上月城(こうづきじょう)

上月城の基本情報

通称・別名

太平山上月城(前期)、荒神山上月城(後期)

所在地

兵庫県佐用郡佐用町上月

旧国名

播磨国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

上月景盛

築城年

延元元年〔南朝〕/建武3年〔北朝〕(1336)

主な改修者

主な城主

上月氏、赤松氏、尼子勝久

廃城年

天正6年(1578)

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

福原城(兵庫県佐用郡)[3.4km]
福城(岡山県美作市)[6.1km]
飯盛山城(岡山県備前市)[8.4km]
白旗城(兵庫県赤穂郡)[9.1km]
利神城(兵庫県佐用郡)[9.3km]

上月城の解説文

上月城(こうづきじょう)は、兵庫県佐用郡佐用町(旧上月町)にある日本の城(山城)跡である。

延元元年(1336年)、赤松氏の一族・上月景盛(こうづき かげもり)によって築かれた。嘉吉元年(1441年)の嘉吉の乱により、赤松満祐に加担した上月景則(かげのり)やその甥・上月景家(かげいえ)らが幕府軍の追討を受け、上月氏の嫡流は滅亡。

以後、山名氏・赤松氏の攻防が繰り広げられ、弘治3年(1557年)、赤松氏から一門の赤松政元が置塩城から入城した。その子・赤松政範は、佐用・赤穂・揖東・揖西・宍粟の五郡を領し、「西播磨殿」と呼ばれたが、天正5年(1577年)、織田信長の武将羽柴秀吉の攻撃を受け、落城した。その後は宇喜多直家に属していた上月景貞(かげさだ)[4]が入城するも同じく秀吉の攻撃と配下の江原親次の謀反によって落城し、尼子勝久ら尼子党が入った。翌天正6年(1578年)、毛利輝元が率いる大軍に囲まれ、救援の羽柴秀吉も三木城攻略のため撤退、孤立した尼子勝久は毛利氏に降服し自害した。この時、山中幸盛(鹿介)も捕らえられ備後国鞆に移送途中、備中国高梁で誅殺された。その後、上月城は廃城となった。

現在は土塁・石垣・空堀などの遺構が残る他、本丸に赤松氏の供養塔、麓には尼子氏の供養塔が残されている。

上月城の口コミ情報

かよぱぱ右衛門佐様[2017年05月08日]
大河ドラマ「軍師勘兵衛」人気で案内板が整備されてますね。駐車場は広いです。本丸まで登ると堀切がよく残ってます。でもしんどい(;゜∀゜)

まるき〜淡路守様[2016年02月29日]
大河ドラマ軍師官兵衛放送時は毎日沢山の観光客が訪れたようです、
今は来る人も少なくゆっくり見て回れます。
駐車場は麓の資料館へ、パンフもここで頂けます。
登城口からボチボチ歩いても約15分ほどで山頂へ、急坂ではあるが整備されていて歩きやすいが一部倒木もあるので注意が必要!
主郭には赤松氏の慰霊碑と朽ち果てたベンチ、案内板がある
主郭の尾根づたいの奥の郭からは利神城が見える。
特に遺構とされるものは素人にはわかりにくい…(汗
主郭手前に堀切と書かれているのみ

ここに来て、毛利に囲まれながら見捨てられた尼子氏の無念を考えると恐ろしくなってしまいました…
麓に尼子氏の慰霊碑あり
資料館は土、日、祝日のみ
入館200円、内容はパネルでの佐用町付近の城案内と和紙関係、早瀬土の人形等
利神城の資料が200円で販売されていました。
この辺はコンビニや食堂、お店が少ないみたいなので腹ごしらえはここに来る前にして来た方が良いですよ。

カーネル様[2016年01月31日]
姫新線の上月駅からが一番近いのですが、姫新線の本数が少ない

智頭線で上月駅の1つ東の佐用駅に来ても、上月駅に移動するための姫新線が2時間ないので国道179号を歩く
ちなみにここは2度目なのですが、その時は上月駅から佐用駅まで歩いた(今回とは逆方向)
電車だとなかなかの難城です

歩道は広く安心。途中で「佐用城(福原城跡)」の看板があるので寄り道。国道から3分で着きます

見学したら国道に戻りひたすら歩く
国道179号を直進すると国道373号になり、線路を渡ってさらに進むと上月城の看板が出てきます

佐用駅を出て1時間半で資料館に到着。資料館前から登る。本丸はすぐだけど、城は細長ので本丸を超えてさらに奥へ行くと展望台があり利神城が見えます
ここに来る前に寄って来たので、先まであそこに居たと思うと感慨深い

いくつもの堀を越えて、日高の分岐(日高ってなんだ?って思いながら)で斜面を下るほうの道を選択して下山
上月駅へ着いたのは、佐用駅を出てから3時間弱

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

ポリタンク大和守様[2012年10月07日]
荒神山上月城の南西にある「目高の築地」は林道で分断されています。林道付近の看板としては北部分・南部分をそれぞれ「大成の北の砦」・「大成の南の砦」としています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore