平井城(ひらいじょう)

平井城の基本情報

通称・別名

所在地

群馬県藤岡市西平井字新曲輪235-1他(平井城址公園)

旧国名

上野国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

長尾忠房

築城年

永享10年(1438)

主な改修者

山内上杉氏

主な城主

山内上杉氏

廃城年

永禄3年(1560)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(平井城・金山城跡)

再建造物

土塁、石碑、説明板

周辺の城

金山城(群馬県藤岡市)[1.3km]
一郷山城(群馬県高崎市)[3.7km]
藤岡城(群馬県藤岡市)[4.7km]
山名城(群馬県高崎市)[6.7km]
真下城(群馬県藤岡市)[7.5km]

平井城の解説文

平井城(ひらいじょう)とは、現在の群馬県藤岡市にあった城である。群馬県指定史跡。

歴史・沿革
永享10年(1438年)、鎌倉公方足利持氏と関東管領上杉憲実の間に確執が生じ、身の危険を感じた上杉憲実は平井城に逃れた。通説ではこの時に憲実が家臣の長尾忠房に築城させたといわれている。この後、持氏と憲実+幕府の連合軍の間で永享の乱が起きたが、憲実方が勝利した。

文正元年(1466年)に関東管領になった上杉顕定によって拡張されたという。

天文21年(1552年)、北条氏康に攻め落とされ、時の平井城主の関東管領上杉憲政は越後国の長尾景虎(後の上杉謙信)のもとに逃れた。既に周辺の上野国人勢力や憲政の馬廻まで北条に寝返っていたためである。

永禄3年(1560年)に長尾景虎によって奪回されたが、同年に景虎は関東における拠点を厩橋城(後の前橋城)に移したため、平井城は廃城になった。奪回されて再び上杉本拠地となることを恐れた北条氏が、落城前に城郭を破却していたのではないかとも指摘されている。

構造
平地部分に本丸などの本城があり、背後の山には詰城である金山城(平井金山城)があった広大な城である。

平井城の口コミ情報

傾奇揚げ仙兵衛様[2015年04月26日]
本丸から100mくらいの場所に親子二代で平井城を調査している方がやっているプレハブの観光案内所が有ります。
立ち寄ると丁寧に説明してくれます。
詰め城の金山城の道案内もしてくれます。
(口答で)

まー武蔵守様[2015年03月01日]
相変わらずの牛臭さ。竪堀は一度道路に出て一つ目のT字路を右折すると復元した木橋があるのでその横にある。

こにみん様[2014年11月12日]
石碑、土塁のある場所は、県道173号沿東側で県道41号との交差点から南へ約850mの位置でした。現状の地図情報と異なっているのでご注意。

牢屋見廻り同心マダオ様[2014年11月09日]
平井城近くの円満寺には関東管領山内上杉憲房の墓と上杉憲実墓、上杉顕定墓を複製した供養塔があります。

【下野国】陸前守智ぞう様[2014年06月20日]
何気に偶然見つけて立ち寄りました

本丸とか案内板や石碑など

意外に見応えがありましたよ〜

城跡がある道にこの城跡のお土産屋か観光案内みたいな建物がありましたが、

出陣中。の札がかかってました〜

気になるので立ち寄られた方は是非レポお願いします

イダッチ内膳正ヨッチャン様[2013年10月19日]
数年ぶりに訪問しました。
本丸の整備計画が進められており土塁、空堀、竪堀、木橋が復元されています。最終的には本丸全域を整備、公園化する計画のようですが、現在はまだ本丸内に牛舎があり、其処は立ち入り禁止なので、やや見学が不便です。
駐車場、トイレあります。
本丸の背後は鮎川の断崖になっており、北に郭を連ねた総構えの広大な規模で、更に詰城の金山城もある関東管領の居城に相応しい城だったようです。
上杉憲政の越後退去のせいで弱いイメージの山内上杉氏ですが、かつては権勢を誇っていたことを偲ぶことができます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore