利神城(りかんじょう)

利神城の基本情報

通称・別名

雲突城、平福城

所在地

兵庫県佐用郡佐用町平福

旧国名

播磨国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

型式不明[3重/1606年築/破却]

築城主

別所敦範

築城年

正平4年〔南朝〕/貞和5年〔北朝〕(1349)

主な改修者

池田由之

主な城主

別所氏、宇喜多氏、池田氏

廃城年

寛永8年(1631)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(利神城跡)

再建造物

周辺の城

福原城(兵庫県佐用郡)[6.0km]
三日月陣屋(兵庫県佐用郡)[7.9km]
竹山城(岡山県美作市)[8.6km]
上月城(兵庫県佐用郡)[9.3km]
福城(岡山県美作市)[11.9km]
長水城(兵庫県宍粟市)[13.7km]
白旗城(兵庫県赤穂郡)[15.4km]
山崎城(兵庫県宍粟市)[15.5km]
飯盛山城(岡山県備前市)[17.6km]
感状山城(兵庫県相生市)[19.6km]

利神城の解説文

利神城(りかんじょう)は、播磨国佐用郡平福(現在の兵庫県佐用郡佐用町平福)に存在した日本の城(山城)。平福は朝霧の名所であり、江戸時代初期には天守がありその姿が霧の上に浮かんだ偉容から雲突城とも呼ばれた。

概要
因幡街道の宿場町として栄えた平福宿の北東に位置する利神山(標高373m)山上にある連郭式の山城である。最高所に本丸があり、本丸を中心に南側に二の丸、更に南の下った場所に馬場、北東に鴉丸、西に大坂丸、西側のずっと下ったところに三の丸が配されていた。

平成29年10月13日、国の史跡に指定された。

歴史
南北朝時代の貞和5年、正平4年(1349)に赤松氏一族の別所敦範によって築城された。赤松氏の居城であった白旗城の北の守りとしての役割を成していた。嘉吉元年(1441)に起こった嘉吉の乱によって赤松氏と共に別所氏も一旦は滅亡した。その後、文正元年(1466)別所氏後裔の別所治定が城を奪回した。

戦国時代に入り織田信長家臣の羽柴秀吉が中国攻めに進攻すると時の城主別所定道は羽柴氏に恭順の意を示した。病弱な兄に代わり城主となった林治は本家筋にあたる三木城主別所長治が織田氏に反旗を翻すとこれに従った。このため、天正6年(1578)織田方に属していた上月城主尼子勝久と家臣の山中幸盛に攻められ落城した。同年、上月城が毛利氏に攻められ落城すると、利神城は毛利方に属していた宇喜多直家の所有となった。宇喜多氏はその後、羽柴氏に従ったため慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いまで宇喜多氏の所有であった。宇喜多氏は西軍主力であったため改易となった。

関ヶ原の戦いの後、播磨には池田輝政が入封し、慶長6年(1601)輝政は甥の由之に平福領2万2千石を分与した。この地に入封した由之は5年の歳月を要して城を大改修した。三重の天守を構え、曲輪を全て石垣で築き回廊で結んだ。また、山麓に城主屋敷、武家町、街道沿いに町人地を設け城下町を整備した。城を見た輝政はその豪壮さに驚き、江戸幕府の警戒を恐れて天守の破却を命じたとされる。由之は慶長14年(1609)に備前国下津井城の城番として転出し、この時点で三重天守など主要建造物は取り壊されていた。元和元年(1615)輝政の6男輝興が2万5千石を与えられ平福藩が立藩し城主となった。

寛永8年(1631)輝興は兄の政綱が継嗣無くして死去したことにより赤穂藩を嗣いだため、平福藩は廃藩となり利神城も廃城となった。以後、この地には旗本松平氏の所領となり宿場町の一角に代官の陣屋が構えられた。

平成27年度から石垣の修復や城址の整備などに取り掛かる

御殿屋敷跡
佐用豪雨の復旧と調査で、礎石・掘立建物・堀などの遺構の他、瓦や陶磁器などの生活遺品を発見した。
...

利神城の口コミ情報

2019年09月14日 大納言織田晃司
利神城

前の方も言ってますが基本、登城は禁止です。登城は自己責任となります。
登城口、登山道もわかりにくく、一人で登ると迷う恐れがあります。

長年放置されていたせいか石垣は崩落。「扇の勾配」ならぬ「逆扇の勾配」(石垣の孕み)となってます。

平福駅の側に石垣。道の駅の側に奉行所跡があります。

道の駅には鹿の肉を使ったコロッケを食べることができます。

2017年に国の史跡に認定されて整備が加速すると思いますが、手を加え過ぎないことを望みます。

2019年09月10日 (*¯ ³¯)っ旦
利神城

基本方針は登城禁止です。
登城は事故、怪我などは各々の責任です。

登る際には必ず空を見て積乱雲などが無いか、雲の走りが早く無いか、確認してください。
私が登った時も雨予報30%でしたが、下山して2時間後に急に曇ってきたと思ったら、あっという間に物凄い雨が降ってきました。
お城といっても天気の変わりやすい高地の山間のお城ですので!

ザラ土なので滑りやすいです。
正直言いまして、山城に慣れていない人は下から登ってはいけない城です。
下から登るときはそれなりに危険ですが、降りるときにも勢いがついて滑り落ちる危険があります。
天神橋の所から登り降りするときは
途中、道というより足を掛ける幅しかないような所もあります。

本丸に関しては
石垣が落ちてくるかどうかは運です。
やってはいけないのは
草がボーボーだからといって石垣の端を歩いて足を踏み外して落ちたり
草ボーボーですから落石の上を歩いていて、足首をグキッとやったりする事ですね。

あと私が登った後に3人来られましたが
1人が「降り口どこやった?」
ってなっていました。
私もヤバかったです。
今の草ボーボー状態では、本当にわからなくなる可能性があります。
夏は緑が美しいですが、道に迷わないように冬にも来るのが良いです。

本丸の遺構は大変に素晴らしいです。

それと南の端の「利」「神」「城」の看板のところの遺構は良いと思います。

もう一度、書きます。
下から登るときは危険です。
動物にも気をつけろ!
私が確認したのは鹿、蛇です。

2019年05月27日 天道宮内卿早雲
道の駅展望台・説明板[利神城  碑・説明板]



道の駅第二駐車場からの展望台
説明板も丁寧でわかりやすいです。
宮本武蔵のことも書かれています。

2019年04月23日 龍馬太閤【備中の麒麟】
二の丸[利神城  遺構・復元物]



段に連なる二の丸の孕んだ石垣☆崩落していく石垣は歴史の深さを感じさせる☆
別名・雲突城☆赤松氏一族の別所敦範により築城☆赤松氏の居城の白旗城の北の守りとしての役割を成す☆

【見所】
①三の丸から見た聳え立つ主郭♪
②主郭下の枡形♪
③馬場からの主郭☆万里の長城の様♪
④城郭麓にある武家屋敷跡の石垣♪
⑤城郭麓にある道の駅平福♪蕎麦うまし♪

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore