満願寺城(まんがんじじょう)

満願寺城の基本情報

通称・別名

万願寺城

所在地

島根県松江市西浜佐陀町

旧国名

出雲国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

建造されず

築城主

湯原信綱

築城年

大永元年(1521)

主な改修者

主な城主

湯原氏、奈佐氏、毛利氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、横堀(空堀)、帯曲輪、堀切

指定文化財

再建造物

周辺の城

荒隈城(島根県松江市)[1.7km]
松江城(島根県松江市)[3.1km]
白鹿城(島根県松江市)[4.5km]
新山城(島根県松江市)[5.3km]
玉造要害山城(島根県松江市)[6.7km]

満願寺城の解説文

満願寺城(まんがんじじょう)は、島根県松江市西浜佐陀町にあった日本の城。。

概要
宍道湖畔の丘陵端に位置するが、戦国時代当時、城域の北側には佐田水海が広がっており、三面を水に洗われる要害であった。毛利元就の出雲侵攻に際し、湯原氏は毛利氏に降り、満願寺に拠った湯原氏は宍道湖の制海権の把握に努めた。元亀元年(1570年)、尼子氏残党の蜂起に加わった奈佐日本之助が一時入城したが、天正元年吉川元春に攻められ再び毛利氏に帰した。

沿革
大永元年(1521年)、湯原氏により築城。
永禄5年(1562年)、毛利氏の出雲侵攻を受けて湯原氏は毛利氏に降り、毛利氏の支配下に置かれた。
1570年(元亀元年)、尼子氏残党奈佐日本之介に落とされる。
1573年(天正元年)、奈佐氏が毛利氏に降り、再び毛利氏が入城した。

満願寺城の口コミ情報

城之助様[2011年12月10日]
満願寺の駐車場を利用
墓地の西側に複数の曲輪を見ることができます。寺背後の高台には空堀も残っています

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore