花隈城(はなくまじょう)

花隈城の基本情報

通称・別名

花熊城、花隅城、鼻熊城

所在地

兵庫県神戸市中央区花隈町

旧国名

摂津国

分類・構造

平山城

天守構造

型式不明[階層不明/築年不明/破却?]

築城主

荒木村重

築城年

永禄10年(1567)

主な改修者

主な城主

大河原氏

廃城年

天正8年(1580)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

模擬石垣、石碑、説明板

周辺の城

滝山城(兵庫県神戸市)[2.4km]
兵庫城(兵庫県神戸市)[2.7km]
和田岬砲台(兵庫県神戸市)[4.0km]
摩耶山城(兵庫県神戸市)[5.0km]
松岡城(兵庫県神戸市)[6.0km]

花隈城の解説文

花隈城(はなくまじょう)は、兵庫県神戸市中央区の元町駅西方にあった城。別名は花熊城。

概要

花隈城は、鼻熊とも書かれる。六甲山の大地が海に突き出ている先端を[鼻]、その稜線の[隅]からこの付近一帯を「花熊」とも言われていたようである。

永禄10年(1567年)、織田信長が荒木村重に命じて築かせたと言われているが、この時期信長はまだ入京しておらず摂津に力を及ばす状況ではなかった。従って、翌年10月に和田惟政に摂津を任した時に築いたか、天正2年(1574年)に石山本願寺と毛利氏との警戒用に荒木村重に命じて築城したのではないかという説もある。

築城には近江の「穴太衆」を呼び出しかなりの石垣を使用し、1年程度で完成させたと言われている。

天正6年(1578年)、村重が信長に反旗を翻したため(有岡城の戦い)、花隈城は荒木方(有岡城)の支城として戦ったが、池田恒興などに攻められて天正8年(1580年)に落城した。合戦の功によりこの地を与えられた池田恒興は兵庫城を築城したため、花隈城は廃城となった。兵庫城の築城にあたっては、花隈城の部材を転用したと伝えられている。

花隈城は岡山大学所蔵の「摂津花熊之城図」によると、中央部には本丸、二の丸、三の丸からなっており、本丸の西北隅に天守、東南隅に櫓があった。また東部には侍町2筋、足軽町は3筋、西部は町屋が4町ある。

推定地は、西は神戸生田中学校辺り、東は花隈町と下山手通8丁目の境付近、北は県庁前道路付近、南はJRの高架下辺りの範囲であり、大規模な近世城郭とされる。近くの福徳寺には「花隈城天守閣址碑」があり、この周辺が本丸跡地である。現在は、花隈城の本丸跡に、地下は駐車場、地上は公園となっている部分に「花隈城跡」と石碑がある。模擬石垣や模擬天守台があるが、規模からも花隈城を類推するものではなく、公園としての演出施設である。

すぐ南をJR神戸線が通っており、列車内からも石垣を見る事ができる。

花隈城の戦い

有岡城の戦いで有岡城を失い尼崎城(大物城の事ではないかと思われる)も追われ、摂津最後の城となった花隈城に逃げ込んだ荒木村重は文字通り「最後の砦」となった。...

花隈城の口コミ情報

大宰少弐播磨の将軍 様[2011年04月16日]
石垣の内部は、花隈になっています!城めぐりを始めるまで跡とは、全く気付きませんでした!

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore