滝山城(たきやまじょう)

滝山城の基本情報

通称・別名

多芸山城、多喜山城、布引城

所在地

兵庫県神戸市中央区神戸港地方、葺合町、加納町1

旧国名

摂津国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

赤松則村

築城年

南北朝時代?

主な改修者

松永久秀

主な城主

赤松氏、松永久秀、池田泰長

廃城年

天正8年(1580)

遺構

堀切、土塁、曲輪、石垣

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

花隈城(兵庫県神戸市)[2.4km]
摩耶山城(兵庫県神戸市)[2.8km]
兵庫城(兵庫県神戸市)[5.0km]
平野城(兵庫県神戸市)[5.9km]
和田岬砲台(兵庫県神戸市)[6.3km]

滝山城の解説文

滝山城(たきやまじょう)は、兵庫県神戸市中央区の城山にあった城。山陽新幹線の新神戸駅の裏山、「布引の滝」の西に位置する。

概要

兵庫県神戸市中央区の城山の標高は316.5m、比高は約250m。開発が盛んな神戸の地にあって、遺構の状態は良好で30以上の曲輪群、堀切、土塁などが残っており、戦国時代の姿がそのままの形で残っている貴重な城跡である。

また城跡へは山陽新幹線の新神戸駅より左に登っていくハイキングコースが整備されている。

沿革
滝山城の歴史は大きく赤松氏時代と戦国時代に分けられる。

赤松氏時代
滝山城の築城年代は定かではないが、文献上の初見は『正慶乱離志』で、

正慶2年(1333年)4月より下向人申云、3月17日赤松入道京都七条まで打ちいるといえどもおしかえすべく、帝は六派羅の北殿に御入云々、赤松は本の生田の布引の城にこもる云々、その後八幡に陣を取る云々。

とあり、この「生田の布引の城」と記載されているのが滝山城の事である。

元弘3年(1333年)1月11日、大塔宮護良親王の命を受けた赤松則村(円心)は白旗城に挙兵して麻耶山城まで出軍し、千早城に立て籠もる楠木正成を援護し(元弘の乱)、自らも京都を狙っていた。同年2月11日に麻耶山城に六派軍をおびき寄せ、側面攻撃し六派軍を敗退(六波羅の戦い)させた。赤松軍はこれを好機と捉え、京都近くまで攻め上ったが、今度は逆に六派軍に反撃させ滝山城に立て籠もったようである。赤松軍は同年4月3日に滝山城を出撃して六派軍を攻撃したがまたしても敗れた。赤松軍は千種、結城軍の援軍を得て、六派軍を八幡、山崎で破り、5月7日に足利尊氏軍と協力して入京を果たした。

その後、滝山城の城主は円心の息子赤松範資になったり、後醍醐天皇方に渡ったり、再び範資の息子赤松光範に戻ったりした。...

滝山城の口コミ情報

OROKA右京大夫様[2017年01月31日]
新神戸駅のバスロータリーから裏に回り、布引の滝方面に向かうと城跡の案内があります。30分ほどキツい山道ですが、布引の滝の奥からも登れます。時間はそんなに変わらず、こっちの方が道は安定しているかも。

頂上付近に来ると、大きな堀切と立派な郭群が出迎えてくれるのでテンション上がります!そして、意外と広くて驚かされました。こんな神戸の街のそばに…ギャップ萌えですな。
本丸には碑があり、背後には大きな堀切がありました。なかなか見応えのある素晴らしい山城です。

ついでに布引の滝も見学することをオススメします。とても満足です♪

小早川兵部卿隆景様[2013年05月08日]
新神戸駅の北側に登城口があります。そこから、本丸まで30分ほどで登れますが、急な斜面なので、非常にハードです。5月に登城したのですが、枯れ葉が多く、足下が滑るので、トレッキングシューズじゃないと下りは非常に危険です。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore