三木城(みきじょう)

三木城の基本情報

通称・別名

釜山城、別所城

所在地

兵庫県三木市上の丸町

旧国名

播磨国

分類・構造

平山城

天守構造

不明

築城主

別所則治

築城年

長享2年(1488)頃

主な改修者

前野長康、中川秀政

主な城主

別所氏、中川氏、伊木氏(池田氏家臣)

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、井戸、天守台

指定文化財

国史跡(三木城跡及び付城跡・土塁)

再建造物

模擬城壁、石碑、説明板

周辺の城

野村城(兵庫県加古川市)[6.0km]
豊地城(兵庫県小野市)[9.4km]
端谷城(兵庫県神戸市)[9.9km]
淡河城(兵庫県神戸市)[10.0km]
金鑵城(兵庫県小野市)[11.4km]
中道子山城(兵庫県加古川市)[12.6km]
野口城(兵庫県加古川市)[13.2km]
神吉城(兵庫県加古川市)[14.5km]
枝吉城(兵庫県神戸市)[14.7km]
加古川城(兵庫県加古川市)[14.8km]

三木城の解説文

三木城(みきじょう)は、播磨国美嚢郡三木(現・兵庫県三木市上の丸町)にあった日本の城。平山城。釜山城や別所城とも呼ばれる。小寺氏の御着城、三木氏の英賀城と並び播磨三大城と称された。

概要
城跡は美嚢川の南岸の台地にあり、明石の北約19km、姫路の東約31kmの地にあり、それほど肥沃の土地ではなかったが、京都-有馬は古くから整備された交通の要所(湯山街道)に築城された。

天正6年(1578年)から2年(20ヵ月)に渡って、織田方の羽柴秀吉と別所長治との間で兵糧攻め、三木合戦(三木の干殺し)を含めて、激しい攻城戦が繰り広げられたことで知られている。この三木合戦の際には神吉城(印南郡)、志方城(印南郡)、淡河城(美嚢郡)、高砂城(加古郡)、端谷城(明石郡)など東播磨各地の城が支城として別所方に従った。

本来の城郭は現在の三木市街地部分も含むものであったが、本丸周辺だけが上の丸公園として残っている。公園内には長治の辞世「今はただうらみもあらじ諸人のいのちにかはる我身とおもへば」の歌碑や、城外への抜け穴があったと伝えられる「かんかん井戸」、そして近年立てられた長治の像がある。公園に隣接してみき歴史資料館(旧三木市立図書館)、城郭跡の下には滑原(なめら)商店街がある。

毎年5月5日には長冶を偲び、「別所公春まつり」が開催されている。

沿革
三木城の築城時期に関しては諸説あってはっきりしない。そもそも君ヶ峰城が三木城の初見で、後に現在の地に移築されたのではないか、という説もある。三木戦史「明応元年(1492年)九月三木ノ釜山城ヲ築キテ之二拠リ」とあるので、この地に三木城が築かれたのは、この明応元年前後ではないかと推定される。

この地に城を築いたのは別所則治で、突然歴史上に登場する。文明15年(1483年)冬、播磨守護赤松政則が山名政豊に大敗し堺に逃亡した。翌文明16年(1484年)2月に政則が家臣団により家督を廃されたが、別所則治は政則を擁して上京し、室町幕府大御所足利義政の助力を得て家督を復活させた。それ以来則治は数々の武功を挙げ政則より8郡が与えられ、その地域に三木城を築城し、別所氏は赤松氏家臣団の中で浦上氏に次ぐ実力者となったようである。

則治の孫・別所就治の時代になると、三木城も戦場の地となる。就治と浦上村宗が内紛状態となり、享禄3年(1530年)夏に就治は柳本賢治に援軍を要請、依藤城を攻城していたが、柳本賢治が就寝中に暗殺されてしまった。それを皮切りに細川高国・村宗連合軍が三木城をはじめ御着城、有田城に攻撃を開始、落城させた。この戦いが三木城の攻城戦の初見ではないかと推定される。就治は一旦国外に脱出したようだが、翌享禄4年(1531年)の中嶋の戦い・大物崩れで村宗が討取られ、高国も自害すると就治も三木城に戻ったようで、東播磨で大きく勢力を伸ばしていった。

その後天文7年・8年(1538年・1539年)の2度に渡って尼子詮久(後の晴久)が三木城を攻撃してきた。この時赤松氏の国人衆はほとんどが尼子軍に下り、三木城のみが東播磨の拠点となった。しかし赤松晴政は2回も国外に脱出したため、守護としての地位が落ちていったが、代わりに就治の東播磨での地位は上がり、赤松氏から細川晴元派へ与していく。

しかし、晴元を京都から追放した三好長慶に目をつけられ、有馬重則と対立していたことを口実に三好軍の攻撃を受ける事態になり、天文23年(1554年)9月、長慶の同族・三好長逸に三木城の支城7つを落城させられてしまった。ついで同年11月に、長慶は援軍として弟の三好実休を送りこみ枝吉城を攻囲、翌天文24年(1555年)に明石氏は三好軍と和議を結び、就治も支えきれず和議を結んだ。ここから就治は三好三人衆軍に組み入れられ大和まで出陣したようである(東大寺大仏殿の戦い)。その後永禄2年(1559年)には宿敵であった依藤氏を滅ぼした。...

三木城の口コミ情報

2020年09月23日 藤岡右馬允但馬
三木城



二の丸跡に三木歴史資料館があり、こちらで御城印を販売しています。本丸はかなり高い位置にあり当時はもっと見晴らしが良かったのではないかと思います。逆に申せば秀吉軍の布陣も一望に見渡せるだけに、日に日に絶望の淵に追いやられていく感じが想像できました。天守台にある長治公の辞世の句とその想像が重なり、自分なりに心痛く感じました。一方で周囲にはたくさんの秀吉軍の付城も確認でき、秀吉軍の必死さもうかがい知ることができる、戦国時代を実感できる良い城でした。

2020年08月17日 RED副将軍
朝日ヶ丘土塁[三木城  遺構・復元物]



法界寺山ノ上付城と高木大塚城の間を結ぶ土塁。
総延長約300m、基底部幅1.8~5m、高さ0.2~1.1mの長大な遺構。
土塁線は6本に分かれ馬道西側は2重、東側は4重になっている。
現在は風化が進んでいるが、規模の大きさは十分伝わってきます。

2020年08月17日 対馬守Neco
歴史資料館[三木城  関連施設]



三木城の城郭情報には書かれていませんが、みき歴史資料館(入館無料/月曜日休館/9時-17時)で御城印(¥200)を発売しています。

2020年08月16日 RED副将軍
這田村法界寺山ノ上付城[三木城  周辺城郭]



天正6年(1578)から天正8年(1580)まで行われた、織田信長と三木城主、別所長治との三木合戦に関わる城跡。織田軍、宮部継潤の陣城であったと伝えられ、第二期に築かれた陣城群の一つ。

法界寺の南背後にある標高80m程の山に築かれ、現在は「三木城跡及び付城跡・土塁」として国指定史跡となっている。

主郭と副郭が東西に並び、共に方形で土塁が巡る。東が主郭で南に虎口があり、虎口の先が馬出状になっているのが特徴。この馬出状の遺構は主郭と土橋で繋がり、横堀を配す。

主郭部から北側には無数の帯曲輪が段状に並び、多数の兵士が布陣していたことを伺わせる。全体的に風化が進み、土塁も堀も甘めです。

写真
①馬出し状の虎口。横堀に土橋が付く。
②主郭を巡る横堀
③副郭を巡る土塁
④案内板
⑤主郭内部

2020年08月16日 #91左馬助
三木城



電車で車で、兎に角、訪れやすいお城です。私はバイクで行きました。城跡には保育園があります。城跡で幼少期を過ごせる園児達が、とても羨ましいです。

2020年08月15日 RED副将軍
高木大塚城[三木城  周辺城郭]



天正6年(1578)から天正8年(1580)まで行われた、織田信長と三木城主、別所長治との三木合戦に関わる城跡。織田信忠の軍勢が築いた6ヶ所の付城の一つとされるが、城主は不明。

周囲は宅地開発が進み、一部は消滅するも複雑な土塁が良好に残存。ウネウネの土塁が見事です。高木古墳群の中で最も大きな古墳を城の中心として櫓台に利用。その周囲を十字状の土塁を巡らせている。三木城跡よりも残存状態が良好であり、付城巡りがむしろメインとなると思います。

写真
①案内板
②虎口
③⑤主郭を巡る土塁
④⑥土塁越しの櫓台(古墳)

2020年03月08日 さっきー
竹中半兵衛の墓[三木城  碑・説明板]



墓前に駐車場は無し。
約300m手前の平井公民館に止めるか、
秀吉本陣に止めて、歩いて下さい。
トイレは公民館に有り、外から入れます。

2020年03月01日 さっきー
三木城

近くの三木市立みき歴史資料館にも、
是非お立ち寄り下さい。
入館無料ですので。

2019年06月25日 さっきー
別所長治公首塚[三木城  寺社・史跡]

道路が少し狭めで、対向車とすれ違いは、左の白線踏むぐらいで、安心です。

2019年06月25日 さっきー
別所長治公墓[三木城  碑・説明板]

駐車場があり、階段前に3台ほど、道路挟んで10台以上可能です。

2019年06月25日 さっきー
平井山ノ上付城[三木城  周辺城郭]



駐車場があり、止め放題。
仮設ですが、トイレ有。
ここから歩いて、
竹中半兵衛の墓に行くもよし。

2018年08月25日 三木肥前守上の丸
三木城

城跡北側の崖から三木合戦時の秀吉の陣跡の平井山が見えます。
逆に平井山から、三木城が見えます。(三木小学校が見えるのでその奥、木々が生える台地の右端)

2015年12月06日 小田出羽守氏治
三木城

本丸跡には「今はただ、うらみもあらじ、諸人の、いのちに代わる、我が身とおもへば」と言う別所長治公の辞世の彫ってある
石碑があります。

2011年04月16日 中務大輔播磨の将軍
三木城

三木市役所から坂道を下って行くと三木の空堀が残っています!



2010年07月26日 徳川内大臣源朝臣康武
三木城

[武将像]別所長治像
本丸天守台横に鎮座。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore