南町奉行所(みなみまちぶぎょうしょ)

南町奉行所の基本情報

通称・別名

所在地

東京都千代田区有楽町2(有楽町イトシア)

旧国名

武蔵国

分類・構造

奉行所

天守構造

なし

築城主

徳川幕府

築城年

宝永4年(1707)

主な改修者

主な城主

大岡忠相、小栗忠順

廃城年

遺構

礎石

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

日比谷見附(東京都千代田区)[0.5km]
北町奉行所(東京都千代田区)[1.0km]
汐留屋敷(東京都港区)[1.0km]
虎ノ門見附(東京都千代田区)[1.4km]
築地軍艦操練所(東京都中央区)[1.4km]

南町奉行所の解説文

南町奉行所は、江戸時代に町方の警察・司法などを担った町奉行が執務を行う役所であった。江戸時代の多くの期間を通じて、奉行所は北町・南町のふたつが設置され月替わりで訴訟の受付を行った。

奉行所には与力・同心と呼ばれる町奉行の配下が詰めたり、白州と呼ばれる裁判を行う場所などがあった。

南町奉行として有名な人物として、時代劇『大岡越前』のモデルとして知られる大岡忠相(後に大名となった)、幕末に外交官としても活躍した小栗忠順がいる。

南町奉行所は何度か移転しているが、江戸時代中頃からは有楽町駅付近に置かれており、平成17年に同地で行われた発掘調査では下水口や井戸、土蔵、石組などが発見された。跡地は現在、有楽町イトシアという商業ビルになっており、ビル内に説明板などが設置されている。

南町奉行所の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore