四谷見附(よつやみつけ)

四谷見附の基本情報

通称・別名

江戸城四谷御門

所在地

東京都新宿区四谷1

旧国名

武蔵国

分類・構造

見附

天守構造

なし

築城主

長州藩毛利家

築城年

寛永16年(1639)

主な改修者

主な城主

徳川幕府

廃城年

遺構

石垣

指定文化財

国史跡(江戸城外堀跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

喰違見附(東京都千代田区)[0.5km]
市ヶ谷見附(東京都千代田区)[0.7km]
赤坂見附(東京都千代田区)[1.0km]
今井城(東京都港区)[1.6km]
内藤氏屋敷(東京都新宿区)[1.6km]

四谷見附の解説文

四谷見附は、江戸時代に江戸城の外堀に作られた枡形の城門である。

見附とは敵の侵入を発見するための見張所という意味で、江戸城では俗に三十六見附と言われる多くの見附があった。

新宿区近辺の外堀は3代将軍・徳川家光の時代に作られたもので、この四谷見附は寛永16年(1639)の築造である。

現在はJR四ツ谷駅前に門の一角であった石垣が現存している。

四谷見附の口コミ情報

我流尾張守クール様[2017年06月24日]
四ツ谷駅の麹町口を出て横断歩道を渡ると石垣があります。(これは有名)
石垣を正面に観て右へ歩道を進むと登り口があります。土塁を登るわけです。そう、其処が外濠公園で投稿写真にあるように桜の名所でもあるようです。
四ツ谷駅が外堀の底にある様子がよくわかります。真ん中は舗装されていますので、革靴でも大丈夫です。
そのまま進むと真田濠を観ながら、喰違見附まで辿り着くようです。

四谷見附は長州藩の毛利秀就が担当した見附ですが、高麗門、櫓門を擁した枡形門です。甲州街道起点の地でもあります。古地図を手に取り、当時を思い描くのもたのしそうです。

石垣に目を奪われがちですが、横断歩道を渡る前に左を見ると、無造作に石が置いてきぼりです。高麗門の残材かもしれないですね。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore