三日月陣屋(みかづきじんや)

三日月陣屋の基本情報

通称・別名

乃井野陣屋、三日月藩乃井野陣屋

所在地

兵庫県佐用郡佐用町乃井野966

旧国名

播磨国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

森長俊

築城年

元禄10年(1697)

主な改修者

主な城主

森氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)、移築物見櫓

指定文化財

再建造物

復元長屋、復元櫓門、復元門、説明板

周辺の城

福原城(兵庫県佐用郡)[7.3km]
利神城(兵庫県佐用郡)[7.9km]
上月城(兵庫県佐用郡)[9.9km]
山崎城(兵庫県宍粟市)[9.9km]
白旗城(兵庫県赤穂郡)[10.3km]

三日月陣屋の解説文

三日月陣屋(みかづきじんや)は、兵庫県佐用郡佐用町三日月にある日本の陣屋。別名を乃井野陣屋(のいのじんや)という。

歴史
1697年(元禄10年)に美作津山藩森家は無嗣断絶となった。その分家であった美作津山新田藩主森長俊は、播磨国佐用郡、揖西郡、宍粟郡65ヶ村1万5千石に領地替えされた。

翌1698年(元禄11年)に長俊は領地入りし、藩庁の陣屋と家臣屋敷の建設に着手した。その候補地が乃井野村であり、三日月陣屋である。1700年(元禄13年)にはほぼ完成した。以後森家は9代続き、俊滋の時明治維新を迎えている。戊辰戦争では官軍に付いて参戦している。

1871年(明治4年)の廃藩置県により、藩庁としての役目を終え解体された。その中で物見櫓と長屋は小学校に移築され、公民館として使用されていた。西法寺山門に陣屋正門として移築されている。

2003年(平成15年)、原位置に戻されて整備されている。

三日月陣屋の口コミ情報

銀英5ロイエンタール左近衛少将様[2012年12月03日]
中の見学は土日祝日で平日は休館です、リア攻めの際にはご注意を。

弾正尹M三郎様[2011年08月11日]
三日月陣屋は、津山森家転封に伴い、1700年頃に完成した近世陣屋です。陣屋は、山を背に設置され、往時には前面を巡る志文川を外堀とし、その間を郭内と称して家臣の屋敷を密集させ、陣屋正面の登城路には、郭内入口に桝形、中程に表門と堀を設け、防御性を確保していたようです。現在は、陣屋前面の堀発掘を機に、他に移築された物見櫓と長屋が戻され、楼門や橋も復元された姿に往時が偲ばれます。私がこの陣屋に惹かれるのは、森家の築城と言うことで、大好きな津山城とどこか面影が重なるからなのでしょうか

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore