江戸城(えどじょう)

江戸城の基本情報

通称・別名

江城、千代田城

所在地

東京都千代田区千代田

旧国名

武蔵国

分類・構造

輪郭式平山城

天守構造

層塔型?[5重5階地下1階?/1607年築/解体(改築)]、独立式層塔型[5重5階地下1階/1623年再/解体(改築)]、独立式層塔型[5重5階地下1階/1635年再/焼失(火災)]

築城主

太田道灌

築城年

長禄元年(1457)

主な改修者

徳川家康、秀忠、家光(江戸期)、宮内省、宮内庁(明治以降)

主な城主

太田氏、北条氏(戦国期)、徳川将軍家(江戸期)、天皇家(明治以降)

廃城年

遺構

曲輪、櫓、門、石垣、土塁、横堀(水堀)、横堀(空堀)

指定文化財

国重要文化財(桜田門、田安門、清水門)、国特別史跡(江戸城跡)

再建造物

富士見櫓、伏見櫓、多聞櫓、桜田巽櫓、和田倉門、石碑、説明板

周辺の城

日比谷見附(東京都千代田区)[1.5km]
北町奉行所(東京都千代田区)[1.5km]
牛込見附(東京都千代田区)[1.6km]
市ヶ谷見附(東京都千代田区)[1.7km]
南町奉行所(東京都千代田区)[1.8km]
赤坂見附(東京都千代田区)[1.8km]
虎ノ門見附(東京都千代田区)[2.0km]
牛込城(東京都新宿区)[2.0km]
馬込勘解由屋敷(東京都中央区)[2.1km]
四谷見附(東京都新宿区)[2.1km]

日本100名城・続日本100名城スタンプ情報

番号・名称

21 江戸城

設置場所

楠公休憩所[地図
和田倉休憩所[地図
北の丸休憩所[地図

江戸城の解説文

江戸城(えどじょう)は、武蔵国豊嶋郡江戸(現在の東京都千代田区千代田)にあった城である。江戸時代においては江城(こうじょう)という呼び名が一般的だったと言われ、また千代田城(ちよだじょう)とも呼ばれる。国の特別史跡に指定されている。現在は皇居として利用され、本丸・二ノ丸・三ノ丸部分は、皇居東御苑として無料で開放されている。

概要
江戸城は、現在の隅田川河口付近にあった麹町台地の西端に、扇谷上杉氏の家臣太田道灌が築いた平山城である。近世に徳川氏によって段階的に改修された結果、総構周囲約4里と、日本最大の面積の城郭になった。

徳川家康が江戸城に入城した後は徳川家の居城、江戸幕府の開幕後は幕府の政庁となる。明治維新後の東京奠都で宮城(きゅうじょう)・皇居となった。以後は吹上庭園が御所、旧江戸城西ノ丸が宮殿の敷地となっている。その東側にある旧江戸城の中心部である本丸・二ノ丸と三ノ丸の跡は皇居東御苑として開放されている。南側の皇居外苑と北側の北の丸公園は常時開放され、それらの外側は一般に利用できる土地になっている。

歴史・沿革
築城まで
江戸(東京)の地に最初に根拠地を置いた武家は江戸重継である。平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての江戸氏の居館が、後の本丸・二ノ丸辺りの台地上に置かれていたとされる。

築城
15世紀の関東の騒乱で江戸氏が没落したのち、扇谷上杉氏の上杉持朝の家臣である太田道灌が1457年に江戸城を築城した。徳川幕府の公文書である『徳川実紀』ではこれが江戸城のはじめとされる。

道灌当時の江戸城については、正宗龍統の『江戸城静勝軒詩序并江亭記等写』や万里集九の『梅花無尽蔵』によってある程度までは推測できる。それによれば、「子城」「中城」「外城」の三重構造となっており、周囲を切岸や水堀が巡らせて門や橋で結んでいたとされる(「子城」は本丸の漢語表現とされる)。『江戸城静勝軒詩序并江亭記等写』によれば道灌は本丸に静勝軒と呼ばれる居宅を設け、背後に閣を築いたという。『梅花無尽蔵』は江戸城の北側に菅原道真が祀られて梅林があったことが記されている。

道灌が上杉定正に殺害された後、江戸城は上杉氏の所有するところ(江戸城の乱)となり、上杉朝良が隠居城として用いた。ついで1524年、扇谷上杉氏を破った後北条氏の北条氏綱の支配下に入る。江戸城の南には品川湊があり、更にその南には六浦(金沢)を経て鎌倉に至る水陸交通路があったとされていることから、関東内陸部から利根川・荒川を経て品川・鎌倉(更に外洋)に向かうための交通路の掌握のために重要な役割を果たしたと考えられている。

1590年、豊臣秀吉の小田原攻めの際に開城。秀吉に後北条氏旧領の関八州を与えられて、駿府(静岡)から転居した権大納言である徳川家康が、同年8月1日(1590年8月30日)に公式に入城し、居城とした。このため旧暦の8月1日(八朔)は、江戸時代を通じて祝われることになる。

江戸時代...

江戸城の口コミ情報

2020年10月15日 ダイナゴン
江戸城

三の丸尚蔵館の展示は無料で楽しめます。
月、金は休館日ゆえ、ご注意を

2020年10月11日 みきすけ縫殿頭
江戸城天守復元模型設置場所[江戸城  関連施設]

2020.9.29より江戸城天守復元模型を公開しています

2020年09月13日 祝!阿武急開通大膳大夫城弾正
江戸城

江戸城天守再建の問題について補足情報

江戸城天守再建の問題点については以前投稿の江戸城口コミを参照されたい。
ここでは補足として、特に②について仙台城の整備を例に学ぶべき教訓について述べたい。

仙台城は平成9年度より本丸北壁石垣修復に伴う発掘調査が行われている。これは当時、本丸艮櫓の復原の構想があり、再建に向けての調査目的でもあったという。調査では3期にわたる石垣が検出され、現在の石垣(3期石垣)は正保3年(1646)4月の地震で艮櫓はじめ4基の三重櫓が倒壊後(以降明治まで再建されず)の築造である事がわかり現在の石垣には櫓が存在しない事が判明した。この結果から仙台市は現在の石垣に櫓を復原(再建)する事は歴史的事実に反する事、人々に誤解を招くとして櫓の復原を断念した。観光や経済効果に惑わされず正しい歴史的事実を伝える事を優先したのである。

寛永期江戸城天守台は現存しない。天守が存在しない現在の万治期天守台に天守を再建すれば、例え寛永期天守の姿であっても巨大な模擬天守と言わざるを得ない。江戸城天守再建団体はこの事実を受け止め、仙台城の教訓に学ぶべきである。そして団体が掲げる「正しい歴史的遺産を後世に残す」というなら直ちに再建計画を中止すべきである。

2020年08月11日 野呂利左衛門督休三
真田堀[江戸城  遺構・復元物]

寛永十三(1636)年の外濠普請で造られた濠のひとつ。普請は東日本の大名が担当しました。真田の名前がついたのはここを松代真田家が管理を担当したことから。
濠は長さ1㎞、幅90m、深さ14mの規模があったそうです。
昭和二十(1945)年に空襲の瓦礫処理で埋め立てられました。この時、東京都は埋め立てで生じる土地の使用権を20年間与える条件で瓦礫処理費用の提供者を募ったところ、上智大学が応じたため、同大学のグラウンドになっています(20年毎に契約更改しているそう)。

(参考:大江戸歴史散歩を楽しむ会「喰違御門」)

2020年04月19日 城郭道の兵部少輔タッキー
日比谷濠[江戸城  遺構・復元物]



日比谷門跡のあたりから望んだ江戸城西の丸下と日比谷堀。かつては右の隅に櫓が建ち、その隣には多聞櫓が建っていたとか。堀の中には亀がおり、江戸城の亀であることを自慢しているかのようでした。

2020年02月09日 独眼竜
江戸城



今まで行ってたトコが、可哀想な程広大な敷地で歩くの大変だった。まあ、天下人の城だから当然ちゃ当然だけど…大阪城とか安土城もこういう規模だったんだろうと想像がつきますね。
個人的には財宝関連の博物館がなくて少し物足りなかったですね。

2019年12月03日 まー刑部卿
江戸城



大嘗宮(午前)・乾通り(午後)と行ってきました。平日でしたが日差し強く大混雑してましたが先人の言う手荷物検査及びセキュリティーチェックも通りまずは坂下門へ。その先は宮殿→宮内庁と進みここで大嘗宮と乾通りに行くかの分岐点。ここは迷わず大嘗宮。その後大手門から出て楠木正成公騎馬像を撮り二重橋を撮ったあとに再度列に並び今度は乾通りを進み紅葉を楽しみました。乾通りを進み
西桔橋との分岐点の時点で大嘗宮まで140分掛かるとアナウンスありました。
12/8まで公開しています。まずは午前中(10時頃)大嘗宮を観ることをオススメします。

2019年12月02日 下沼下総守雄信
売店・休憩所[江戸城  関連施設]

ここにはスタンプは置いていません。

2019年12月02日 伊達雅楽允
江戸城



乾通りと大嘗宮の一般公開に合わせて行きました。坂下門から入る手前で、手荷物検査とセキュリティーチェックがあります。雨のひどい日でしたが、人はとても多かったです。通常と違って、決められたルートを歩くことになります。写真は乾通りから見た富士見多聞櫓。

2019年06月15日 山葵安房守
外濠復元石垣[江戸城  遺構・復元物]

再開発の際に出土した石垣の一部が公開緑地に積み直されています。

2019年06月14日 クノール尾張守
江戸城



江戸城に訪問。とはいえ、皇居東御苑が月金曜日休みとは知らず…とほほ。仕方なく平川門から桜田門まで外堀を歩いて門や櫓の写真撮影で終えました。

2019年06月09日 サンダンス武蔵守キッド
小石川見附[江戸城  遺構・復元物]



小石川見附:江戸城三十六見附の一つで、北の要地。小石川門、水戸様御門。1936年備前岡山藩池田光政築く。1792年焼失。1873年石垣撤去。現在の小石川橋南側に位置。門内には当時高松藩松平家の上屋敷と中屋敷がありました。

【三十六見附】
浅草見附、筋違見附、小石川見附、牛込見附、市谷見附、四谷見附、喰違見附、赤坂見附、虎ノ門、幸橋門、山下橋門、数寄屋橋門、鍛冶橋門、呉服橋門、常盤橋門、神田橋門、一ツ橋門、雉子橋門、竹橋門、清水門、田安門、半蔵門、外桜田門(桜田門)、日比谷門、馬場先門、和田倉門、大手門、平川門、北桔橋門、西の丸大手門、西の丸玄関門(二重橋)、坂下門、内桜田門(桔梗門)、下乗門、中之御門、中雀門

2019年05月31日 サンダンス武蔵守キッド
楠木正成公像[江戸城  その他]



楠木正成公像_1896年銅像完成し1900年7月花崗岩の台座も完成し住友家より宮内庁へ献納される。東京三大銅像の一つ(他、上野西郷隆盛像、靖国大村益次郎像。19世紀末建立)高さ8メートル、重さ6.7トン。場所:皇居・二重橋を望む外苑、日比谷寄り

2019年05月28日 下沼下総守雄信
太田道灌像[江戸城  その他]



元々有楽町にあった東京都庁前に昭和33年に建てられたもの。平成3年に都庁が新宿に移転した後、跡地に建てられた東京国際フォーラムの屋内に平成8年に設置しなおした。写真の通り、像の隣に太田道灌と江戸城についての説明コーナーがある。

2019年05月04日 下沼下総守雄信
西ノ丸大手門[江戸城  遺構・復元物]



明治時代以降正門となっているこの門の扉が開かれることは実はあまり無く、開かれるのは新年・天皇誕生日の一般参賀、即位・譲位・大喪・結婚の各儀式、国賓の来訪等位。

2019年05月04日 我こそは眞田左衛門佐信繁
桔梗門[江戸城  遺構・復元物]



春秋の一般公開でも見ることができない、桔梗門(内桜田門)です。一般参賀に行ったおかげで見ることができました(^ ^)

2019年05月04日 我こそは眞田左衛門佐信繁
伏見櫓[江戸城  遺構・復元物]



令和最初の一般参賀。4時間並んでやっと入れました!伏見櫓を間近で見られて良かった(^ ^)

2019年04月27日 おり〜ぶ上野介⬡✥⬡✥⬡✥
梅林坂[江戸城  遺構・復元物]



天守台から平川門方面に向かう梅林坂を下った左手の石垣。

2019年04月24日 下沼下総守雄信
正門石橋[江戸城  関連施設]



定番撮影スポットである皇居前広場側からではなく、二重橋(正門鉄橋)側より平成最後の天皇誕生日に撮影。この写真のような大勢の人が正門石橋を渡る光景が見られるのは年に2~3日のみ。

2019年04月24日 下沼下総守雄信
二重橋(正門鉄橋)[江戸城  遺構・復元物]



正門石橋より撮影。「二重橋」とは正確には、皇居前広場から見て手前側に見える正門石橋(眼鏡橋)のことではなく、奥側に見えるこちらの正門鉄橋のこと。この辺りの堀(二重橋濠)が深いことから、かつて実際に渡る橋桁の下に横桁が渡してあって、まるで二重構造の橋のように見えた事がその名の由来である。良く見るとその横桁を乗せていた跡が橋の下に見える。

2019年03月23日 祝!阿武急開通大膳大夫城弾正
江戸城

江戸城天守再建の問題点について要約して以下にまとめた。

①寛永期天守(以下天守)は、建地割図によりその構造が判明する。しかし細部の建築意匠については不明な点が多い

②天守の天守台が現存しない。現在の天守台は焼失後、万治元年(1658)9月より前田綱紀が普請したもので天守の存在はおろか、石材、石垣の高さなど全く異なる。これに天守を建てるのは歴史的事実に反する

③城は現在、国の特別史跡(文化財保護法による史跡の中で特に重要な遺跡で、国宝に相当する)であり、歴史、現状を正しく保存、維持しなければならない。①②は著しくこの内容に反し、間違った歴史認識を与える事になる

④本丸は現在、皇居東御苑であり天皇陛下のお住まいの敷地内である。隣接して皇居宮殿、吹上が存在している。もし、これらを見下ろす高層建築を再建すれば天皇陛下に対して極めて不敬であり、窓を閉めるなどという次元の話ではなく存在自体が問題である。セキュリティ一上の点でも問題があろう
以上の事から天守再建は倫理的に有り得ない。

2019年02月03日 大納言織田晃司
江戸城

江戸城二の丸、本丸(皇居東御苑)は無料にて一般開放。
三ヶ所ある門から入場券を受け取り、どこからでも入出場できます。

ただ、手荷物検査があり、立入禁止場所も多々あり、16:00には退出するようになります。

北の丸には爆風スランプの歌で有名な千鳥ヶ淵と日本武道館があり、競技やコンサートが行われてます。


2018年12月05日 Marky武蔵守
江戸城

ぶっちゃけ東京駅も江戸城内なんですがw
以外と知られていないのが喰違見附から四谷まで外郭の土塁が残っていてその上を歩くことが出来ます。

2018年03月27日 芋沢みやぎ雅楽頭⬢指南⬢
江戸城

例年、桜の時期に合わせて乾通り(坂下門→乾門)の一般公開が行われます。
ソメイヨシノのトンネル!みたいな想像してると少々物足りないですが、多種多様の桜が見られます。お時間があれば、出口の乾門から近い千鳥ヶ淵、靖国神社、東御苑等へもどうぞ。桜と共に沢山の遺構が見られます。

なお乾通りから見える遺構、建物は入口側から順に下記の通り。
蛤濠、二重橋濠→坂下門→富士見櫓→蓮池濠→宮内庁庁舎→皇居(宮殿)→富士見多聞→御局→長屋門(武家屋敷跡)→下道灌濠、下道灌濠石垣→西桔橋→乾濠→乾門

2018年03月25日 CLAD
江戸城

乾通り公開中。普段見られない富士見多聞櫓の西面や道灌堀が見られます。坂下門からの一方通行なのでご注意ください。4月1日まで。

2018年02月18日 ねこいんこ右京亮
江戸城

北桔橋門近く、国立近代美術館隣に国立公文書館があります。(日、月、祝休館)
年に4回くらい企画展をしており企画にそった貴重な資料が展示されてます。
HPで現在展示中の企画展を確認できます。口コミ書き込み時点は「太田道灌と江戸」展開催中です。
入館無料なので興味のある企画展があったら江戸城ついでに立ち寄ってみては。
余談ですが同館HPのデジタルアーカイブで江戸時代に作成された城絵図、国絵図をPCやスマホで閲覧でき、小一時間暇を潰せます。

2017年07月01日 摂津守いくpika
江戸城

東京駅から徒歩で目指される方へ。

東京駅丸の内中央口の大きな目抜き通りをそのまま突き当ってしまいがちですが…
一つ手前の和田倉門交差点を右へ曲がると、和田倉門跡へと続く和田倉橋があります。ここを渡ると良好に残る和田倉門枡形を抜ける、お城感を味わえるルートです。枡形を抜けた先の和田倉休憩所に百名城スタンプがありますよ。

休憩所のリニューアルと共に枡形内の樹木が伐採されて見やすくなった様です。人通りも少なめなので、是非ともこのルートで。

後は皆さんの思うがままで。

2017年05月24日 178ックス副将軍
和田倉休憩所[江戸城  スタンプ]

100名城スタンプは向かい側の和田倉噴水公園ウッドテラス無料休憩所の中にあります。利用時間は9時~16時です(^o^)

2017年05月12日 
江戸城

皆様、良くご存知かもしれませんが、口コミに書かれてなかったので、大手門から、二重橋まで、歩いた時のことを書かせて頂きます。
皇居東御苑は、現在、月曜日と金曜日が閉園日です。入園は無料です。
以前入ったことがありますが、天守台が残されています。
たまたま、この時は、金曜日で東御苑に入れなかったので、二重橋まで歩くことにしました。
大手門を横目に、お堀沿いを二重橋方面に歩くと、桜田巽櫓が見えて来ます。
二重櫓として、最大級の規模を誇るそうです。
お堀沿いを更に進み、二重橋までやって来ました。
私も、知らなかったのですが、「皇居正門石橋」が二重橋と思っている人が多いようですが、その奥にある「皇居正門鉄橋」が二重橋のようです。
皇居一周もしたことありますが、いろいろな発見があり、楽しかったです。
江戸城周辺は見所が多いので、是非また行ってみたいと思っています。

2017年05月08日 上田淡路守
江戸城

以前は事前申し込みだった皇居一般参観が当日受付も有りに。ゴールデンウィークに江戸城の写真を撮りに行ったら受付をしてたので並んだら、富士見櫓 伏見櫓が近くで写真撮り放題。
おまけに、一般参観専用売店限定のお土産も有り。

2017年03月30日 中務卿一之介
江戸城

石垣の一部が意外な場所に現存。なんと、東京競馬場内です。パドックの横にある日本庭園に、家光の時代のもの90個ほどが移設されているそうです。
(20170329 東京新聞朝刊より)

競馬開催日でも静かな場所なので、レース検討するには最適(^^;

ちなみに、場内なので東京競馬開催時は入場料が必要ですが、東京競馬開催時以外は無料です。

2016年11月23日 斉藤権中納言にょふん
江戸城

富士見多聞櫓の内部公開返が始まった。富士見櫓も近くまで行きやすくなり、見やすくなった。

2016年11月05日 天下泰平右京大夫
江戸城

日本100名城のスタンプ押しに和田倉門休憩所を探しまくり。大手町駅より二重橋前のほうが近いかも。

2016年03月30日 九十九神百鬼頭白松姫
江戸城

ちょうど皇居内の桜が見えるとの話を聞いたので、少し早いけど見てきました。時期的に早めだったので、そこまで混んでませんでした。入り口にボディーチェックがあります。

あまりの広さにスタンプ場所が分からず休憩所の方に聞いた所、大手門の近くにある「大手休憩所で店員に声を掛けて」と言われました。外には置いてなく、声掛けをしたら中から出してくれました。滲まずくっきり押せて良かったです。

2016年01月08日 コロ助
江戸城

千代田区観光協会の「江戸城外堀の石垣と江戸城ウォーク」に参加しました。2時間¥3000。

コースは、千代田区役所横の防災船着場から小型船で日本橋川を進み、三崎橋から神田川へ入り、柳橋から隅田川に出て、赤穂浪士が討ち入りの際に渡ったらしい豊海橋から日本橋川に戻り出発した船着場へ。北の丸公園の清水門から田安門を徒歩散策。ブラタモリにも出てらした学芸員さんの解説付き。

錦橋~雉子橋で石垣が点在しています。当時の石材で積み直されているので刻印が多いです。

江戸城の外郭正門である常盤橋門の石垣は、堀底から高さ9m。明治時代に小石川門の石垣を利用して、常盤橋門に常磐橋が架けられたそうです(門は「常盤橋」表記、橋は「常磐橋」表記)。
現在、常磐橋は修理工事中で平成29年完成予定。

この観光協会のイベントは年1回ですが、観光協会とは別に日本橋発着の日本橋川~神田川~隅田川クルージングは定期便があるみたいです。石垣はあまり多くないですが、線路の横を並走したり橋をたくさん潜るので楽しいです。スカイツリーの遠景や真下からの日本橋も見られるので、東京観光としてもオススメ。




2015年09月14日 ぎっちゃん
江戸城

埼玉県川越市の氷川神社境内の八坂神社の拝殿は江戸城二の丸にあった東照宮を移築したもの(最初は川越城三芳野神社に。その後八坂神社。)移築の際に規模縮小したそうですが城内にあった東照宮の遺構として貴重。

2015年08月18日 永眠武蔵守釋 葱進
江戸城

◎天守台や松の廊下跡のある皇居東御苑について
・月曜と金曜は基本的に休園
・水曜と土曜はガイドツアー(無料)があるが、27年度は8月中はお休み
・パンフレットは園内各休憩所に常備されている
・自販機トイレ園内に複数あり

◎和田倉休憩所のスタンプ
スタンプ管理の方によると、にじまないようにインク量を調整してるので薄めになることか多いとのこと。ただし、8月18日時点でははっきり濃く押せました。

2013年10月11日 御城右衛門督
江戸城

北の丸の田安門と清水門は2013年2月末まで修復工事だそうです。

2013年09月17日 ぎっちゃん
江戸城

横浜市青葉区の徳恩寺には江戸城の庭園にあった石灯籠と庭石が移設されています。説明板もありますのでマニアック遺構好きな方はぜひ。

2013年03月23日 傾奇揚げ仙兵衛
江戸城

駐車場は北の丸公園駐車場3時間400円以降1時間ごとに100円ですが大きな玉葱の下(武道館)でイベントの時は使用出来なくなりますと書いてあった。近くには20分400円とセレブ使用の駐車場があるのでご注意!

2013年03月10日 いざ治部大輔全国へ(^^)/
江戸城

久しぶりの江戸城。桜田門が修理中(>_<)またリベンジします。

2012年02月26日 しまさ左大臣
江戸城

「100名城スタンプ情報」
・和田倉休憩所…インクが枯れてて、殆ど写らない状態。
・北の丸休憩所(武道館向かい)…インク良好。・楠公休憩所…未確認。(2012/2/17時点)

2011年07月28日 グレイナル上総介バルボロス
江戸城

写真撮りに走り回って3時間かかりました。
規模が大きくみどころが多いのでじっくり見ることをオススメします(`・ω・´)!!

2011年06月17日 GINTOKI
江戸城

大手門の櫓の白漆喰はまだそのままで、二重櫓近くの石垣が崩れたままになっています!

2011年03月20日 tomm加賀守
江戸城

今回の地震で、清水門と田安門の土壁にひび割れが入り、一部石垣も崩れたそうです。

2010年07月21日 徳川内大臣源朝臣康武
江戸城

[武将像]徳川家康像
平服鷹狩像。江戸東京博物館前に鎮座。

2010年07月21日 徳川内大臣源朝臣康武
江戸城

[武将像]太田道灌像
東京国際フォーラム、日暮里駅前(騎馬像)にそれぞれ鎮座。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore