毛利甲斐守邸(もうりかいのかみてい)

毛利甲斐守邸の基本情報

通称・別名

長府藩毛利家上屋敷

所在地

東京都港区六本木6(六本木ヒルズ)

旧国名

武蔵国

分類・構造

屋敷

天守構造

なし

築城主

毛利秀元

築城年

慶安3年(1650)

主な改修者

主な城主

長府藩毛利家

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

都旧跡(毛利甲斐守邸跡)

再建造物

説明板

周辺の城

太田道灌城(東京都港区)[1.2km]
西久保城(東京都港区)[1.4km]
今井城(東京都港区)[1.4km]
虎ノ門見附(東京都千代田区)[2.1km]
赤坂見附(東京都千代田区)[2.1km]

毛利甲斐守邸の解説文

毛利甲斐守邸は、江戸時代に長府藩(毛利家)が現在の港区・六本木ヒルズ一帯に拝領していた屋敷である。

長府藩
長府藩は長州藩の支藩であり、長州藩祖である毛利輝元の養子であった秀元を藩祖とし、現在の山口県下関市に約5万石を領有していた。

江戸期には宗藩である長州藩に藩主を出しており、長州藩5代藩主・毛利吉元、7代藩主・毛利重就は長府藩の出身である。

幕末には尊皇攘夷派の公家であった明治天皇の叔父・中山忠光が八月十八日の政変によって京都から尊皇攘夷派が一掃されるのに伴って長府藩に逃亡・潜伏(後に暗殺された)したことや、坂本龍馬が伏見奉行所の捕り方に襲われた寺田屋事件で共に戦った三吉慎蔵が長府藩士であったことなどで知られる。

歴史
江戸初期に初代藩主である毛利秀元がこの地に上屋敷を設けた。

江戸中期になり「忠臣蔵」として知られる元禄赤穂事件が発生、赤穂浪士が討ち入りを行った後、10名の浪士が預けられ、この長府藩上屋敷で切腹した。

幕末には、日露戦争で活躍した陸軍大将・乃木希典が長府藩士としてこの上屋敷で生まれた。このことから現在も六本木ヒルズ内に「乃木大将生誕之地」碑がある。

明治になり、中央大学の創始者である法学博士・増島六一郎の邸宅となる。

その後昭和に入ると、昭和27年にニッカウヰスキーの工場、昭和52年にはテレビ朝日となり、平成15年に周辺地域と合わせて再開発され、六本木ヒルズとなった。

その他...

毛利甲斐守邸の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore