上月城(こうづきじょう)

上月城の基本情報

通称・別名

太平山上月城(前期)、荒神山上月城(後期)

所在地

兵庫県佐用郡佐用町上月

旧国名

播磨国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

上月景盛

築城年

延元元年〔南朝〕/建武3年〔北朝〕(1336)

主な改修者

主な城主

上月氏、赤松氏、尼子勝久

廃城年

天正6年(1578)

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

碑、説明板

周辺の城

福原城(兵庫県佐用郡)[3.4km]
福城(岡山県美作市)[6.1km]
飯盛山城(岡山県備前市)[8.4km]
白旗城(兵庫県赤穂郡)[9.1km]
利神城(兵庫県佐用郡)[9.3km]
三日月陣屋(兵庫県佐用郡)[9.9km]
竹山城(岡山県美作市)[14.9km]
感状山城(兵庫県相生市)[15.7km]
三星城(岡山県美作市)[16.9km]
鴾ヶ堂城(兵庫県赤穂市)[18.1km]

上月城の解説文

上月城(こうづきじょう)は、兵庫県佐用郡佐用町(旧上月町)にある日本の城(山城)跡である。

沿革
延元元年(1336年)、赤松氏の一族・上月景盛(こうづき かげもり)によって築かれた。嘉吉元年(1441年)の嘉吉の乱により、赤松満祐に加担した上月景則(かげのり)やその甥・上月景家(かげいえ)らが幕府軍の追討を受け、上月氏の嫡流は滅亡。

以後、山名氏・赤松氏の攻防が繰り広げられ、弘治3年(1557年)、赤松氏から一門の赤松政元が置塩城から入城した。その子・赤松政範は、佐用・赤穂・揖東・揖西・宍粟の五郡を領し、「西播磨殿」と呼ばれたが、天正5年(1577年)、織田信長の武将羽柴秀吉の攻撃を受け、落城した。その後は宇喜多直家に属していた上月景貞(かげさだ)が入城するも同じく秀吉の攻撃と配下の江原親次の謀反によって落城し、尼子勝久ら尼子党が入った。翌天正6年(1578年)、毛利輝元が率いる大軍に囲まれ、救援の羽柴秀吉も三木城攻略のため撤退、孤立した尼子勝久は毛利氏に降服し自害した。この時、山中幸盛(鹿介)も捕らえられ備後国鞆に移送途中、備中国高梁で誅殺された。その後、上月城は廃城となった。

現在は土塁・石垣・空堀などの遺構が残る他、本丸に赤松氏の供養塔、麓には尼子氏の供養塔が残されている。

上月城の口コミ情報

2020年08月16日 ソバッソMG77.9
仁位山城[上月城  周辺城郭]



先人さま
スポット登録ありがとうございます。
便乗させて頂きます。


この付城跡、有り難いのはクルマで城域に取り付ける事です。テレビ塔整備の為に林道が付いています。悲しいかな、林道が畝状竪堀を横方向に分断してしまっていますが、おかげで車中から非常に明瞭な竪堀を見学する事が出来ます。アレはドライブスルー竪堀です(どのくらいドライブスルーなのか、敢えて写真にサイドミラーを入れて写しましたので、ご確認下さい)。

竪堀群以外の特徴として
北側に4つの支尾根が延びまして、それぞれ段郭、3重堀切で完全シャットして対応。
東側は尾根伝いに2キロ進めば新旧高倉山城跡があります。羽柴秀吉が入ったと信長公記にあるようで、仁位山城から東の設備がムチャクチャ強固でない事から、同付城は織田の陣城と考えられているのではないでしょうか。
ただ先人さまもご指摘通り、おびただしい畝状竪堀の数から察するに、毛利ーニョのエッセンスがプンプン漂います。なので一次は織田、二次は毛利が接収?的なアレなんじゃないかな?とも思ってしまいます。

平坦地は削平が甘く、明瞭なのは端っこくらいです。陣城感がします。
あと上月城跡とは川を挟んで目と鼻の先。緊迫感もヒリヒリ伝わります。南側から迎撃するプランだとして、出撃プランはどちらだったのか、気になります。
しかし県境というか土地の境目は激戦区
発達した城郭がいっぱいありますね。

蚊とアブとハチに取り付かれないよう、スプレー振って、極力足を止めずに散策して下さい。害獣ゲートから城域西側の駐車場までは5分。ウネウネいっぱい。

上月城跡とセットで行くべし。オススメです。

2020年01月18日 利右衛門弾正尹
上月城

土曜日でしたので資料館入ってきました。
広くはないですが 上月城の説明はもとより、福原城(佐用城)はじめ まわりの城跡の説明もパネルで丁寧に展示してました。あとは土人形の展示と地元の和紙の展示がありました。
窓口の方に上月城のことたずねると平面図の書いてあるパンフレットをくれて 頂上まで15分ほど下山道を下りて30分で帰れる、下山道を下りずに尾根づたいに行くと三時間コースになるよ、気を付けて、と教えていただきました。
下り道はクチコミを読んでて助かりました。
特に冬なので枯れ葉が多く どれが道⁉ というくらいわかりずらく かなり慎重に下りました。
下りてからの道は車道にでなくても草ボーボーではなく
歩けるようになってました。
資料館のおじさんにお礼を行って お手洗いを使わせてもらい後にしました。

2020年01月08日 西市正紫雲
仁位山城[上月城  周辺城郭]



むしろこっちの方が楽しいかも①

天正五年に、上月城の赤松氏を攻めるための秀吉の陣城と言われてたらしいですが、現地は毛利のフレグランスが強く漂っております。間違いない。

毛利衆と、土派の方におすすめ。

畝状竪堀は、どうやら三種はあるそうで、……詳しくは説明板を見てくだされ。
「地山を削って曲輪を造り、曲輪切岸横堀の下に畝状竪堀」書いててわからない。
見た方が早い。
とにかく要塞感が半端ない。
井の内城より、大きくて見やすい。
名物「畝の輪切り」は、巨大かまぼこ。
竪堀の頂部には「あたり」の兵士がおりますので、どの畝を登るかで今日の運勢を占ってください。

遊び心のある丁寧な整備状態は素晴らしい。

入り口フェンスのノートに「上月城より楽しいかも」と書いてあげると、喜んでいただけるかもしれない。




2019年09月10日 (*¯ ³¯)っ旦
上月城

登り口から丁寧に看板があり、すごい親切で手入れも行き届いていると思います。
下山道までは…

二重堀切を二つ超えて尾根から外れて下山しだすと突然、不親切になります。
足元はズルズルに滑るのは仕方ないにしても、下山しきると草はボーボー。
途中に橋がありますが、
下山道は橋を渡らずに直進になっていますが、直進すると草叢に阻まれます。
冬ならともかく、背丈より高い草、草に張った蜘蛛の巣。
とても突破する気になれませんでした。
ここは橋を渡って背の低い草原を横切って一般道に出るのが正解です。
でたら道には「搦手入口」になっていました。
そこから最初の登り口まで
徒歩10分強です。

おそらく橋のところの下山道の矢印が45°首を振っているんだと思います。

城の遺構は本丸周辺の曲輪、本丸を越えた先の堀切などはなかなか良いと思います。

時間に余裕のある方は
本丸☞二重堀切で下山道へ行かず
土橋の尾根を進むと柊神社がありますが、
スルーして尾根を進むと
林道と後山・目高の築地の分岐点に出ます。
直進が林道、
左手側にも砦跡、右手側が本格的な目高の築地と呼ばれる砦跡があります。

砦跡を経由してアスファルト道から目高集落〜寄延集落〜登り道の資料館へ戻れます。

近くの二位山城もなかなかすごい遺構が残っているようです。

2019年09月07日 大納言織田晃司
上月城

リア攻めには上月歴史資料館の駐車場を利用。歩いてすぐ上月城登城口があります。

上月城から利神城も眺める事ができます。

織田と毛利のはざまで落城の憂き目にあった城で、本丸には赤松氏の供養碑が、麓には尼子勝久と山中鹿之介の供養碑があります。

2019年03月26日 KAZ治部卿正勝
上月城

続き…
主郭の供養碑にご挨拶して今度は峰の
曲輪を移動して下山道側の堀切までは
5分ぐらい…
上月城は西側以外は意外と急斜面!
やぱ!こっちの峰から攻めるよなーって
僕でもわかるのでこっち側の堀切は凄い!
特に、堀切からの竪堀は…
ひょえー(((o(*゚▽゚*)o)))って感じです!
んで、遊歩道途中に看板があるので
別れて下山ですが、こっち側の方が
登りより急斜面で注意が必要です。
駐車場側の供養碑まで約15分ですが
投稿写真にある様に途中の道が雨で
崩れてました。(>_<)
通れない事は無いですが舗装路が見えたら
そっちに向かう方が無難だと思います。
最後に…
歴史資料館の情報をだれかプリーズ!
(=゚ω゚)ノ


2019年03月26日 KAZ治部卿正勝
上月城

ゆーめーな合戦があったお城なのに…
口コミがゼロっすか!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
って事で!一番槍いただきまーす(^O^)/
国道373号からの入り口は看板があるので
わかりやすいと思いますが、普通車1台分
しかない細い道です。
直進300mで上月歴史資料館が駐車場に
なります。
資料館は土日祝日のみの開館でしたので
平日訪問の僕は入れませんでした。(T-T)
向かいの説明看板3枚の右手が登城口!
主郭まで380m登り約10分ぐらいですが
途中のベンチがあるトコが休郭との事
帯曲輪っぽい工作地が確認出来ます(^-^)
その先の堀切では看板があるのでわかりやすいっす(^O^)/
主郭でも説明看板があるし、秀吉軍の高倉山方向や毛利軍の布陣もわかりやかったです。(^O^)/
やっぱ!木の葉が無いとイイっすね!
夏は周りの山とかが見づらいかもです
σ(^_^;)


「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore