中道子山城(ちゅうどうしさんじょう)

中道子山城の基本情報

通称・別名

赤松城、志方の城山

所在地

兵庫県加古川市志方町廣尾

旧国名

播磨国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

赤松氏範

築城年

至徳年間(1384〜1386)

主な改修者

主な城主

赤松氏、孝橋氏

廃城年

遺構

郭、土塁、堀切、石積、井戸

指定文化財

再建造物

石碑(赤松城址)、説明板

周辺の城

志方城(兵庫県加古川市)[3.4km]
神吉城(兵庫県加古川市)[4.7km]
善防山城(兵庫県加西市)[5.7km]
金鑵城(兵庫県小野市)[7.0km]
加古川城(兵庫県加古川市)[7.4km]

中道子山城の口コミ情報

iggy左近衛中将様[2018年04月22日]
《城道等》
旧道(山道)で登城しましたが、城域まで歩きやすい新道?が付いていますので、夏場でも登城できます。

《遺構》
本城は、発掘調査で土塁等の下層に焼土層、さらにその下部に石積み遺構が確認されたとのことで、戦国前期に石の城が成立、その焼失後に土の城として規模を広げて再築されたようです。
通常とは逆の過程をたどった珍しい山城と言えるでしょう。
1郭東に位置する土塁に囲まれた「伝米倉跡」については、発掘調査で礎石建物が建てられていたことが確認されており、なんらかの建物が建てられていたようです。
比較的多くの焼き米が出土したみたいですが、本城他所からも出土していることから米倉であったと決定付ける根拠は薄いそうです。
北西尾根を断つ二重(少し離れてます)の岩盤掘削堀切は見応えあります。
少々藪漕ぎが必要となる6郭北側の土塁付竪堀は経年のためか甘いです。

《参考》
公園整備化されたようですが残念ながら荒れてきており、また、城域内の鉄塔や頂部の電線等に萎えますが、遺構は素晴らしいです。

あさ刑部少輔けん様[2017年05月08日]
今回は麓の城山公園駐車場まで。
県道の城山への標識はすぐに分かりますが、その先、市道から駐車場に入る所の看板は小さいので見落としに注意。バス停を目印に

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore