赤坂見附(あかさかみつけ)

赤坂見附の基本情報

通称・別名

江戸城赤坂御門

所在地

東京都千代田区平河町2

旧国名

武蔵国

分類・構造

見附

天守構造

なし

築城主

黒田忠之

築城年

寛永16年(1639)

主な改修者

主な城主

徳川幕府

廃城年

遺構

石垣

指定文化財

国史跡(江戸城外堀跡)

再建造物

碑、説明板(赤坂御門)

周辺の城

喰違見附(東京都千代田区)[0.6km]
今井城(東京都港区)[0.7km]
四谷見附(東京都新宿区)[1.0km]
虎ノ門見附(東京都千代田区)[1.3km]
市ヶ谷見附(東京都千代田区)[1.4km]

赤坂見附の解説文

赤坂見附(あかさかみつけ)とは、いまの東京都千代田区紀尾井町・平河町にあたる地に存在した、江戸城の「江戸城三十六見附」のひとつ、及び現在の赤坂見附の跡地や東京メトロ赤坂見附駅付近一帯を指す地名である。

解説
見附とは主に城の外郭に位置し、外敵の侵攻、侵入を発見するために設けられた警備のための城門のことで、江戸城には外濠および内濠に沿って36の見附があったとされている。赤坂見附はそのうちのひとつで、他に現在に名を残すものとしては四谷見附(四谷)、市谷見附(市ヶ谷)などがある。

赤坂見附は枡形門の形式で、これは江戸城の田安門、清水門などと同じである。現在の赤坂見附址にはこの城門は存在しない。現在見られる赤坂見附の遺構は、紀尾井町の国道246号沿いに残る石垣である。

この赤坂見附跡の西側には弁慶堀が水を湛え、赤坂見附交差点は国道246号(大山道)と外堀通りの交点となっている。

赤坂見附の口コミ情報

殺三千世界鴉⚡️晋作様[2016年08月30日]
寛永13年、62の大名家に石垣、58の大名家に堀を担当させる形で飯田橋・四谷・赤坂・溜池の江戸城外堀普請がおこなわれた。

寛永9年に栗山利章の訴えに端を発した筑前黒田騒動で改易を免れた黒田忠之としては、この天下普請は幕府に忠誠を示す絶好の機会となったのかもしれない。
こうして黒田家が築いた石垣の上に、加藤正直・小川正則ら普請奉行が赤坂御門を完成させたのは寛永16年。

なお、明治5年に門が撤去された。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore