玉造要害山城(たまつくりようがいさんじょう)

玉造要害山城の基本情報

通称・別名

湯ヶ山城、湯ノ城、玉造城

所在地

島根県松江市玉湯町玉造

旧国名

出雲国

分類・構造

山城

天守構造

建造されず

築城主

湯秀貞

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

湯氏

廃城年

不明

遺構

空堀、曲輪、土塁、井戸、帯曲輪、畝状竪堀、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

荒隈城(島根県松江市)[6.4km]
満願寺城(島根県松江市)[6.7km]
松江城(島根県松江市)[7.7km]
牛尾城(島根県雲南市)[8.5km]
金山要害山城(島根県松江市)[9.2km]

玉造要害山城の解説文

玉造要害山城(たまつくりようがいさんじょう)は島根県松江市玉湯町にあった城。

概要
玉造要害山城は、湯秀貞によって築かれた山城で、尼子氏重臣として活躍した湯氏の一族が拠った。

構造
最高所の本丸を中心に、北西の玉作湯神社方面に山腹を半周する帯郭を含む四段の郭が設けられている。

本丸及び本丸の帯郭には、尾根筋方面に土塁、縦土塁が設けられ、加えて本丸直下の堀切は土塁を伴う厳重な構えとなっている。

麓の郭と本丸帯郭の間に設けられた郭には、食い違い土塁及び連続縦堀群が設けられており、帯郭の縦土塁と共に、尼子氏流築城術にはない特徴が見られる。

遺構
山上の遺構は保存状態が良く、空堀及び土塁が往時の姿を留めている。また、本丸下の尾根鞍部に井戸跡が残る。

沿革
鎌倉時代、佐々木泰清の第七子頼清が湯荘に入り、湯氏を称して拝志及び湯の二郡を支配した。
南北朝時代、湯頼清の孫湯秀貞が湯荘に入り、玉造要害山城を築いた。
富士名義綱が南朝方として隠岐にあった時、湯荘留守職の諏訪部扶重が謀反を起こし、玉造要害山城も攻められ落城した。
永禄元年(1558年)に記された玉作湯神社の棟札に湯菊丸の名があり、戦国時代後期にはこの湯氏の傍系が拠っていたものと考えられている。
玉造要害山城のその後は詳らかではないが、毛利氏の手が加えられた可能性が指摘されている。...

玉造要害山城の口コミ情報

ソバッソ店長様[2017年04月20日]
「遺構保存状態が良好」との言葉に誘われて登城しました。


曲輪と切岸メインの防御設備です。
やっぱ城郭は高低で防御するのが基本ですよね。
規模は小さいんですが曲輪と曲輪の高低差がキツく、登るのが面倒でした。とか言いながら楽しいんですけどね。
基本、竹藪の中を突き進むと思っておいて下さい。そして笹の葉で非常に滑ります。何回かコケそうになりました。


そして先人の書かれた通り、下山ルートをロストしました。規模が小さいのでナメてかかってヤられるパターンです。
しかし下り方面を見ると隣接している神社境内が見えているので、そっちへ降りていけそうな場所を探して下山して下さい。
観光客にビックリされます。

ホンマに観光地にある城跡です。

カーネル様[2016年02月27日]
山陰線玉造温泉駅から
南へ行かねばならぬが、北口しかないので、駅を左にでて商店街を歩くと「玉造温泉街」の石碑があります
ここで左折すると跨線橋がるので、これで線路を超える
線路沿いに西へ歩き、T字のぶつかるので、左折して川沿いに南下

山陰自動車道をくぐると温泉街に。ここから人が増える

温泉街を進むと、玉作湯神社があるので、鳥居をくぐって中へ進むと人ごみマックス
参道の階段には、『右が城』の標識があるので境内ではなく右へ。また人がいなくなる

登山口から竹やぶの中を登る。階段があるので、迷うことはないです
本丸から反対側に降りると井戸と見事な堀があります

しかし、ここからの下り道が明確でないので、鞍部を適当に下ると林道に出て、右折すると最初の登山口に戻れます

玉作湯神社にお参りしてから駅に戻る。全部で1時間半


歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore