高崎城(たかさきじょう)

高崎城の基本情報

通称・別名

(和田城)

所在地

群馬県高崎市高松町

旧国名

上野国

分類・構造

梯郭式+輪郭式平城

天守構造

独立式層塔型御三階櫓[3重3階/1597年築?/破却]

築城主

井伊直政

築城年

慶長2年(1597)

主な改修者

安藤重信

主な城主

井伊氏、諏訪氏、松平氏、安藤氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

乾櫓、移築門(東門)、土塁、横堀(水堀)

指定文化財

県重要文化財(乾櫓)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

倉賀野城(群馬県高崎市)[5.3km]
北新波砦(群馬県高崎市)[5.3km]
島名城(群馬県高崎市)[5.3km]
山名城(群馬県高崎市)[5.7km]
奥平城(群馬県高崎市)[6.3km]

高崎城の解説文

高崎城(たかさきじょう)(旧名:和田城)は日本の城。江戸時代は高崎藩の藩庁となった。

概要
高崎城は烏川に沿って築城された輪郭梯郭複合式の平城である。本丸には御三階櫓(天守)と乾(いぬい/北西)、艮(うしとら/北東)、巽(たつみ/南東)、坤(ひつじさる/南西)の4基の隅櫓があった。現存するのは乾櫓(県重文指定)のみである。本丸を囲むように、西の丸、梅の木郭、榎郭、西曲輪、瓦小屋があり、二の丸、三の丸が梯郭式で構えられていた。城の周りは土塁で囲まれ、石塁はほとんど造られなかった。かつて城内には本丸門など16の門があり、通用門として使われていた東門(市の重要文化財)だけが移築復元されて現存している。また、三の丸土塁と水堀は現在の町並みにも活きており、当時の面影を今に伝えている。

現在城址は市街化が進み、超高層21階の市役所や音楽センターなど公共施設が多く並ぶ。お堀の周辺は高崎城址公園として、約4.9haが整備されており春には約300本のソメイヨシノやツツジが満開となる。城を囲む土塁の上は遊歩道になっている。

歴史・沿革
和田城時代
高崎城の地には古くは和田城と呼ばれる城があった。和田城の創建は古く、平安時代末期に遡り、この地の豪族和田義信が築城したと言われる。

室町時代になり関東管領の支配するところとなると、和田氏は管領の上杉氏に帰属した。永禄4年(1561年)当時の城主和田業繁は帰属していた上杉謙信に反旗を翻し、武田信玄についた。和田城は上杉勢の度々の侵攻によく耐えた。その子、和田信繁は、北条氏に属した。天正18年(1590年)豊臣秀吉の小田原攻めの際には小田原城に籠城した。和田城の留守を預かる信繁の子・兼業は、前田利家・上杉景勝等の連合軍に大軍をもって包囲され、4月19日(新暦5月22日)に落城し、廃城となった。

高崎城
小田原攻めの後、関東には徳川家康が入部した。家康の関東入部とともに箕輪城主となっていた井伊直政は、慶長2年(1597年)家康の命により、和田故城の城地に近世城郭を築いた。この地は中山道と三国街道の分岐点に当たる交通の要衝であり、その監視を行う城が必要とされた為である。翌、慶長3年(1598年)直政は箕輪城から築城中の高崎城に移った。直政は入城に際し、当地を「高崎」(高崎市内の竜広寺の住職が当初、江戸幕府が松崎と命名しようとしたときに高崎と名付けたほうが縁起がよいとのことで)と名付けたとされている。箕輪より町家や社寺を移して城下町を築いた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、直政は近江国佐和山城に移封となった。その後は、諏訪氏、酒井氏、戸田氏、松平(藤井)氏、安藤氏、松平(長沢・大河内)氏、間部氏、松平(長沢・大河内)氏と譜代大名が目まぐるしく入れ替わり、明治維新を迎えた。最後の藩主は輝声(てるな)である。
松平(長沢・大河内家)は歴代幕府要職に就くものが多かった。

元和5年(1619年)に入城した安藤重信は城の改修に着手した。以後、3代77年間をかけて大改修され近代城郭が整備された。
寛永10年(1633年)には、実兄である3代将軍徳川家光の命により、この城に幽閉されていた徳川忠長が当城で自裁した。...

高崎城の口コミ情報

すずママ右馬頭要害情報屋様[2016年06月26日]
NTT群馬支店がある場所が本丸(本城)にあたります。武家諸法度により土塁を盛った上に三階櫓がたっていたそうです。

城の西に流れる烏川が天然の要害、また、長野氏が北新波砦の西にある榛名白川から長野堰用水を引いたといわれ、井伊直政はこの用水を延長し高崎城の周囲を囲むお堀と城下町で使う水を確保しました。また、箕輪城から職人、商人、寺院が移り城下町を形成しました。
城下町の構造は小田原城に似ていて、他には彦根城が小田原城に似ているそうです。これは井伊氏が合戦への参戦の場で学習したことが築城に影響しているそうです。


平成28年5月 「世界かんがい施設遺産」の国内候補に「長野堰用水」が決定しました。

まー宮内卿様[2016年01月01日]
高崎市役所の公開展望所(無料)から見下ろすと土塁やお堀がよく見えます。三の丸土塁は市役所すぐそばにあります。

牢屋見廻り同心マダオ様[2015年02月21日]
高崎城下、あら町にある諏訪神社には真田氏由来の宝石が祀られてます。諏訪神社を信仰する真田氏によって信州諏訪より勧請した宝石を箕輪城下の下ノ社に祀り、その後箕輪城に入部した井伊直政が高崎城に移る際に箕輪城下より下ノ社を勧請したのが諏訪神社の始まりで、その時に宝石も移されました。

ばっち上野介こーい様[2011年07月26日]
長松寺はいくべき

傾奇揚げ仙兵衛様[2010年08月23日]
達磨弁当と旅がらすでしょう。旅がらすはホワイトクリームを薄いウエハースで挟んだヤーツ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore