枚方城(ひらかたじょう)

枚方城の基本情報

通称・別名

所在地

大阪府枚方市上之町9(推定地)

旧国名

河内国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

本多氏

築城年

室町時代?

主な改修者

主な城主

本多氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

交野城(大阪府交野市)[3.8km]
高槻城(大阪府高槻市)[4.4km]
目垣城(大阪府茨木市)[4.8km]
普門寺城(大阪府高槻市)[5.3km]
芥川城(大阪府高槻市)[5.9km]
黒丸城(大阪府摂津市)[6.1km]
津田城(大阪府枚方市)[6.6km]
茨木城(大阪府茨木市)[6.8km]
岡山城(大阪府四條畷市)[7.0km]
楠葉台場(大阪府枚方市)[8.1km]

枚方城の口コミ情報

2019年04月23日 ささき
御茶屋御殿[枚方城  周辺城郭]

観光案内板より

京・大阪間を結ぶ交通の大動脈、淀川と京街道を見下ろすこの地に豊臣秀吉が御茶屋御殿を建てたのは文禄3年(1596)のことです。三矢村に残る記録から秀吉が「御茶屋」を当地に建てたことが確認できます。伝承では、秀吉の家臣である枚方城主本多内善正政康の娘「乙御前」をここに住まわせたとも言われています。京都伏見と大阪に拠点を置いた秀吉は、この間しばしば行き来していました。中間にあたる、ここ枚方の地にも立ち寄ったことでしょう。文禄5年(1596)の淀川堤防修築に際しては、対岸の大塚から枚方の工事の様子を上機嫌で眺めたとの話も残っています。

江戸時代に入ると、御茶屋御殿は幕府公用の施設となりました。元和9年(1623)には2代将軍徳川秀忠が、寛永9年(1626)には3代将軍家光が逗留したと記録に残されています。家光来訪の際には、秀吉が建てた「台茶殿」の脇に桁行5間、梁行3間の御殿が新築されました。「河内鑑名所記」には、桧皮葺と思われる三棟の建物が描かれている。その後は利用されることもなく、「大茶殿」は承応3年(1654)老朽化により解体され、新築御殿がその用材の収納庫にあてられていました。しかし、延宝7年(1679)7月1日に起った火事によって新築御殿もろとも全焼し、以後再建されることはありませんでした。この広場は平成17年度に枚方市がNTTから土地を借用し、枚方信用金庫から寄付を受け阿妻屋風休憩所を設け茶屋御殿展望広場として整備した。

2018年02月14日 勘解由次官ささき
枚方城

遺構もなく石碑や説明板もありません。構造が平山城だったことから城跡推定値とされてる枚方小学校は丘の上にあります。付近にある御茶屋御殿跡は豊臣秀吉が枚方城主本多政康の娘乙御前のために建てられた御殿跡です。現在は公園として整備され公園から見る枚方と高槻の街並みはなかなか綺麗です。

2016年12月25日 ねこ玄蕃助すずめ
枚方城

城めぐりのナビで案内されたところは、枚方小学校で遺構も何もありません。そこから歩いて5分ぐらいのところにある、御茶屋御殿跡はロケーションもよく、ホッと出来ます。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore