白旗城(しらはたじょう)

白旗城の基本情報

通称・別名

赤松氏城

所在地

兵庫県赤穂郡上郡町赤松、野桑他

旧国名

播磨国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

赤松則村

築城年

元弘3年(1333)

主な改修者

主な城主

赤松氏

廃城年

嘉吉元年(1441)

遺構

曲輪、土塁、堀切、井戸

指定文化財

国史跡(赤松氏城跡)

再建造物

周辺の城

感状山城(兵庫県相生市)[7.1km]
上月城(兵庫県佐用郡)[9.1km]
鴾ヶ堂城(兵庫県赤穂市)[9.5km]
福原城(兵庫県佐用郡)[10.2km]
三日月陣屋(兵庫県佐用郡)[10.3km]

白旗城の解説文

白旗城(しろはたじょう、しらはたじょう)は、現在の兵庫県赤穂郡上郡町赤松にあったと言われている山城。「赤松氏城跡」の1つとして国の史跡に指定されている。室町時代に播磨国白旗山(標高440m)に築かれ、播磨守護赤松氏の居城となる。

概要
築城期には二つの説があり、鎌倉時代末期に赤松則村(円心)が護良親王(大塔宮)の綸旨を受け鎌倉幕府打倒の軍を挙げた時に築いたという説(1333年説)。もうひとつは、則村が幕府滅亡後に成立した建武政権から離反した足利尊氏に従い、宮方の新田義貞の西進を食い止めるために築いた説(1335年説)。赤松円心はこの城に籠もり、古典『太平記』に拠れば、東上する足利軍を迎え撃つ新田軍約六万を五十日あまりの間足止めさせ、湊川の戦いでの足利軍勝利に貢献したという。他にも諸説があるが、有力なのは1335年説である。1361年には、赤松則祐が南朝方の襲撃で京都を逃れた春王(足利義満)らを避難させたという。嘉吉元年(1441年)、赤松満祐は将軍義教を討つと白旗城で挙兵し幕軍に攻められて落城(嘉吉の乱)。

白旗城の曲輪と縄張は、本丸・二の丸・三の丸で形成されており、他にも馬場丸・侍屋敷等がある。三の丸の近くに、罪人を突き落とす「千人落とし」があり、本丸と三の丸の間に夏でも水の涸れることの無い「光火の井」があったが今ではもうかれて塞がれている。城へ上るには、赤松方面からは「ひばら谷(西)」「ふねが谷」を通り、鞍居方面からは「よね谷」「ひばら谷(東)」「くらの谷」「ぼう谷」「ひよごり」を通る。

白旗城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

白旗城の周辺観光情報

森林体験の森

人と自然の共生が実感できる場づくりを目指し整備を行っています。また、「上郡森林体験の森」内にあるワークハウスでは、林業体験・木工加工などができます。

詳細はこちら

宝林寺(円心館)

赤松則祐以降の播磨守護・惣領家が氏寺として庇護した臨済宗の寺院です。赤松氏とともに衰微しましたが、江戸時代以降は真言宗に改め、境内円心館で「赤松三尊像」が公開されるゆかりの寺院として、多くの人々が訪れます。

詳細はこちら

かみごおりさくら園

平成11年度に、森林景観促進環境保全事業により整備されました。河津桜をはじめ10種類、約1,000本のみごとな桜が美しい花をつけ、毎年さくらまつりが開催されます。

情報提供:上郡町役場産業振興課

詳細はこちら

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore