高槻城(たかつきじょう)

高槻城の基本情報

通称・別名

久米路山龍ヶ城、入江城

所在地

大阪府高槻市城内町、大手町他

旧国名

摂津国

分類・構造

平城

天守構造

型式不明[3重天守/築年不明/破却]

築城主

近藤忠範

築城年

10世紀末

主な改修者

和田惟政、土岐定義

主な城主

入江氏、和田氏、高山氏、内藤氏、永井氏

廃城年

明治7年(1874)

遺構

堀、移築門

指定文化財

府史跡(高槻城跡)

再建造物

模擬石垣、模擬天守台、石碑、説明板

周辺の城

芥川城(大阪府高槻市)[1.6km]
普門寺城(大阪府高槻市)[3.0km]
枚方城(大阪府枚方市)[4.4km]
目垣城(大阪府茨木市)[4.9km]
茨木城(大阪府茨木市)[5.2km]

高槻城の解説文

高槻城(たかつきじょう)は、大阪府高槻市にある城。入江城(いりえじょう)とも呼ばれる。

概要
室町時代は入江氏の居城であったが織田信長に滅ぼされ、その後和田惟政、次いで高山右近が城主となった。天正元年(1573年)からは本格的な城塞が築かれた。豊臣氏滅亡後は内藤信正が城主となり、以降高槻藩の藩庁として用いられた。内藤氏の後は土岐氏、松平氏、岡部氏、永井氏とたびたび城主が入れ替わった。

明治7年(1874年)に廃城となり、東海道線が敷設される際、石垣や木材などがその資材にあてられた。現在、城域の一部が城跡公園として整備され、復元石垣、高山右近像が建てられている。

沿革
10世紀の末、990年に近藤忠範が久米路山と呼ばれる小丘に築城したのが高槻城の始まりと言われているが確証はない。高槻城の文献上の初見は、大永7年(1527年)の桂川原の戦いで山崎城に詰めていた薬師寺国長が波多野稙通に攻められ、高槻城に逃亡した記録である。

その後、芥川山城に三好長慶が入城した天文22年(1553年)には高槻城は支城となっていたようで、入江春継が城主となっていた。長慶が永禄7年(1564年)に亡くなると、三好三人衆の1人三好長逸がこの地域一帯をおさめていたが、織田信長が摂津に侵攻、永禄11年(1568年)9月28日に芥川山城を落城させると、高槻城も無血開城に近い形で降伏した。

永禄12年(1569年)1月、本圀寺の変で15代将軍足利義昭の住む屋敷を襲撃する時に、三好三人衆と行動を共にしていた入江春継は敗退し、自害して滅んでしまったようである。この時逆に活躍したのが芥川山城主であった和田惟政で、信長より高槻城も与えられ高槻城を本城とした。この時から高槻城は近代城郭として大きく様変わりしていく。

キリスト教の最大の理解者であったのは、その後城主となる高山父子であるが、和田惟政もよき理解者で宣教師を迎え入れたり、城内に教会を建設しようとしたが白井河原の戦いで戦死し頓挫した。その後高山友照・右近父子が城主となって天正4年(1576年)に念願であった教会を建設、天正11年(1583年)には修学寮も建設し、領内には20ヶ所の教会、当時の高槻領人口の60%以上、1万8千人もの人々がキリスト教徒となり、宗教活動を活発にしていたようである。

天正10年(1582年)6月に本能寺の変で信長が討たれると、豊臣秀吉は大坂城の築城に着手し、右近は天正13年(1585年)に船上城へ転封、高槻城は秀吉の直轄領となり城主となったが、同年末には亀山城へ移っていた。高槻城は豊臣方の代官数名や新庄直頼が城主となったが関ヶ原の戦い後、今度は徳川氏の直轄地となる。徳川方の代官や青山忠成が城主となり、慶長19年(1614年)の大坂冬の陣、翌年の大坂夏の陣で高槻城は補給基地となって徳川方の勝利に貢献した。

元和元年(1615年)6月に内藤信正が城主に、元和3年(1617年)に土岐定義が城主となると、高槻城は完全な近代城郭として改修した。ついで松平家信、岡部宣勝、松平康信と城主が代わり、慶安2年(1649年)に永井直清が城主となる。

永井直清は侍屋敷の拡張、城下町の整備、領内では水田開発、各所に碑を建てて文化行政にも力を注いだ。その後永井氏は13代にわたって高槻城主となり幕末に至る。...

高槻城の口コミ情報

若狭守次郎吉様[2017年06月05日]
『高槻城移築建造物一覧』
①高槻市大手町2-43(本行寺) 高麗門 説明板
②高槻市下田部町1-30-16 衣装櫓

(注)
ネット上に野見神社(永井神社)の唐門が高槻城の移築門だという情報がありますが、誤りです。
実際には嘉永元年に永井直輝が初代永井直清の「高槻城入城200年」を記念して、社殿を修復した時に併せて造立したのが唐門です。
正しくは「移築門」ではなくて「江戸期から三之丸の野見神社にあった門」となります。

左衛門尉ねこすずめ様[2017年05月14日]
城跡公園のすぐ近くに、高槻市しろあと歴史館があります。とてもきれいな館内に加え、入館料が無料とは思えないぐらい、展示物は充実しています。せっかく来たら、立ち寄ってみては如何でしょうか。芥川城についても触れられています。しかも、特別展示物は、一定期間毎に換わるようです。正直、高槻市の方は羨ましいですね。

課長監物様[2016年08月08日]
高槻城跡より北へ車で30分、高槻カントリークラブというゴルフ場入口付近に高槻城を模した建造物と高山右近像が建っています。
ゴルフ場の敷地内ですので一声掛けてからの見学が無難でしょう。
入口より駐車場へ向かう坂道脇の細長い敷地に三層の模擬櫓(天守?)と土塀・冠木門・東屋風の資料館がありますが、全て閉じられていた為中がどうなのかは不明です。
しっかりと「高槻城」と記された碑も有り公園化されている城跡よりある意味お城感はあるかもしれません(笑)。

加賀美 摂津守遠光様[2012年03月25日]
高槻城横にお城博物館が有り、高槻城、城主永井氏の展示等してますので是非

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月26日]
[武将像]高山右近像
城跡に高岡城モデルと同じ立像、近くの教会に膝立ち像が鎮座。
また、大坂城近くの大阪カテドラル聖マリア大聖堂にも立像があり、共に細川ガラシャ像も立ち。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore