駿府城(すんぷじょう)

駿府城の基本情報

通称・別名

府中城、静岡城

所在地

静岡県静岡市葵区

旧国名

駿河国

分類・構造

輪郭式平城

天守構造

型式不明[階層不明/1589年頃築/焼失(失火)]、不明[階層不明/1608年再/焼失(火災)]、層塔型?[7階/1610年再/破却]

築城主

徳川家康

築城年

天正13年(1585)

主な改修者

徳川家康

主な城主

徳川氏、中村氏、内藤氏(松平氏)

廃城年

明治2年(1869)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)

指定文化財

再建造物

櫓、門、石碑、説明板

周辺の城

賤機山城(静岡県静岡市)[1.7km]
安倍城(静岡県静岡市)[4.9km]
瀬名館(静岡県静岡市)[5.5km]
丸子城(静岡県静岡市)[5.9km]
持船城(静岡県静岡市)[6.5km]

駿府城の解説文

駿府城(すんぷじょう)は駿河国安倍郡府中、現在の静岡県静岡市葵区にあった日本の城である。別名は府中城や静岡城など。

江戸時代には駿府藩や駿府城代が、明治維新期には再び駿府藩(間もなく静岡藩に改称)が置かれた。

概要
14世紀に室町幕府の駿河守護に任じられた今川氏によって、この地には今川館が築かれ今川領国支配の中心地となっていた。今川氏は隣接する甲斐国の武田氏、相模国の後北条氏と同盟を結び領国支配を行ったが、16世紀には甲斐を中心に領国拡大を行っていた武田氏との同盟関係が解消され、武田氏の駿河侵攻により今川氏は駆逐され、城館は失われた。

今川領国が武田領国化されると支配拠点のひとつとなるが、武田氏は1582年(天正10年)に織田・徳川勢力により滅亡し、駿河の武田遺領は徳川家康が領有した。徳川氏時代に駿府城は近世城郭として築城し直され、この時に初めて天守が築造されたという。その後1590年(天正18年)には、豊臣政権による後北条氏滅亡に伴う家康の関東移封が行われ、徳川領国と接する駿府城には豊臣系大名の中村一氏が入城する(甲斐の甲府城にも、同様に豊臣系大名が配置されている)。

江戸時代初期、家康は徳川秀忠に将軍職を譲り、大御所となって江戸から駿府に隠居した。ただし名目上は家康の子の頼宣による駿府藩50万石、ということになっている。このとき駿府城は天下普請によって大修築され、ほぼ現在の形である3重の堀を持つ輪郭式平城が成立した。天守閣は、石垣天端で約55m×48mという城郭史上最大のものであった。しかし1607年(慶長12年)に、完成直後の天守や本丸御殿などが城内からの失火により焼失した。その後直ちに再建されたが、1610年(慶長15年)再建時の天守曲輪は、7階の天守が中央に建つ大型天守台の外周を隅櫓・多聞櫓などが囲む特異な構造となった。

1616年(元和2年)に駿府城で家康が没するまでの大御所政治時代、駿府は江戸と並ぶ政治・経済の中心地として大いに繁栄した。

現在では、天守・櫓・門などの建造物や三重の堀のうち外堀の三分の一と内堀(本丸堀)は埋め立てられて現存していないが、残された中堀・外堀の石垣が往時の姿を留めている。また、外堀と中堀の間にある旧三ノ丸には官庁や学校などの公共施設が立地し、中堀の内側にある旧二ノ丸・本丸は「駿府城公園」として整備されている。

1989年に市制100周年の記念事業として二ノ丸南東の巽櫓(たつみやぐら)が、1996年には東御門(櫓門)と続多聞櫓が日本古来の伝統的在来工法によって復元された。内部は資料館となっており見学することができる。なお、天守台は明治時代に陸軍歩兵第34連隊を誘致する際に破壊されたが、同時に埋められた内堀(本丸堀)は部分的に発掘され保存されている。また、2014年(平成26年)3月末には二ノ丸南西角に坤櫓(ひつじさるやぐら)も復元された。

2016年(平成28年)8月より天守台の発掘調査が始まった。調査は2020年2月まで行われ、石垣の状態確認や学術データの採取が実施される。

大工棟梁
1610年(慶長15年)再建時の大工棟梁(大棟梁)は中井大和守正清であった。また、地元の大棟梁華村長左衛門尉正重とその子孫10代が、幕末まで同城の修復を手掛けている。...

駿府城の口コミ情報

くりぼーず武蔵守太郎様[2017年05月27日]
天守台発掘調査されていました。
新たな発見があるのかな。?
現場見学ゾーンは9:00~16:
30とのこと。

17時過ぎに来てしまったので、本日は入れず残念。!!

まるき〜淡路守様[2016年08月09日]
当時使われていた工法を用いて復元された坤櫓(ひつじさるやぐら)の内部構造が二階の床を抜いたりガラス張りにしたりして見える演出がされており木の組み方や建築方法等に興味がある方向けの展示となっているのかな?

坤櫓の入り口で構造がよりよく理解できる5分ほどのビデオが用意されています。面倒ではあるが…

ガイドさんは、しきりに6億、6億と、この櫓の建築費用を連呼、また妙に徳川贔屓(に感じる)な案内も地元愛?を感じました。
東御門、巽櫓内にはパネル展示やジオラマがあり。

県庁別館の21階に行くと無料展望台があり駿府城一帯を一望できます。

櫓内の見学は東御門、巽櫓、坤櫓の共通券を購入、大人360円

静岡文化会館前地下駐車場を利用しました。

先日、坤櫓を巽櫓と勘違いして口コミをあげていましたので訂正して再度アップしています。
イイネをつけて下さった方、本当に申し訳ありませんでした。

鶴亀仙人様[2016年04月04日]
ハッピーマンデー以外の月曜日は定休日なので、100名城スタンプは場内では押せません。向かいの静岡市役所の公園整備課に行けば同じスタンプが押せます。

maria右兵衛督様[2016年03月05日]
明日、静岡マラソン開催のため、3/5と明日、駿府城周辺はゴチャゴチャします。

おクルマでの来静はオススメいたしません。

maria右兵衛督様[2016年02月11日]
現在の静岡市立病院とNHKを繋ぐ感じで、かつて木造の橋が架けられていたそうです。

いつからいつまであったのか、これから調べてみますが。

痕跡は今もあるというので、実地検証に行きます。

マスボ安房守マスボ様[2016年01月02日]
100名城スタンプ、年末年始は巽櫓お休みのため、スタンプを押した紙が配布されてます。
あと、葵区役所一階ロビーにスタンプ設置されてます。

león伊豆守大途様[2015年05月28日]
発掘調査の結果、現在のところ今川氏館の所在地は静岡市立病院あたりと推定されています。
今川氏館自体は室町時代の守護館(武田氏館等)と大差ないつくりだったと思われます。
しかし少なくとも義元の代には東に愛宕山城、北に賤機山城、西に用宗城・丸子城、南に八幡山城を配し、今川氏館を中心にした城郭防衛網が形成されている事が確認されます。

城めぐに登録されていない城跡ですが、愛宕山城には曲輪や堀切等が残っておりオススメです。
尚、愛宕山城麓の龍雲寺には“女戦国大名”として有名な寿桂尼の墓があります。

まー宮内卿様[2015年05月24日]
城内にある土山は昨年オープンした坤櫓で掘った土の山です。係りの人に聞いたら城内で出たものは外にだして処分できないそうです。また天守再建計画が浮上してるそうです。前回訪城した時になかった坤櫓は入場料100円です。また櫓内では今昔スコープ体験が出来ます。500円。日本初の試みでゴーグルをかけ耳にはイヤホンを付けると音声案内がある。
中々面白い企画で一度体験するといいでしょう。

maria右兵衛督様[2015年05月17日]
公園内のカラー舗装の部分が堀に相当するそうです。

静岡雙葉学園と静岡聖母幼稚園の間にある、凱旋橋は日露戦争後新設されました。これは、明治生まれの亡き祖母から聞いた話。

田部朝臣土持左衛門佐様[2015年01月04日]
年末年始もお休みでした。スタンプは完全に無理

伊豆守やっし様[2014年12月09日]
100名城スタンプについて
月曜日はお休みで、市役所7階まで足を運ぶ必要があります。また、年末年始もお休みの可能性があります。

刑部少輔緑木様[2014年06月10日]
街の中心部にあり、公園化していて市民の憩いの場になっております。城内にある東御門や巽櫓、坤櫓の内部は一見の価値あり。
江戸幕府を開いた家康が晩年に過ごし、最後の将軍慶喜が明治を生きた地という事で、駿府地区巡りがいのある場所だと思います。

みのみの飛騨守@夏バテ大将様[2014年04月17日]
2014(平成26)年4月3日に、坤櫓のオープンセレモニーが開かれ、入館料大人100円(子供半額)にて見学できるようです。巽櫓等の入館料とは別途扱いです。

駿府城周辺には駐車場がなく、市民文化会館有料地下駐車場を利用するしかありません。

参議一之介様[2014年03月29日]
写真を撮ろうとすると、周辺の高層建築物が邪魔をするアングルが多いです。非常に残念です。特に静岡県警の建物が。
建てるときにもう少しなんとかしてほしかったと思います。

大宰大弐川より河。様[2014年01月04日]
県庁別館21Fが展望室として開放されています。
輪郭式縄張りをご堪能下さい。

尾張守ひろっちぃ様[2013年09月01日]
駿府城公園は東御門と巽櫓が復元されており200円で見学できます
また駿府城公園内にある紅葉山田園とのセット券は300円です。
東御門と巽櫓があるほかは再現された建物はなくほぼ普通の公園といって良いぐらいです。
天守閣は取り壊され天守台すら残されておらず昔あった跡に説明書きの書かれた案内版があるのみです

ぽえぞお弾正少弼黄金旅程様[2013年01月13日]
駿府城公園で攻略・登城(≧ε≦)スタンプゲト◎
20城目…(^_^;)
一度来た城に再度、スタンプ押しに来るのは結構哀しいものが…(ノ△T)

tomm加賀守様[2010年10月07日]
市民文化会館の地下駐車場は朝8:30からなので注意して下さい。
100名城スタンプはチケット売場の窓口で。
昨年末にはカレンダーが頂けました
また県庁別館(警察署)の21階展望室からは駿府城跡や富士山が一望できます

地震で崩れた石垣のおかげで観光客が増えたらしい(窓口の方・談)ですが、早く直るといいですね〜

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月21日]
[武将像]徳川家康像
甲冑鷹狩像(大御所期)が本丸跡に鎮座。
最近、静岡駅前に竹千代君像(幼年期)と甲冑差配像(駿遠三甲信大名期)ができ、駿府で過ごした三期の像が揃い踏み。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore