山名城(やまなじょう)

山名城の基本情報

通称・別名

寺尾下城、下城、前城

所在地

群馬県高崎市山名町前城

旧国名

上野国

分類・構造

山城

天守構造

不明

築城主

尹良親王

築城年

応永2年(1395)

主な改修者

主な城主

山名氏、木部氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)、竪堀

指定文化財

市史跡(山名城址)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

倉賀野城(群馬県高崎市)[2.2km]
高崎城(群馬県高崎市)[5.7km]
藤岡城(群馬県藤岡市)[5.8km]
奥平城(群馬県高崎市)[5.9km]
島名城(群馬県高崎市)[6.4km]

山名城の解説文

山名城(やまなじょう)は、上野国多胡郡(現・群馬県高崎市山名町前城)にあった戦国時代の日本の城(山城)である。別称として前城、寺尾下城ともいわれる。

概要
烏川と鏑川に挟まれた片岡丘陵の東南端付近に位置する山城である。

東西に続く尾根の一部を堀切で城郭化しており、南北130m・東西450mに広がる。また西側の尾根続きで、城から北東700mには根小屋城が存在する。

築城は応永2年(1395年)で、当時尹良親王の拠っていた寺尾城(寺尾中城)の東南城塁として築かれた。別名の寺尾下城はこの寺尾中城や寺尾上城(乗附城)との対比に由来する。その後、武田信玄が北西に根小屋城を築城したことでその支城として使用された。もう一つの別名の前城は、根小屋城の前にあることに由来する(『日本城郭大系』)。

この地域は山名氏の由来たる多胡郡山名郷に比定されており、この城も山名義範が築いて山名氏の代々の居城であったとする伝承(源義家の孫、新田義重の子義範はこの山名城に拠って山名氏と称し、以後八代、山名城を護ったという。)もあるが、確証が無く詳細不明である。

城郭構造は天正時代の囲郭式の様相を残し、戦国時代に改修されたことを示している。

戦国時代を通じて、東の木部氏館(現・群馬県高崎市木部町の心洞寺)にいた土豪木部氏が拠る要害城であった。木部氏は武田氏・滝川氏・後北条氏と主家を変えて存続していたが、天正18年(1590年)に豊臣秀吉が北条氏直を攻撃した際北条側に付いたため滅亡し、山名城の消息は不明となった。これ以後に廃城となったとされる。

本丸は公園として整備されている。また南側の中腹には山ノ上古墳と山ノ上碑が存在する。

参考文献
平井聖〔ほか〕編集 『日本城郭大系』第4巻、新人物往来社、1979年

山名城の口コミ情報

三男坊.k大学頭様[2018年01月11日]
本郭の虎口手前、右側の斜面から更に奥に行けます
そこまで行くと根古屋城に匹敵する結構良い感じの遺構が見られますよ
冬の間にお訪ねください

立崎中務少輔公麻呂様[2018年01月08日]
高崎自然歩道のハイキングコース上にあります。上野三碑が世界遺産に登録されたため、ハイキングコースは良く整備されています。山名城の遺構よりも、コースの先にある、根小屋城の遺構の方が素晴らしいです。大きな竪堀や井戸跡など、見所がたくさんあります。

カーネル様[2017年12月26日]
上毛線山名駅に高崎自然歩道の地図があります。これを参考に山名城へ

まずは駅から徒歩2分の山名八幡宮にお参りします
境内を出たら生活道の脇に立つ看板に従い進み、いよいよ山道かと思ったら、すぐに下山してまた住宅街
さらに看板に従って右左折を繰り返して進みますが、看板が多数あり楽しいです

駅から1.1kmの窟堂址から、ようやく山道で、ここには駐車場もあります
ゆるゆると登ると山名城址の看板と指導標があり、それに従うと堀を越えて本丸です。ここまで40分

指導標まで戻り、右折して先へ進むと、水戸黄門の物語の看板があったりします
さらに平坦な道を進むと根小屋城との分岐があるので右折して周回コースを歩きます

根小屋城は、案内が豊富で見どころも多数です。その後は金井沢碑を目指して黙々と山道を歩く・・・

金井沢碑に寄り道してから上信電鉄の根小屋駅へ到着したのは、山名駅をでて2時間ちょいでした

音みく治部大輔闇サガン様[2017年07月08日]
山上碑・古墳側駐車場からアタックしてみました。
猪注意の看板?貼り紙?があったので、一人ビビりながらデジカメ撮影しながらでしたが、一時間かからずに戻ってこれました。
駐車場は10台ほど停められます。トイレも整備されてキレイですよ。

立花飛騨守様[2017年06月05日]
高崎商科大学前駅からt高崎自然歩道が整備されています…が、狭い道幅に、両サイドが背丈よりも高い笹藪の箇所もあり、某有名城郭サイトには、「とても気持ちのいいハイキングコース」とありますが、冗談ではありません。不気味で昼なお暗いので、山城に慣れてない人は、充分ご注意ください。

登りきったところの分岐を右手に行くと、根小屋城跡、左手に行くと山名城跡。

城跡は、ヤブで分かりにくいですが、竪堀と横堀を穿ち、曲輪と曲輪を堀切で断ち切っています。

明らかに戦国期後半に改修を受けていると思われます。

左衛門佐平八郎様[2016年05月22日]
先人の言葉の通り 東側は住宅地で駐車するスペースが有りませんので
南側の山名碑を目指して行くことをお勧めします
こちらはトイレ完備の駐駐車場があります

遊歩道が整備されていて落ち葉なども綺麗に片付けてあり とても快適でした

1kほどで山名城と根小屋城の分岐点に着きます
今回自分は武田氏が上州監視の為に狼煙台として築かれたという根小屋城に向かいました
狼煙台というよりは 出城に近い?かと思います
本丸下に大きな横堀があり横曲輪 その下には竪濠と 見応え充分でした

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年02月25日]
地図上で南側の「山上碑および古墳」と書かれた辺りから山名城方面へ高崎自然歩道が整備されてるそうですが、何の下調べもせずに訪れたので今回は東側の新興住宅地から登りました。

車両通行止めの道を先に進み、分岐を左に曲がります。
案内の矢印等全くないけど、人が通った跡がしっかり残っているので迷うことはないでしょう。
急な山道を進み、最後堀切?から丸太の階段を登ると石碑やベンチや物見台のある公園に出ます。そのあたりが本丸跡とのこと。
公園内の案内板は朽ち果てて役立たず。

初めて訪れるなら高崎自然歩道を歩くルートをとったほうがいいと思います。

牢屋見廻り同心マダオ様[2015年01月27日]
山名城より北へ尾根沿いに根小屋城、茶臼山城、寺尾中城、乗附城と続いています。根小屋城の遺構は一見の価値あります。また、山名城下の山名八幡宮は山名氏祖・山名義範が館を構えていたとも言われています。
さらに、山名城東にある木部氏館(心洞寺)には天目山の戦いで散った木部範虎の墓があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。