雉岡城(きじおかじょう)

雉岡城の基本情報

通称・別名

八幡山城、雉ヶ岡城

所在地

埼玉県本庄市児玉町八幡山446

旧国名

武蔵国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

山内顕定

築城年

室町時代

主な改修者

主な城主

山内上杉氏、夏目(有田)氏、横地氏、松平氏

廃城年

慶長6年(1601)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、横堀(水堀)

指定文化財

県史跡(雉岡城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

藤岡城(群馬県藤岡市)[7.1km]
本庄城(埼玉県本庄市)[8.1km]
金窪城(埼玉県児玉郡)[8.4km]
花園城(埼玉県大里郡)[9.0km]
真下城(群馬県藤岡市)[9.0km]

雉岡城の解説文

雉岡城(きじがおかじょう)は、武蔵国児玉郡八幡山に所在していた城。現在の埼玉県本庄市児玉町八幡山446他に築かれていた。別名を八幡山城(はちまんやまじょう)と言う。

概要
山内上杉家によって児玉郡八幡山の独立丘陵に築かれた城ではあるが、鎌倉時代には武士が居住していたと考えられており、城としての形態に整備されたのが室町時代末期(戦国時代初期)とされる(15世紀後半に築かれたと言う事になる)。

『武蔵国児玉郡誌』『新編武蔵風土記稿』などによれば、山内上杉氏の居城として築かれるも、地形が狭かったゆえに、上杉家は上州平井城へ移ったものと考えられ、代わりに有田豊後守定基(城主となってからは夏目を称す)を雉岡城主として配備した。定基は赤松則村(円心)の裔孫であり、元は平井城に在城していた武将とされる。

築かれた目的は、鎌倉街道の交通要衝を押さえ、関東管領上杉家の最前線地となっていた五十子陣(児玉郡北部)への兵站を確保する事であり、そうした経済的側面があったものと考えられている。つまり、当初は五十子陣の支城としての役割があった。五十子陣の解体後、上野国平井城の支城として活動し、後北条氏の時代では鉢形城の支城として活動したとされる。

150年近い歴史をもち、最終的には松平家1万石の城となり、八幡山藩が立藩するものの、江戸時代をむかえる前に廃城となった。

地理・構造
城の東側には鎌倉街道上道が南北に通っており、東西北の三方に堀を構え、南の一方のみ平地に続き、大手口があり、大手前に馬出跡がある。南側から本丸・二の丸・三の丸の順に連なり、ほかに伯耆曲輪・馬出などの郭から成る。

歴代城主
城主は初め上杉家の家臣・夏目定基(元は有田氏)であり、『新編武蔵風土記稿』によれば、定基の子息である定盛が2代城主になったとされる。定基は赤松円心の裔孫であり、元は平井城に在城していた武将とされる。

上杉氏が衰退し、城が後北条氏の手に落ちると、鉢形城主となっていた北条氏邦の管理下に置かれ、永禄年間には武田信玄や上杉謙信との武州争奪戦の舞台となる。天正10年(1582年)の神流川の戦い以降、北条氏の支配が確定すると横地忠晴が城代に任命された。
天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原の役のおり、豊臣方の前田利家ら北国勢の攻撃によって落城する。伝承によれば、城代であった横地左近は大軍に恐れをなして鉢形城に逃れたともされる。

その後、徳川家康が関東へ入り、江戸城主となる頃には、八幡山城と呼ばれ、松平清宗、家清父子が1万石で当城に配された。清宗は諸税免除などで城下の振興を計ったが、入封後すぐに死去し、家清が家督を継いだ。...

雉岡城の口コミ情報

安田大宰少弐秀俊様[2017年10月18日]
大手口 土塁上に、こじんまりと騎馬武者の像があります。 台座に何も書き彫られてないので誰をモデルにしているのか不明。
凛々しい顔してます。

永眠武蔵守釋 葱進様[2015年10月13日]
城跡入口に駐車スペース数台分あり、トイレもそこにあります。
自販機はありませんが、城跡が旧児玉町の中心部にあるので飲食物の心配はないでしょう。
解説板と見取り図が入口と馬出跡(旧塙保己一記念館)付近にありますが、どちらも地図の向きが90度ずれている(西向きに設置されてるが北が上に描かれている)ので、ちょっと戸惑うかも。
多くの敷地は学校等になってしまってますが土塁や堀が相応の範囲で遺されており、草刈りなどの手入れもきちんとなされています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore