下津井城(しもついじょう)

下津井城の基本情報

通称・別名

所在地

岡山県倉敷市下津井吹上2

旧国名

備前国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

不明

築城主

宇喜多秀家

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

池田長政

主な城主

宇喜多氏、池田氏

廃城年

寛永16年(1639)

遺構

石垣、土塁、伝移築門(正福寺)、井戸

指定文化財

県史跡(下津井城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

笠島城(香川県丸亀市)[5.3km]
塩飽勤番所(香川県丸亀市)[6.0km]
常山城(岡山県玉野市)[12.6km]
手島城山城(香川県丸亀市)[13.3km]
天城陣屋(岡山県倉敷市)[13.9km]

下津井城の解説文

下津井城(しもついじょう)は日本の城。

概要
南側に下津井の町並みを見下ろす丘陵の上にある。連郭式の平山城であり、西より西の丸、二の丸、本丸、三の丸、中の丸、東の丸が直線的に配されている。また、小さいながらも本丸には天守があった。城の北側の丘陵に侍屋敷が配されていた。江戸時代初期に廃城となったため遺構としては石垣、土塁が残っているのみである。なお、倉敷市天城の正福寺に城門が移築され現存していると伝えられている。

沿革
文禄年間(1592年 - 1596年)に、宇喜多秀家が築城。城主に浮田家久が入る。
慶長8年(1603年)池田忠継が岡山藩主となり、赤穂城代池田長政を普請奉行に改修を行う。
慶長12年(1607年)改修が完了。長政は駿府城からの帰途、病没し完成を見ることはなかった。
慶長14年(1609年)池田之助の長男で輝政の甥由之が利神城より城代として転出し、引き続き3万2千石を拝領する。
慶長18年(1613年)輝政の死に際し、由之は明石城に移る。
寛永9年(1632年)由之の子で米子城代で3万2千石取りの出羽守由成が、岡山藩・鳥取藩国替えに伴い城代となる。
寛永16年(1639年)一国一城令により廃城となる。なお、由成は岡山藩家老として天城に陣屋を構え移った。
昭和43年(1968年)7月19日、岡山県指定史跡となる。

参考文献
岡山県高等学校教育研究会社会科部会歴史分科会/編 『新版 岡山県の歴史散歩』 山川出版社 1991年 91-92ページ
西ヶ谷恭弘/編 『定本 日本城郭事典』 秋田書店 2000年 307ページ

下津井城の口コミ情報

正和様[2010年07月03日]
城跡の下(下津井港)には、お台場跡が残っています。池田時代には3カ所有りました。 1ヶ所から当時の大砲玉(銅製15Cm位)がでてきました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore