渋谷城(しぶやじょう)

渋谷城の基本情報

通称・別名

金王丸城

所在地

東京都渋谷区渋谷3(金王八幡宮)

旧国名

武蔵国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

秩父(河崎)基家

築城年

永承6年(1051)頃

主な改修者

主な城主

渋谷(河崎)氏

廃城年

大永4年(1524)頃

遺構

石垣の一部

指定文化財

再建造物

説明板(澁谷城 砦の石)

周辺の城

河崎庄司郎館(東京都渋谷区)[0.1km]
目黒氏館(東京都目黒区)[1.5km]
井伊氏屋敷(東京都渋谷区)[2.2km]
毛利甲斐守邸(東京都港区)[2.2km]
白金館(東京都品川区)[2.5km]
三宿城(東京都世田谷区)[3.0km]
今井城(東京都港区)[3.1km]
太田道灌城(東京都港区)[3.4km]
四谷大木戸(東京都新宿区)[3.4km]
喰違見附(東京都千代田区)[3.5km]

渋谷城の解説文

渋谷城(しぶやじょう)は現在の東京都渋谷区に存在した日本の城(平山城)である。

概要
平安時代末期から渋谷氏が住んでいた。城には渋谷川を水源に水堀をめぐらされていた。

歴史
平安時代
河崎基家が没した後、息子の渋谷金王丸がこの城の城主になった。

室町時代
大永4年(1524年)の北条氏綱による関東攻略の際に、この城は北条氏の別働隊によって焼失し、渋谷氏は滅んだ。

現代
現在は金王八幡宮になっており遺構は残っていないが、境内には城の石とされる石が1点が保存されている。 神社の前に有る道路は堀を兼ねた小川であったとも言われる。NHKのテレビ番組ブラタモリでも渋谷城が紹介された事がある。

アクセス
JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン渋谷駅東口・新南口より徒歩5分
JR山手線、埼京線、湘南新宿ライン恵比寿駅北口より徒歩20分

渋谷城の口コミ情報

2021年05月09日 長森原
鎌倉道と渋谷城・説明板[渋谷城  碑・説明板]



大永4年(1524年)に後北条氏の攻撃を受けて落城、焼失したという渋谷城。
調べてみると大永4年に北条氏綱が扇ケ谷上杉朝興から江戸城を奪取した「高輪原の戦い」の際、渋谷城も攻撃を受け焼失したようです。

しかし上杉軍と北条軍が激突した主戦場である高輪原(現・港区高輪)から渋谷城は約4km離れており、かつ高輪原古戦場は鎌倉街道下ノ道途上、渋谷城は鎌倉街道中ノ道沿いであり、進撃ルートが明らかに異なっています。

渋谷城を攻撃したのは本隊とは別ルートで江戸城を目指す別働隊であったと考えられ、中ノ道を守る渋谷城を落とした後はその先の青山から矢倉沢往還を使って江戸城に向かい、上杉軍の背後から挟撃する作戦だったかも知れません。

ともあれ江戸城を守っていた太田資高が北条方に内通していた事もあり江戸城は後北条氏の手に落ち、高輪原の戦い以降は扇ケ谷上杉朝興は川越城に後退、南関東は後北条氏の勢力下に入りました。

渋谷城近くの渋谷川に架かる並木橋袂に、北条軍が進撃して来た鎌倉道(鎌倉街道中ノ道)を示す説明板が建っており、今は生活道路となっているかつての軍道・鎌倉街道中ノ道を見る事ができます。鎌倉街道中ノ道の続きは、渋谷城の東を通る今の八幡通りに踏襲されています。

写真の渋谷城模型は金王八幡宮の資料館のものですが、写真下の木札の所に鎌倉街道中ノ道も復元されています。
(2021.04撮影)

2021年04月28日 Tenshi49
渋谷城

大都会の城址の宿命で何の痕跡が無いと思っていたが、金王神社本殿に向かって左側に渋谷砦の石が案内看板ともに表示されていた。

2019年03月12日 橘若狭守次郎吉
渋谷城

渋谷城は渋谷氏(河崎氏)の居城だったと伝わっています。大永4年に江戸城が後北条氏に攻略されると渋谷氏は渋谷城を捨てたと云われていわれています。

現在の金王八幡宮がその跡とされていますが、遺構は消滅しています。しかし、境内に「渋谷城 砦の石」と称された石と説明板があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore