杉田屋敷(すぎたやしき)

杉田屋敷の基本情報

通称・別名

杉田氏館

所在地

東京都西多摩郡奥多摩町(奥多摩湖湖底埋没)

旧国名

武蔵国

分類・構造

屋敷

天守構造

なし

築城主

杉田氏

築城年

戦国時代

主な改修者

主な城主

杉田氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

なし

周辺の城

檜原城(東京都西多摩郡)[10.7km]
戸倉城(東京都あきる野市)[15.0km]
辛垣城(東京都青梅市)[15.8km]
熊倉城(埼玉県秩父市)[18.2km]
上野原城(山梨県上野原市)[18.7km]
網代城(東京都あきる野市)[18.9km]
岩殿山城(山梨県大月市)[20.2km]
勝沼城(東京都青梅市)[20.4km]
根古屋城(埼玉県秩父郡)[21.8km]
浄福寺城(東京都八王子市)[21.9km]

杉田屋敷の解説文

杉田屋敷は杉田氏館とも呼ばれ、この地域の地侍であった杉田氏の居館である。

居館跡は昭和32年(1957)の小河内ダム竣工に伴い水没。現在は奥多摩湖の湖底に沈んでおり、遺構などを確認することは出来ない。

杉田屋敷の口コミ情報

2022年02月17日 【右近衛少将奉公衆】土支田将監
海沢の城山[杉田屋敷  周辺城郭]

詳細不明の城跡。平将門が築いた城と伝わる。現在、遺構は残らない(見当たらない)。

2022年02月17日 【右近衛少将奉公衆】土支田将監
水根の城山[杉田屋敷  周辺城郭]

詳細不明の城跡。平将門が一夜で築いた城という伝説が残る。『日本城郭大系』では、三田氏か北条氏の見張り台と推測している。現在、曲輪と堀切が残る。

2022年02月17日 【右近衛少将奉公衆】土支田将監
城[杉田屋敷  周辺城郭]

『城山』『氷川の城山』『栃久保城』ともいう。平将門の城跡とする伝承があるが、詳細不明である。付近には『三の木戸(伝:大手)』『将門馬場』という地名が残る。現在、堀切、土塁、曲輪が残る。

2021年02月22日 永久楽武蔵守マクシミリアン
杉田屋敷

遺構自体は奥多摩湖の水底に沈んでいます。
リア攻めと「認定」してもらえるのは、青梅街道の奥多摩ダムのさらに山梨側、熱海トンネルの前後で城攻めすると、リア攻めになります。東京から熱海トンネルを抜けたすぐに、道に沿って駐車帯があります。

2016年05月14日 オリオリ
杉田屋敷

水と緑のふれあい館で奥多摩の歴史が確認出来ます。

杉田屋敷の周辺スポット情報

 (周辺城郭)

 水根の城山(周辺城郭)

 海沢の城山(周辺城郭)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(その他)

 古甲州道(甲府〜府中)(その他)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore