白旗城(しらはたじょう)

白旗城の基本情報

通称・別名

赤松氏城

所在地

兵庫県赤穂郡上郡町赤松、野桑他

旧国名

播磨国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

赤松則村

築城年

元弘3年(1333)

主な改修者

主な城主

赤松氏

廃城年

嘉吉元年(1441)

遺構

曲輪、土塁、堀切、井戸

指定文化財

国史跡(赤松氏城跡)

再建造物

周辺の城

感状山城(兵庫県相生市)[7.1km]
上月城(兵庫県佐用郡)[9.1km]
鴾ヶ堂城(兵庫県赤穂市)[9.5km]
福原城(兵庫県佐用郡)[10.2km]
三日月陣屋(兵庫県佐用郡)[10.3km]

白旗城の解説文

白旗城(しろはたじょう、しらはたじょう)は、現在の兵庫県赤穂郡上郡町赤松に存在していた日本の城(山城)。「赤松氏城跡」の1つとして国の史跡に指定されている。室町時代に播磨国白旗山(標高440m)に築かれ、播磨守護赤松氏の居城となる。

概要
築城期には二つの説があり、鎌倉時代末期に赤松則村(円心)が護良親王(大塔宮)の令旨を受け鎌倉幕府打倒の軍を挙げた時に築いたという説(1333年説)。もうひとつは、則村が幕府滅亡後に成立した建武政権から離反した足利尊氏に従い、宮方の新田義貞の西進を食い止めるために築いた説(1335年説)。

赤松円心はこの城に籠もり、古典『太平記』に拠れば、東上する足利軍を迎え撃つ新田軍約六万を五十日あまりの間足止めさせ、湊川の戦いでの足利軍勝利に貢献したという。

他にも諸説があるが、有力なのは1335年説である。1361年には、赤松則祐が南朝方の襲撃で京都を逃れた春王(足利義満)らを避難させたという。嘉吉元年(1441年)、赤松満祐は将軍足利義教を討伐するとして白旗城で挙兵したが、幕府軍に攻められて落城する(嘉吉の乱)。

享徳3年(1454年)、赤松則尚は白旗城に入り、矢野荘に年貢を納めるよう命じた。また城の修築・改修のために人夫も徴用している。

明応8年(1499年)、守護代・浦上則宗は赤松義村を擁して白旗城に入る。同年、浦上宗国は則宗らが籠もる白旗城を攻めるも、則宗の家臣の宇喜多能家の働きによって撤退させられた。

永正4年(1507年)、赤松氏の御一家衆赤松播磨守家当主・赤松播磨守勝範(大河内勝範)が白旗城に拠って反旗を翻すも、義村の攻撃によって落城する。

永正17年(1520年)、赤松義村が白旗城を拠点に美作国岩屋城を攻めるも撤退。この頃の記録を最後に白旗城の名は歴史上から消える。

構造
標高約440mの白旗山上から尾根・谷部にかけて、東西約350m、南北約850mにわたって築かれた連郭式山城で、白旗城の曲輪と縄張は、本丸・二の丸・三の丸で形成されており、他にも馬場丸・侍屋敷等がある。三の丸の近くに、罪人を突き落とす「千人落とし」があり、本丸と三の丸の間に夏でも水が涸れることの無い「光火の井」があったが、今ではもう枯れて塞がれている。城へ上るには、赤松方面からは「ひばら谷(西)」「ふねが谷」を通り、鞍居方面からは「よね谷」「ひばら谷(東)」「くらの谷」「ぼう谷」「ひよごり」を通る。

その他...

白旗城の口コミ情報

カーネルさん[2019年04月04日]
智頭急行線 河野原円心駅から

駅前に地図があり、松雲寺と五輪塔群の前を経由すればいいことが赤線で引かれております。またこの地図からは比高差が400mで往復7.4kmであることもわかります。縄張り図もあります

駅をでたら東へ向かい川を渡り、右折して国道373を南下。道路は歩道も完備

松雲寺前を通過して東へ進むと見晴らしがよくなり、山裾に大きく白旗城の文字があるので目指します

獣害避けの檻を超えた先に五輪塔があります。山道がガレ場になります。傾斜は緩めですが、その先の山道できつくなります

道中の堀をいくつか超えた先で櫛橋丸跡に往復。滑りやすい道はなかなか怖いです

元の道を進むと二ノ丸。その先の本丸に着いたのは駅から90分後でした

さらに先に進むと三の丸に土塁で降りると大堀切で、ここで引き返す。二ノ丸から侍屋敷方面に降りて散策してから駅に戻りました。全工程で180分でした

中納言織田晃司さん[2018年09月18日]
今回は国道373号から白旗城に向かい登城。
数台停めれる登山者用の駐車スペースがあります。

登城ゲートから白旗城まで約1.9km。時間にするとおよそ1時間はかかります。

途中トイレがありますがその先にはありません。また途中から天然石が登山道に多くありますが、これがなかなかの曲者で、行きはまだ良いですが帰りが怖い。
石に苔が生えてるうえに安定感の無い石があるので慎重に。
下山の時、足を滑らせて怪我ということもあるので、杖は特に下りで必要です。

「落ちない城」なのに白旗(降参)かと思いきや、源氏の白い旗が由来となってます。

野呂利左衛門督休三さん[2017年12月02日]
【白旗城の支城、駒山城】
白旗城の南西約4㎞、上郡駅の北北東約2㎞のところの生駒山山頂部です(距離は直線)。大きくは堀切を挟んで本丸と二の丸に分かれますが、それぞれに腰曲輪があります。
本丸下には空堀もあります。この空堀と本丸には石積が一部残っており、瓦も出ていることから戦国時代にも用いられていたようです。

さて、この城、東西南北4つのルートがあります。私は東側から登り、南側から下山しましたが大変でした。東側ルートは入り口から井上古墳の看板まではルートがはっきりしていますが、後は下草はありませんが判別しづらいです。またほぼ直登なので傾斜は少しきつめです。尾根に出て城の方を望むと延々と岩場が続いています。
南側のルートは尾根筋なので結構緩やかですが2ヶ所ほど岩場を越えなければなりません。馬の蹄跡は所々窪みがありますが一枚岩なので、怖いことこの上ありません。(特に下山時)
北側のルートは他の山へ向かうルートです。
麓からの比高差は230mほどです。

白旗城の周辺観光情報

森林体験の森

人と自然の共生が実感できる場づくりを目指し整備を行っています。また、「上郡森林体験の森」内にあるワークハウスでは、林業体験・木工加工などができます。

詳細はこちら

宝林寺(円心館)

赤松則祐以降の播磨守護・惣領家が氏寺として庇護した臨済宗の寺院です。赤松氏とともに衰微しましたが、江戸時代以降は真言宗に改め、境内円心館で「赤松三尊像」が公開されるゆかりの寺院として、多くの人々が訪れます。

詳細はこちら

かみごおりさくら園

平成11年度に、森林景観促進環境保全事業により整備されました。河津桜をはじめ10種類、約1,000本のみごとな桜が美しい花をつけ、毎年さくらまつりが開催されます。

情報提供:上郡町役場産業振興課

詳細はこちら

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。