白旗城(しらはたじょう)

白旗城の基本情報

通称・別名

赤松氏城

所在地

兵庫県赤穂郡上郡町赤松、野桑他

旧国名

播磨国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

赤松則村

築城年

元弘3年(1333)

主な改修者

主な城主

赤松氏

廃城年

嘉吉元年(1441)

遺構

曲輪、土塁、堀切、井戸

指定文化財

国史跡(赤松氏城跡)

再建造物

周辺の城

感状山城(兵庫県相生市)[7.1km]
上月城(兵庫県佐用郡)[9.1km]
鴾ヶ堂城(兵庫県赤穂市)[9.5km]
福原城(兵庫県佐用郡)[10.2km]
三日月陣屋(兵庫県佐用郡)[10.3km]
飯盛山城(岡山県備前市)[11.1km]
城山城(兵庫県たつの市)[13.6km]
大嶋城(兵庫県相生市)[13.7km]
福城(岡山県美作市)[14.6km]
三石城(岡山県備前市)[15.0km]

白旗城の解説文

白旗城(しろはたじょう、しらはたじょう)は、現在の兵庫県赤穂郡上郡町赤松に存在していた日本の城(山城)。「赤松氏城跡」の1つとして国の史跡に指定されている。室町時代に播磨国白旗山(標高440m)に築かれ、播磨守護赤松氏の居城となる。

概要
築城期には二つの説があり、鎌倉時代末期に赤松則村(円心)が護良親王(大塔宮)の令旨を受け鎌倉幕府打倒の軍を挙げた時に築いたという説(1333年説)。もうひとつは、則村が幕府滅亡後に成立した建武政権から離反した足利尊氏に従い、宮方の新田義貞の西進を食い止めるために築いた説(1335年説)。

赤松円心はこの城に籠もり、古典『太平記』に拠れば、東上する足利軍を迎え撃つ新田軍約六万を五十日あまりの間足止めさせ、湊川の戦いでの足利軍勝利に貢献したという。

他にも諸説があるが、有力なのは1335年説である。1361年には、赤松則祐が南朝方の襲撃で京都を逃れた春王(足利義満)らを避難させたという。嘉吉元年(1441年)、赤松満祐は将軍足利義教を討伐するとして白旗城で挙兵したが、幕府軍に攻められて落城する(嘉吉の乱)。

享徳3年(1454年)、赤松則尚は白旗城に入り、矢野荘に年貢を納めるよう命じた。また城の修築・改修のために人夫も徴用している。

明応8年(1499年)、守護代・浦上則宗は赤松義村を擁して白旗城に入る。同年、浦上宗国は則宗らが籠もる白旗城を攻めるも、則宗の家臣の宇喜多能家の働きによって撤退させられた。

永正4年(1507年)、赤松氏の御一家衆赤松播磨守家当主・赤松播磨守勝範(大河内勝範)が白旗城に拠って反旗を翻すも、義村の攻撃によって落城する。

永正17年(1520年)、赤松義村が白旗城を拠点に美作国岩屋城を攻めるも撤退。この頃の記録を最後に白旗城の名は歴史上から消える。

構造
標高約440mの白旗山上から尾根・谷部にかけて、東西約350m、南北約850mにわたって築かれた連郭式山城で、白旗城の曲輪と縄張は、本丸・二の丸・三の丸で形成されており、他にも馬場丸・侍屋敷等がある。三の丸の近くに、罪人を突き落とす「千人落とし」があり、本丸と三の丸の間に夏でも水が涸れることの無い「光火の井」があったが、今ではもう枯れて塞がれている。城へ上るには、赤松方面からは「ひばら谷(西)」「ふねが谷」を通り、鞍居方面からは「よね谷」「ひばら谷(東)」「くらの谷」「ぼう谷」「ひよごり」を通る。

その他...

白旗城の口コミ情報

2020年11月28日 内記かずりヾ(・ε・。)
大聖寺山城[白旗城  周辺城郭]



大聖寺山城は白旗城の南西約6.3km、上郡アルプスの一山、鳳凰山から南東に延びる尾根上、標高約248mのピークに主郭が存します。先に口コミした西方寺陣とは別尾根になり、一つ南側の尾根にあるって感じです。行き方は西方寺石造宝塔というのが西方寺陣の西側にあり案内板も出てますのでこれに向かいましょう。赤い小さな鉄橋を渡ると、右に行くと宝塔へ、上を目指すと小堂に辿り着きます。小堂を抜けると尾根筋に出るので後はそれを進むだけです。が、この尾根筋400m位はシダシダしまくってて気持ち悪い…歯朶植物が尾根を覆い尽くしてます。普通風雨の影響を受け易い尾根上は草木が育ち難い場所なんですが、歯朶植物には関係無いんでしょか。道は完全に消えていて辛うじて踏み跡があるかなといった感じ…休める場所はその途中にある鉄塔跡ぐらいなので頑張りましょう!所謂藪漕ぎになります。

苦闘するとお城は突然に現れます。出迎えるのは短く薄いですが、たぶん岩盤を削った畝状竪堀(心眼で見ましょう。)です。腰郭を経て主郭に入りますが、此処には明確な桝形虎口があります。こにちわーですね♪主郭は段付きで意外にも面積があり石積みも散見されます。主郭の山側にはファジーですが土塁があり、その奥には腰郭を経て堀切が1条あります。この堀切が素晴らしい垂直岩盤切削堀切でして感動しましたよ〜又、主郭の南東側には武者隠しのような空堀なんかもあったりします。

築城者は赤松氏の一族の者とされていますが、昔の事ではっきりしたことは解んねぃみたいな感じですかね。ちなみにこのお城の東、生駒山山上には駒山城(素晴らしい!)がありますが、別名を小聖寺山城と言うらしいです。規模的には逆なんすけど…本当なんか…

帰りは元来た尾根上を引き返しますが、今度は行きには気にならなかった松の若木が牙を剥きます。ちくちくちくちく痛いわ!ちなみに尾根端部、最初にある小堂辺りは砦じゃないのかな?前哨線としては極めて有効だと思いました。

2020年11月27日 内記かずりヾ(・ε・。)
鳳張古墳群[白旗城  寺社・史跡]



鳳張古墳群は白旗城の南西約5.7km、口コミで紹介した西方寺陣の東側、川跡?を挟んだ谷間の平場に存します。いきなり西播磨の情報が少ない場所に飛び込んでしまい自分も錯綜してしまいましたが、この古墳群の東の山塊にも鳳張陣(未見っす。)という陣城?があるらしく両者を混同してしまいました。ただ西方寺陣もそうですが、恐らく鳳張陣も大きな軍勢を収容するのはとても無理な感じですので、実際の陣跡はこの古墳群に設けられたと思います。又、西方寺陣の口コミで秀吉が陣を敷いたと書き込みしてしまいましたが、誰の陣だったかは不明としたいと思います。答えは永遠に出ないと思いますしね〜そう!ネットだけですがちょと勉強したのw

この古墳群には3つの古墳があるんすけど、古墳自体も墳丘がしっかり残ってて、内部の石室もよく保存されてます。ただこの周囲には明らかに古墳の成立とは関係を無にする土塁や空堀が残っていて陣跡であったことを簡単に想起させてくれます。平場の面積は相当に広く三千ぐらいの軍勢なら楽に収容出来そうです。また平場の西側の川跡?は後世の改変かもしれませんが、明らかに人工的に手が加えられていてまるで空堀の様に存在しています。この平場の南端にはかなりの大きさの空堀様地形があり、高さもある(でも薄い。)土塁様地形で谷間を大きく遮断しています。これを何かの遺構と見るのかは早計でしょうが、とても自然地形とは考え難いので是非皆様の心眼で確かめてみて下さいまし。

この古墳群の周辺は南に中世山陽道が走り必争の地でもあったと思います。毛利、宇喜多vs羽柴の最前線でもあった訳ですし、その後の宇喜多騒動なんかも視野に入れておくべきなのかな?又、赤松の時代まで遡れば更に謎は混迷を深めます。深い歴史に感嘆することしかり…こうして答えを求めようとする変態が誕生する訳ですな。

2020年11月26日 内記かずりヾ(・ε・。)
西方寺陣[白旗城  周辺城郭]



西方寺陣は白旗城の南西約5.7km、上郡アルプスの一山、鳳凰山から南東に延びる標高約104mの尾根端部に主郭が存します。比高は約60mですが、道はまともなのが見付けられなかったので尾根下に着いたら直登して下さいまし。

行き方は近くに鳳張古墳群というのがあるので目標にして下さい。此処から川跡?を挟んだ西側にある尾根にお城があります。ちなみに鳳張古墳群は秀吉が陣を敷いた場所、陣跡(紹介は別の機会に。)でもあるらしく、広大な削平地に古墳が3つ、土塁や空堀が健在で謎な地形に満ち溢れた場所です。ここは是非纏めて訪れてみるのがよいでしょう。

お城はたぶん物見程度の単郭です。たぶんというのも尾根上はシダシダしまくりでその輪郭さえ不明瞭です。突入してもとても何かを見付けられる状態ではありません。ただ主郭はそんなに藪になっていないので無駄骨にはなりません。主郭には立派な土塁、主郭背後の山側には立派な堀切が健在で写真のとおりきちんと確認出来ました。思わずほっとしましたよ〜

このお城は船坂城砦群の一つに数えられていますが、築城の経緯とか一切不明です。砦でもなく一般的に陣と呼ばれていますが、ここら辺も陣跡だったのがその理由なんでしょか、お城の西側には館跡か寺跡を彷彿させる広大な段付き削平地が広がっていますので、考察抜きの印象で何となく両者は混同されているイメージです。単純にお城は大聖寺山城(紹介は別の機会に。)の支城と考えるのが自然じゃないでしょか。

関東から来た自分ですが、西播磨の地はお城も歴史も知っているものが少ないくせにいきなりディープな所に飛び込んでしまいました。が、探索魂に火を付けるよい機会になりました。お城的な魅力に満ち溢れた西播磨は調べれば調べる程に行きたい所が現れてきます。次は事前勉強もしっかりした上でこの地を再訪したいものですね!

2019年04月04日 カーネル
白旗城

智頭急行線 河野原円心駅から

駅前に地図があり、松雲寺と五輪塔群の前を経由すればいいことが赤線で引かれております。またこの地図からは比高差が400mで往復7.4kmであることもわかります。縄張り図もあります

駅をでたら東へ向かい川を渡り、右折して国道373を南下。道路は歩道も完備

松雲寺前を通過して東へ進むと見晴らしがよくなり、山裾に大きく白旗城の文字があるので目指します

獣害避けの檻を超えた先に五輪塔があります。山道がガレ場になります。傾斜は緩めですが、その先の山道できつくなります

道中の堀をいくつか超えた先で櫛橋丸跡に往復。滑りやすい道はなかなか怖いです

元の道を進むと二ノ丸。その先の本丸に着いたのは駅から90分後でした

さらに先に進むと三の丸に土塁で降りると大堀切で、ここで引き返す。二ノ丸から侍屋敷方面に降りて散策してから駅に戻りました。全工程で180分でした


2018年09月18日 大納言織田晃司
白旗城

今回は国道373号から白旗城に向かい登城。
数台停めれる登山者用の駐車スペースがあります。

登城ゲートから白旗城まで約1.9km。時間にするとおよそ1時間はかかります。

途中トイレがありますがその先にはありません。また途中から天然石が登山道に多くありますが、これがなかなかの曲者で、行きはまだ良いですが帰りが怖い。
石に苔が生えてるうえに安定感の無い石があるので慎重に。
下山の時、足を滑らせて怪我ということもあるので、杖は特に下りで必要です。

「落ちない城」なのに白旗(降参)かと思いきや、源氏の白い旗が由来となってます。

2017年12月02日 野呂利左衛門督休三
白旗城

【白旗城の支城、駒山城】
白旗城の南西約4㎞、上郡駅の北北東約2㎞のところの生駒山山頂部です(距離は直線)。大きくは堀切を挟んで本丸と二の丸に分かれますが、それぞれに腰曲輪があります。
本丸下には空堀もあります。この空堀と本丸には石積が一部残っており、瓦も出ていることから戦国時代にも用いられていたようです。

さて、この城、東西南北4つのルートがあります。私は東側から登り、南側から下山しましたが大変でした。東側ルートは入り口から井上古墳の看板まではルートがはっきりしていますが、後は下草はありませんが判別しづらいです。またほぼ直登なので傾斜は少しきつめです。尾根に出て城の方を望むと延々と岩場が続いています。
南側のルートは尾根筋なので結構緩やかですが2ヶ所ほど岩場を越えなければなりません。馬の蹄跡は所々窪みがありますが一枚岩なので、怖いことこの上ありません。(特に下山時)
北側のルートは他の山へ向かうルートです。
麓からの比高差は230mほどです。

白旗城の周辺観光情報

森林体験の森

人と自然の共生が実感できる場づくりを目指し整備を行っています。また、「上郡森林体験の森」内にあるワークハウスでは、林業体験・木工加工などができます。

詳細はこちら

宝林寺(円心館)

赤松則祐以降の播磨守護・惣領家が氏寺として庇護した臨済宗の寺院です。赤松氏とともに衰微しましたが、江戸時代以降は真言宗に改め、境内円心館で「赤松三尊像」が公開されるゆかりの寺院として、多くの人々が訪れます。

詳細はこちら

かみごおりさくら園

平成11年度に、森林景観促進環境保全事業により整備されました。河津桜をはじめ10種類、約1,000本のみごとな桜が美しい花をつけ、毎年さくらまつりが開催されます。

情報提供:上郡町役場産業振興課

詳細はこちら

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore