和田岬砲台(わだみさきほうだい)

和田岬砲台の基本情報

通称・別名

和田岬台場、臼砲台、石堡塔

所在地

兵庫県神戸市兵庫区和田岬町1

旧国名

摂津国

分類・構造

台場

天守構造

なし

築城主

徳川幕府(設計:勝海舟)

築城年

元治元年(1864)

主な改修者

主な城主

なし(実戦未使用)

廃城年

遺構

砲台

指定文化財

国史跡(和田岬砲台)

再建造物

説明板

周辺の城

兵庫城(兵庫県神戸市)[1.8km]
花隈城(兵庫県神戸市)[4.0km]
松岡城(兵庫県神戸市)[5.4km]
滝山城(兵庫県神戸市)[6.3km]
多々部城(兵庫県神戸市)[7.4km]
摩耶山城(兵庫県神戸市)[8.6km]
平野城(兵庫県神戸市)[9.9km]
箕谷城(兵庫県神戸市)[12.6km]
舞子台場(兵庫県神戸市)[14.1km]
鷹尾城(兵庫県芦屋市)[14.2km]

和田岬砲台の解説文



和田岬砲台(わだみさきほうだい)は、神戸市兵庫区にある砲台跡。国指定の史跡である。

和田岬の先端近く、三菱重工業敷地内に残る。勝海舟の設計で1863年(文久3年)着工、1864年(元治元年)完成。工費二万五千両。当時徳川幕府は同時に神戸の川崎、舞子と和田岬、西宮の香櫨園と今津、淡路島の松帆に同型の砲台を建設したが、現存するのは和田岬と香櫨園(西宮砲台)のみ。実戦には使用せずに終わる。「臼砲台」「石堡塔」と呼ばれていた。

現在は三菱重工業神戸造船所内にあるため、一般公開時以外は予約が必要である。

歴史 

  • 1863年(文久3年)勝海舟の設計により徳川幕府が建設、灘の嘉納次郎作が工事請負、着工。
  • 1864年(元治元年)完成。
  • 1921年(大正11年)兵庫県史跡第1号に指定。
  • 1925年(大正15年)屋根及び内部の大修理実施。
  • 2009年(平成21年)内部・外部周辺大修理。
  • 2014年(平成26年)平成の大修理が完了。

構造 

外郭部は塩飽諸島の御影石による石造、内部は神戸布引・鉄拐山のケヤキ材を使用した木造2階建て。当時は周囲に星型土塁が築かれていた。また内部には砲身冷却用の井戸がある。高さは約6間、周囲約21間。

交通アクセス 

  • 山陽本線和田岬支線・神戸市営地下鉄海岸線 和田岬駅

和田岬砲台の口コミ情報

2020年10月13日 播磨屋弾正大弼
和田岬砲台

新型コロナウイルス感染拡大への防止対策として当面の間休館(2020年10月現在継続中)

2015年07月09日 INO【兒】右衛門督
和田岬砲台

工場内は毎月第2木曜日が見学日となっています(9:30~の部 10:40~の部)
事前予約が必要です

工場内は撮影禁止で砲台外観についても禁止ですが、砲台内部は撮影可です

和田岬砲台の周辺スポット情報

 砲台(遺構・復元物)

 駐車場(駐車場)

 駐車場(駐車場)

 駐車場(駐車場)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore