いがうえのじょう)

伊賀上野城の基本情報

通称・別名

白鳳城、伊賀上野城

所在地

三重県伊賀市上野丸之内

旧国名

伊賀国

分類・構造

梯郭式平山城

天守構造

層塔型?[5重/1612年築(未完)/倒壊(台風)]、層塔型[3重3階/1935年築/木造模擬]

築城主

筒井定次

築城年

天正13年(1585)

主な改修者

筒井定次、藤堂高虎

主な城主

筒井氏、藤堂氏、服部氏、仁木氏、脇坂氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)、武具蔵

指定文化財

国史跡(上野城跡)

再建造物

模擬天守、石碑、説明板

周辺の城

千賀地氏城(三重県伊賀市)[7.2km]
柏野城(三重県伊賀市)[7.9km]
石打城(奈良県奈良市)[7.9km]
丸山城(三重県伊賀市)[8.3km]
百地丹波城(三重県伊賀市)[9.1km]

伊賀上野城の解説文

上野城(うえのじょう)は、三重県伊賀市上野丸之内(上野公園)にあった平山城である。白鳳城、伊賀上野城とも呼ばれる。

概要
伊賀上野城は、上野盆地のほぼ中央にある上野台地の北部にある標高184mほどの丘に建てられた平山城である。北には服部川と柘植川、南には久米川、西側には木津川の本流が流れ、城と城下町を取り巻く要害の地にある。

北畠信雄の家臣である滝川雄利は平楽寺の跡に砦を築いた。その後1585年 に筒井定次によって改修を受け、1611年に徳川家康の命を負って藤堂高虎が拡張したが、大坂の役によって、当時高虎が従属する徳川家康に対立していた豊臣氏が滅んだため築城が中止され、本丸・二ノ丸などの主要部分は城代屋敷を除いて未完成のまま江戸時代を過ごした。

1967年旧城域一帯が国の史跡に指定されている。城を含めた近隣一帯は上野公園として整備されており、松尾芭蕉を祀る俳聖殿や芭蕉翁記念館があるほか、伊賀流忍者博物館があり、伊賀上野の観光地として利用され、各種イベントなどが行われている。長年日本一といわれてきた藤堂高虎の高さ約30mの石垣や三重県立上野高等学校敷地内に武庫蔵が現存し、米倉は博物館の一部として上野公園敷地内に移築現存する。現在、天守台にある3層3階の天守は昭和初期築の模擬天守で、正式には伊賀文化産業城という。

歴史
平安時代
城のある丘は平清盛の発願によって建立された平楽寺という大寺院があった。
室町時代
伊賀上野城西の丸と後世に呼ばれることとなる丘陵には伊賀国守護である仁木氏の館(伊賀の守護所)があった。
戦国時代
天正7年(1579年)9月、伊勢国の織田信雄が8千兵を率いて伊賀平定に乗り出したが、伊賀衆の前に敗退し、天正9年(1581年)9月織田信長の援軍をうけ4万兵で伊賀国を平定。織田信雄の家臣である滝川雄利を伊賀国守護とした。滝川雄利は大寺院、丸山城、滝川氏城を改修し伊賀国を支配した。本能寺の変後豊臣政権となると、天正12年(1584年)10月脇坂安治が伊賀国守護となったが、天正13年(1585年)5月に摂津国に移封された。

筒井氏時代
同年8月 郡山城から移ってきたのが羽柴の姓を賜った筒井定次であった。天正伊賀の乱で焼け落ちた平楽寺、仁木古館跡に築城することにした。

迅ニ上野之駅ニ入来シ仁木友梅ノ舗地ヲ囲、仮ニ草館ヲ造立シ比ニ幽栖ス。而後数千ノ役夫ヲ催、平楽寺・薬師寺ニケ場ノ荒地ヲ点シ、文禄年中ニ一城ヲ造畢ヌ。三層ノ高楼ヨリ内外ノ曲輪要害太厳重也...

伊賀上野城の口コミ情報

我流尾張守クール様[2017年08月13日]
鉄路で来ました。
JR伊賀上野駅から伊賀鉄道なら上野市駅まで260円、三重交通バスなら公園東口バス停まで210円です。どちらも1時間に1本です。伊賀鉄道上野市駅には「メーテル&鉄郎」が鎮座しています。

織田修理大夫晃司様[2017年08月06日]
市役所横の駐車場(有料)に駐車。

大天守3階の天井には天守復興を祝い、横山大観や川合玉堂たちの書いた色紙が張り付けてある。

高石垣は藤堂高虎の築城で、日本有数の高さをほこる。
高虎の石垣は、反りのないのが特徴
上から見下ろしても下からみあげても石垣の高さを確認する事ができる。

シバヤン大和守交友莫爭様[2016年02月26日]
近江出身の武将は武辺だけでなく人芸に優れている者が多いです。この伊賀上野城の築造者の藤堂高虎もその一人です。
関西本線の伊賀上野から伊賀鉄道に乗り変えて上野市駅か北にすぐに聳えたってます。入口より左側学校裏からの方が城へは近いです。天守閣内は三階からなり最上階からの眺めは気持ちいいですよ。窓は開けられるので吹き抜ける風は冷たいが心地いいです。東側からは筒井氏時代の石垣遺構が覗けます。
一通り見学したあと城入口横の「くのいち家」で昼食、今日の日替わりランチの伊賀牛のバラ肉入りの肉豆腐が大変おいしかったですね(ちょっと宣伝(^.^))。
この城は対豊臣戦用と言うよりも独立心の強いこの地を統治する為にはどうしても必要だったのでしょう。石垣が高くなったのも火攻めを恐れてのことと考えます。
この城は対豊臣戦用と言うより忍びの横行する伊賀を統治する為に築かれたんだなと感じました。
この城の職員達も大阪から来たと伝えると少し驚いて各階付いて来てくださり丁寧なご説明をされて嬉しかったです。
入館料500円、城パンフレット350円買いました。百名城1つクリア(^o^)

剣帝レオンハルト様[2016年02月04日]
市役所横の有料駐車場(500円、先払い)に車を停めて登城しました。駐車スペースが狭いので、大型車は注意して下さい。

天守入城も大人1人500円、小人200円です。支払いの際にJAFの会員証を提示したら、大人20%小人25%の割引が4人まで受けられるそうです。

1時間程あれば天守、高石垣等じっくり見ることができると思います。ただ、現在公園整備の工事の為、一部入れない場所がありました。

まるき〜遠江守様[2016年01月26日]
城の麓にある案内所の所から通常上方向へ登って行くと思いますが
バス駐車場の左側の道を歩いて行く方が天守、高石垣へは近いです。
堀の外側から高石垣を見ようと堀を降りたあとが何ヶ所かありましたけど、草木が生茂り足場が見えづらく勢い余って水に落ちる可能性があるので注意です(汗

上野高校運動場前辺りから見える高石垣が無難な所かな…

割と草木が多くて、もう少しスッキリと天守が見える様にして欲しい所。
駐車場500円
天守入城500円
100名城スタンプあり

近くに伊賀上野民俗資料館があり無料で見学出来ますが城関係の資料はありませんでした。

ООトマシ様[2015年03月28日]
私財を投じて再建した川崎克氏が木造にこだわった天守が80周年を迎えます。
当時、自らの銅像を贈るといわれ、それよりも城再建にその資金をだしてほしいといわれたといいます。
上がり口と最上部の一角にホットカーペットが敷かれていて登城者の冷たい足もとを暖めてくれる心遣いがうれしいです。
有名な高石垣は日本一、ニの、というファジーな案内が笑いを誘いますが、実際うえから覗きこむと足がすくみます。

タバスコ様[2014年10月14日]
天守閣のなかのかべをよく見ると忍者が居ます

右兵衛督ぶぶ之助様[2014年01月25日]
平成26年1/6〜1/31まで、補修工事中です。
天守に足場を組んでました。

OHMSS井村様[2012年11月11日]
この秋から松坂城と鳥羽城との三城連携で、城郭めぐりスタンプラリーが始まりました。スタンプ台紙は大天守閣にあります。

勘解由次官ぷんちゃん様[2012年08月23日]
伊賀なので、忍者博物館で忍者衣装が借りられます。コスプレして城の潜入もおすすめです。

桑名式部大輔はまぐり〜様[2012年01月18日]
天守の内に高虎が秀吉から拝領した兜が展示してあります。

三河守コーキしゃん様[2011年05月05日]
未完成のお城ですが、本丸西側には高さ、30メートルもある高石垣があって、上から見ても下から見てもその高さが実感できます
天守閣は天守台より一回り小さく作ってありました

古楽侍従広家様[2010年09月18日]
高石垣を積んだ天守より筒井古城や城代屋敷の方が高い位置にあります。不思議な縄張りですよね。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore