太田道灌城(おおたどうかんじょう)

太田道灌城の基本情報

通称・別名

太田道灌塁、番神山城

所在地

東京都港区虎ノ門5

旧国名

武蔵国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

太田道灌

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

太田氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

なし

周辺の城

西久保城(東京都港区)[0.3km]
虎ノ門見附(東京都千代田区)[1.0km]
毛利甲斐守邸(東京都港区)[1.2km]
今井城(東京都港区)[1.2km]
汐留屋敷(東京都港区)[1.6km]

太田道灌城の解説文

太田道灌城は、太田道灌塁とも呼ばれる。

江戸城を築いたことで知られる太田道灌が、江戸城の出城として築いたものと言われている。

跡地は江戸時代に入ると、はじめ小諸藩、のちに出石藩を領した仙石家の屋敷となり、現在では周辺が仙石山と呼ばれている。

現在ではオフィス街・住宅地となってしまい、遺構などは全く残っていない。

太田道灌城の口コミ情報

若狭守次郎吉さん[2019年03月17日]
太田道灌城は番神山城とも呼ばれ、文明年間に太田道灌が江戸城の出城として築いたと云われています。江戸時代になると、その跡に出石藩の仙石氏の屋敷がありました。その為、旧地名に「仙石山」が残ります。城としての遺構は消滅していますが、仙石山と刻まれた石碑が存在しますので訪れてみてはいかがでしょうか。

【石碑の場所】
Google map
35.6627678, 139.7429039

まー宮内卿さん[2017年04月03日]
地図に載った位置に行ってみたら仙石山アネックスというビルでした。周りは住宅地やビル街。建物の裏の道は桜が咲いてました。植え込みがあったが痕跡ではないようでした。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。