井伊氏屋敷(いいしやしき)

井伊氏屋敷の基本情報

通称・別名

彦根藩井伊家下屋敷

所在地

東京都渋谷区代々木(明治神宮)

旧国名

武蔵国

分類・構造

屋敷

天守構造

なし

築城主

彦根藩井伊家

築城年

寛永9年(1632)

主な改修者

主な城主

彦根藩井伊家

廃城年

遺構

庭園

指定文化財

再建造物

周辺の城

内藤氏屋敷(東京都新宿区)[1.7km]
渋谷城(東京都渋谷区)[2.1km]
河崎庄司郎館(東京都渋谷区)[2.1km]
中野長者屋敷(東京都中野区)[2.6km]
喰違見附(東京都千代田区)[3.0km]

井伊氏屋敷の解説文

井伊氏屋敷は、江戸時代に彦根藩(井伊家)が現在の明治神宮、代々木公園一帯に拝領していた屋敷である。

彦根藩
彦根藩は、戦国時代に徳川四天王の1人として活躍した井伊直政を藩祖とし、徳川譜代の大名として幕末まで近江国(現在の滋賀県)北部を領有した。

彦根藩の藩主で有名なのが幕末の15代藩主・直弼である。直弼は幕府の大老に就き、安政の大獄など強権を発動した結果、反発を招いて万延元年(1860)に江戸城・桜田門外で暗殺された。

歴史
この地は元々、加藤清正で知られる熊本藩加藤家の下屋敷であった。だが清正の後を継いだ3男・忠広の時代に熊本藩加藤家は改易(取り潰し)となり、井伊家に与えられた。

明治維新後、井伊家から政府へ献上され、御料地となった後、大正9年に明治神宮が創建された。

パワースポット
井伊家の所有となった後も清正にまつわる伝説が多く伝えられ、その中でも有名なのが、加藤清正が自ら掘ったと言われる「清正井(きよまさのいど)」である。

この井戸は都会では珍しい湧水の井戸で、現在ではパワースポットとしても知られている。

井伊氏屋敷の口コミ情報

古楽侍従広家様[2010年09月13日]
パワースポットで有名になりましたね。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore