淡河城(おうごじょう)

淡河城の基本情報

通称・別名

上山城

所在地

兵庫県神戸市北区淡河町淡河字水井740-1

旧国名

播磨国

分類・構造

平山城

天守構造

不明(天守台あり)

築城主

淡河成正

築城年

貞応元年(1222)

主な改修者

有馬則頼

主な城主

淡河氏、有馬氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、天守台、土塁、横堀(空堀)、切岸

指定文化財

再建造物

模擬櫓、模擬城壁、石碑、説明板

周辺の城

箕谷城(兵庫県神戸市)[7.4km]
三木城(兵庫県三木市)[10.0km]
端谷城(兵庫県神戸市)[10.2km]
豊地城(兵庫県小野市)[10.7km]
茶臼山城(兵庫県神戸市)[11.0km]
多々部城(兵庫県神戸市)[12.8km]
落葉山城(兵庫県神戸市)[13.5km]
摩耶山城(兵庫県神戸市)[13.9km]
三田城(兵庫県三田市)[14.1km]
滝山城(兵庫県神戸市)[14.2km]

淡河城の解説文

淡河城(おうごじょう)は、兵庫県神戸市北区にあった城。現在は丘の上に田畑となっている本丸址と櫓があり公園になっている。

概要
播磨一帯の豪族であった北条時房の孫にあたる淡河時治の城とされる。淡河氏は南北朝時代の暦応2年(1339年)に石峯寺・三津田とで赤松則村(円心)率いる南朝方と戦い敗れた。

明徳3年(1392年)には、淡河範清が養子として赤松氏より、季範を養子として迎え、その後は赤松氏に属した。

戦国時代には別所氏に属したが、淡河定範が城主であった天正7年(1579年)に三木城と共に落城し、有馬則頼が城主となった。

慶長6年(1601年)に則頼は三田城に移り、元和元年(1615年)に廃城となった。

現状
道の駅淡河の南側の小高い山に城跡がある。

淡河城の口コミ情報

2020年04月19日 ソバッソMG77.0
天正寺城[淡河城  周辺城郭]



ロータリーゴルフクラブのコース南端と、山陽自動車道の間にある山が城山です。グーグルマップにも載っていましたので、そこでマッピングしたらたどり着けます。
西側の池付近に駐車出来そうなスペースを見つけ、そちらに自己責任で停めました。

池のすぐ東側に、ヤブヤブした階段があります。そこから取り付くが良いでしょう。北に向かって登る形になり、東側には段郭と思しき高台が視認でき、それに沿って北へ進んで行く形になります。あとはテキトーに東側のヤブというか雑木林に突っこんで行き、頑張って穏やかに休めそうな平坦地まで辿り着いて下さい。

そしたら岩盤を使った堀切
土橋→平坦地→土橋→平坦地→土橋→平坦地
と、通路を制限しながらもしっかり駐屯スペースを確保した、見事なモッコリが出てきます。モッコリ土橋ファンは必見です。
あとはⅡ郭、Ⅰ郭と散策して、Ⅰ郭の廃神社からの階段を使って下山すれば良しです。

下山したらクルマを停めた池近くまで、10分弱歩いて戻る事になりますが、あのヤブというか雑木林を戻っていくよりはいいと思います。

ちなみにその廃神社からの階段から、竪堀と思しき傾斜が延々と高速道路上まで延びています。縄張り図には表記されているので、竪堀なのでしょうけど、高所に郭らしきモノが見当たらないので、もしかしたら出撃用?なんて勝手に思っています。
でも神社があったので、もしかしたらお神輿を上げ下ろしする通路?とも思ってます。


織田さんの痕跡を探しながら、ヤブ漕ぎにトライしてみて下さい。ズタズタになりますよ。
散策時間目安は下山まで50分くらいかな。

2020年04月18日 ソバッソMG77.0
淡河付城[淡河城  周辺城郭]



目標は何とも言えません。
淡河城跡から南南東に1キロ程度。

集落をてくてく歩いていると、突然に平坦地と土塁と堀切が出てきます。唐突過ぎて反応に困ります。急に告白された時に「えっマジか」ってなって、その後どうしていいモンか困り果ててチャンスを逃す感じ。

歩いててフツーに見つけられるレベルなんで、それなりに残っています。織田さん付城の特徴がハッキリ残っているらしく、淡河城攻めの際に使用されたと推測されています。
結構な広さの平坦地が、3段くらいになってたかな。かなりの駐屯が可能やったんでしょう。


淡河、三木の辺りは付城が沢山残っている地域なので、こういった名もない砦跡を散策するのも楽しいかも知れませんね。
あっ
淡河城跡に対して、どのように対峙したのかは僕には分かりません。そこまで分かれば、砦散策がもっと楽しくなるんやろうなぁ。

2020年04月18日 ソバッソMG77.0
淡河付城[淡河城  周辺城郭]



目標は…何とも言えません。
淡河城跡に対して1キロ程度離れた南南西の池付近としか書けません。。。
某讃歌さんを参考にして到達しました。

付近に目印になるコンテナを発見後、それらしき場所が分からずに、とりあえずヤブを掻き分けてみると、そこには突然デカデカと竪堀状に落ちていく斜面が表れます。
また両サイドには高くなった平坦地があり、あぁ城跡やなって薫りがプンプン。それをくんかくんか。

池が点在している地域なので、恐らく現在は土壌改良などがされて道路やら宅地やらになっているんやと思います。正直、淡河城跡に対してどのように対峙した付城なのかサッパリ分かりませんでした。

ご存知の方がおられましたら、ぜひ自宅待機中に情報を出して下さると幸いです。
コロナが落ち着いたら再訪したいです。

2018年02月19日 iggy太政大臣
淡河城

『織田軍が築いた淡河城をぐるりと囲む対淡河城の付城について』

《淡河西付城》
淡河城の南南西450mに位置。
経年にもよると思われますが、主郭及び二郭に設けられた堀は浅く、主郭西側に配された堀切も甘いです。
資料によれば当城は、淡河城に対して備えるというより、城外から(淡河城へ)の援軍に備えた構造であるとのこと。

《天正寺城》
淡河城の北北西700mに位置。
当城からは淡河城が丸見えです。
二郭北側に土橋が架かる堀切が二本。
北寄りの堀切から東に土橋が延び、その先に二重堀切が設けられている。
北側の堀切は甘いですが、南側の堀切は岩盤が加工され、尾根の切り落としがはっきり見て取れうっとりものです。
また、二郭西側には3本の竪堀を配しています。

ほか、淡河城の周囲には「淡河南付城」等の付城が存在するが遺構が確認できない、または不明瞭であるとのこと。

淡河城は、当時、猛威を振るう織田軍に抗戦し付城を築かせたものの淡河弾正善戦虚しく落城(三木城へ落ち延びた)を迎えましたが、そんな淡河氏の気概にもスポットを当ててみたいと思いました。

2017年08月27日 大佐大蔵卿
淡河城

道の駅から歩いてすぐのところにありました。しかし網が張り巡らしてあるため木橋を渡れず、登れませんでした。

2017年01月31日 OROKA参議
淡河城

道の駅から味のある模擬櫓が見えます。道の駅の裏手に木橋があり川を渡ると案内板がありました。ここから少し登ると模擬櫓にたどり着きました。こちらは搦め手かな…

本丸はなかなか広くて、土塁の上に稲荷が建っています。 模擬櫓と逆サイドが大手のようですが、よく見ると土塁と空堀のある良い虎口です。また、畑と稲荷の間の空堀は深くて圧巻です!これは見る価値ありです!

2015年08月29日 課長大和守Lv.B
淡河城

模擬櫓の見える道の駅より西に1つ目の信号を左折した先、案内板に従って丘を登った所にあります。
公園とはなっていますが、其れ程手は入っておらず堀・土塁等の遺構も良好に残っています。
遺構に模擬城壁とありますが、実際は城主の淡河氏累代の墓所となっていました。

2010年08月12日 †劉秀†
淡河城

少々草がボーボーしておりますがいい所です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore