松江城(まつえじょう)

松江城の基本情報

通称・別名

千鳥城、(旧末次城)

所在地

島根県松江市殿町

旧国名

出雲国

分類・構造

輪郭連郭複合式平山城

天守構造

複合式望楼型[4重5階地下1階/1607年築/現存]

築城主

堀尾忠氏

築城年

慶長16年(1611)

主な改修者

京極忠高

主な城主

堀尾氏、京極氏、松平氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、天守、石垣、横堀

指定文化財

国宝(天守)、国史跡(松江城)

再建造物

櫓、門、橋、石碑、説明板

周辺の城

荒隈城(島根県松江市)[1.7km]
白鹿城(島根県松江市)[2.8km]
満願寺城(島根県松江市)[3.1km]
新山城(島根県松江市)[3.8km]
玉造要害山城(島根県松江市)[7.7km]

松江城の解説文

松江城(まつえじょう)は、島根県松江市殿町にある日本の城跡。別名・千鳥城。現存天守は国宝に、城跡は国の史跡に指定されている。この他に日本さくら名所100選や都市景観100選に選ばれている。

概要
平山城で江戸時代には松江藩の藩庁として、出雲地方の政治経済の中心となったが、明治時代初頭に廃城令によって存城処分(陸軍省所管)となったため、天守以外の建物はすべて払い下げられ撤去された。城跡は現在、松江城山公園として利用され、また、江戸時代初期建造の天守を有する城跡であり、天守は山陰地方の現存例としては唯一である。天守からは宍道湖を眺望できる。天守内部には松江市街のミニチュア模型が展示されている。

現在、指定管理者制度に則り、特定非営利活動法人松江ツーリズム研究会が運営をしている。

歴史・沿革
前史
鎌倉時代から戦国時代にかけて、この地に末次城(末次の土居)が置かれた。

築城
1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾忠氏(堀尾吉晴の子)が、24万石を得て月山富田城に入城し松江藩が成立。月山富田城は中世山城であり近世城下町形成には不利であったので、末次城跡を近世城郭の候補とした。
1607年(慶長12年) 末次城のあった亀田山に築城を開始。
1611年(慶長16年) 冬、松江城落成。(堀尾吉晴はこの年6月に完成目前で急死している。)
1633年(寛永10年) 堀尾忠晴没、嗣子なく堀尾氏は3代で改易となった。
1634年(寛永11年) 京極忠高が若狭国小浜藩(若狭・越前敦賀郡)より出雲・隠岐両国26万石で入封。三の丸を造営し、ここに松江城の全容が完成した。
1637年(寛永14年) 忠高が嗣子なく没し京極氏は一時廃絶(のちに他国で再興される)。
1638年(寛永15年) 信濃国松本藩より松平直政が18万6千石で入封。以後、明治維新まで続く。

近現代...

松江城の口コミ情報

サクラガイ様[2017年08月26日]
ちどり娘さんの松江城案内に参加して来ました。(要予約)かわいいお姉さんが着物を着て松江城を案内してくれます。

松江城ができた経緯、藩主、なぜ国宝指定となったかなどの説明もとてもわかりやすいですよ。

松江城は狭間が開閉式になっており、敵が攻めて来た時どこから弓矢が来るかわからない仕掛けになっていることや、1階に上がる階段は桐でできていてとても軽い釣り上げ式になっており、そのあと引き出し式の戸を閉めて敵の進入を防ぐようにできていることなどを教えてくれました。

たくさんの展示物の中からピンポイントで重要なものの説明もしてくれます。

ちどり娘さんが持っている写真やさし絵次の資料がとてもわかりやすく、それも写真に撮らせてくれました。

ただただ驚いたのが、この壮大な城がわずか5年で築かれた事です。

青き巨星弾正忠かみさん様[2017年05月12日]
現存12天守の松江城ですが、お城メダルはありません。
大手門側の売店で聞いたところ、「あ〜500円くらいで売っているやつですね。要望は出しているんですけど、まだなんですよ。」と可愛い女性スタッフに言われました。
そして「国宝記念メダルはあるんですけどね〜」値段も聞かず即買い。1枚2000円、直径4センチ、ブロンズ製、結構デカイ、メダルファイルに入らない「前の値段は3240円です」とこれってお得なのかな?

織田左兵衛督晃司1202晴天様[2017年03月13日]
週末は島根県庁の駐車場(無料)が開放されるのでお得です。
利用できない時もありますので確認はして下さい。

お座敷舟による堀端めぐり(¥1,200)で約50分松江を観光しても面白いです。
舟から見る天守も乙です。

松江に宿泊するなら宍道湖の夕陽はぜひ見てください。きれいですよ。

【工事中】国士無双河内守様[2017年03月02日]
日本桜の名所100選にもなっている松江城ですが、虫害と老朽化のため、H29.3.17まで本丸庭園は補修工事中です。
芝生も養生中で通路がかなり制限されています。
天守の撮影にも看板・重機やフェンスが入ってしまい残念ですが、早く美しい景観に戻ることを願います。

搦め手口から徒歩約10分ぐらいで地ビール館があります。
2Fのレストランのお試しセットがおすすめです。¥1000で3種類の地ビール(グラスビールですが)が楽しめます。

摂津守@はんなりと様[2016年10月01日]
松江駅のバス停⑦からレイクラインに乗り、10分200円ほどで松江城に着きます。
レイクラインでは松江の歴史などの紹介があり、帰りも乗りましたが、松江市街地を50分かけて一周します。本数は20分おきにあります。

下車後、二ノ丸に復元された中櫓・太鼓櫓・南櫓と高石垣、少し天守閣が目の前に広がり、ワクワク感を煽ります。
大手前から一ノ門まではそれほど時間もかかりませんが、この付近は打込接の石垣が目立ちます。
本丸は戦国の名残を感じさせる野面積の石垣となり、城が築かれた順が感じさせられました。

一ノ門を潜り天守閣入場券560円を購入しますが、内部に入らないなら不要です。
折角なんで天守閣外周を見てから入場しましたが、どの天守閣にも共通しますが、階段が急です。
また地階には修理で交換した柱などの展示、一階から四階までは甲冑や調度品の展示があります。
現存天守閣は、気の温もりがいいです。
望楼からは市内や宍道湖が一望でき、入る風が心地よかったです。

天守を出て、北ノ門跡から出て、二ノ丸など歩いて、滞在時間は90分くらいでした。

房総落去様[2016年05月02日]
結構前になりますが、出雲大社の建て替え記念公開を見に行った時に松江に宿を取ったので行ってきました。亡き妻との思い出があるので、関東から離れているのに親しみを感じるお城です。

カーネル様[2015年11月17日]
日の出とともに松江駅から松江城を左に見ながら白鹿城に向けて北上し、長谷口から登り白鹿城の本丸に到着。松江駅から1時間40分かかりました。そして反対側の西ノ谷登山口へ降りました

そこから南下して松江城へ。松江城に向けて最短距離の林道を歩いたら草で覆い尽くされていて、林道を抜けたら靴下と靴紐が種に覆いつくされて血の気が引く

西ノ谷登山口からは1時間で小泉八雲記念館。それでも開城前だったので北の丸・二の丸下の段・本丸を散策して時間つぶし。開城したら天守・二の丸・馬溜を経て松江駅に戻りました
松江城でかなり時間をかけたせいもありますが、松江駅-白鹿城-松江城-松江駅で5時間半かかりました

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

まるき〜淡路守様[2015年05月17日]
松江城はスリッパとか履かずに裸足で見学できまーす。
中の撮影もOK!
見所沢山、物置?隠し部屋、箱便所…
床、階段がキシキシ鳴りまーす(笑
石垣も大きく茶系でとても綺麗でたくましいお城だぁ〜!
破風の傷み具合や屋根の裏の朽ちた感、現存天守である存在感、夜のライトアップも綺麗!最高でした。

はせちゃん弾正忠様[2013年05月21日]
5/26 島根県庁(三の丸跡)で発掘調査現地説明会が実施されるとのことです
江戸期の建物跡が検出したようです

はせちゃん弾正忠様[2013年03月19日]
明日3/20、三の丸で見つかった江戸期の石組み遺構(井戸跡か防火水槽らしい)を一般公開します

お近くの方は是非どうぞ

奥州王毘沙門天山城守乱丸様[2012年12月26日]
初めての登城で1時間ちょっとの散策でしたが5重6階の天主とあって見応え満足です(^_^)b
また3基の櫓は復元されたとは思えない程に重厚感たっぷりでした(^_^)
松江城を国宝にの垂れ幕に納得するくらいです!
また搦め手にあたる裏側には大手口のような立派な石垣は無くもの足りない感じでしたがそれもありかなという感想です。
みぞれ降る天候でなく晴れていれは最高でした!
また近くには松江歴史館もありセットで見学する事をお勧めします(^_^)

やま三河守すけ様[2012年09月17日]
10月15日まで、多分土日祝のみだと思いますが。水燈祭が開催され、掘りの周りを燈籠がいろどります。天守閣へも夜9時まで、行く事ができます。夜のお城もなかなか良いです。駐車場は県庁の駐車場が無料解放されてました

中納言M三郎様[2011年08月18日]
松江城の石垣は、その様式から、概して本丸周辺が古く、大手桝形付近の高石垣などは新しいもののように見えます。この高石垣は、安山岩を用いた切込接乱積で偶角部には完成された算木積を持つ素晴らしいものです。石垣上には、近年、櫓3基と城壁が復元されていますが、内2基は平櫓で全体に下見板張の外観に統一することで、背後の天守との調和が図られています。また、城周辺には、堀を掘り回し、宍道湖と水位連動させることで恒常的に防御性を確保しています。堀の水深は浅くなっているようですが、現在も城と水の景観は健在です

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore