小幡陣屋(おばたじんや)

小幡陣屋の基本情報

通称・別名

小幡城

所在地

群馬県甘楽郡甘楽町小幡

旧国名

上野国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

織田信昌

築城年

寛永19年(1642)

主な改修者

主な城主

織田氏、松平氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、虎口

指定文化財

国名勝(楽山園)、県史跡(旧小幡藩武家屋敷松浦氏屋敷)

再建造物

門、長屋、土塁、石垣、庭園、碑、説明板

周辺の城

国峰城(群馬県甘楽郡)[2.2km]
富岡城(群馬県富岡市)[4.7km]
一郷山城(群馬県高崎市)[6.8km]
奥平城(群馬県高崎市)[6.8km]
金山城(群馬県藤岡市)[9.4km]

小幡陣屋の解説文

小幡城は江戸期に小幡藩が藩庁とした城郭。元は小幡陣屋と呼ばれた。

小幡藩は江戸初期に織田信雄の4男・信良が立藩し、7代藩主・信邦の時代に転封となる。

その後、上里見藩から松平忠恒が入り、孫の忠恵が若年寄に就任、城主格となったことから陣屋造りのまま、小幡城と改称される。

城内に建物は残っていないが周囲の武家屋敷や石垣などは当時のものが残っており、往時の雰囲気を味わうことができる。

小幡陣屋の口コミ情報

すずママ右馬頭要害情報屋様[2016年02月15日]
道の駅甘楽にて 小幡城関連の年表など二種類が販売されていました。

牢屋見廻り同心マダオ様[2015年01月27日]
甘楽町歴史民族資料館側の信号「大手門」の脇に大手門礎石が保存されています。(説明板あり)
また、近隣関連史跡には崇福寺には織田氏七代の墓、宝積寺には小幡氏累代の墓があります。さらに小幡城南には小幡氏国峰城以前の居城・峰城、東には小幡城以前の陣屋であった上野城、支城の八幡山砦、長畝砦などが点在します。上野城の遺構は一見の価値あり。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore