川越城(かわごえじょう)

川越城の基本情報

通称・別名

初雁城、霧隠城

所在地

埼玉県川越市郭町2他

旧国名

武蔵国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

築城主

太田道真、太田道灌

築城年

長禄元年(1457)

主な改修者

松平(長沢)信綱

主な城主

扇谷上杉氏、後北条氏、酒井氏、堀田氏、長沢松平氏

廃城年

明治3年(1870)頃

遺構

堀、土塁、御殿、移築物3棟

指定文化財

県有形文化財(川越城本丸御殿)、県史跡

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

河越館(埼玉県川越市)[3.7km]
砂久保陣場(埼玉県川越市)[4.5km]
大堀山城(埼玉県川越市)[6.4km]
中釘陣屋(埼玉県さいたま市)[6.5km]
永田陣屋(埼玉県さいたま市)[7.7km]

川越城の解説文

川越城(かわごえじょう)は埼玉県川越市にある城跡。江戸時代には川越藩の藩庁が置かれた。別名、初雁城、霧隠城。関東七名城・日本100名城。通常、川越城の名称を表記する場合、中世については河越城、近世以降は川越城と表記されることが多い。

概要
武蔵野台地の北東端に位置する平山城。1848年に建られた本丸御殿の一部が現存する(埼玉県有形文化財)。二の丸跡は川越市立博物館・川越市立美術館となっている。三の丸跡地である埼玉県立川越高等学校の近くに小高い富士見櫓跡があり御嶽神社と浅間神社が建っている。川越城には天守閣はなく、宇都宮城・清明台櫓と同様に城の中で一番高い所にあった富士見櫓が天守閣の代わりをしていた。富士見櫓は三層と考えられている。埼玉県指定史跡。中世から近世にかけて改築がなされ規模を大きく変えた。藩政時代には、酒井忠勝・松平信綱(知恵伊豆)や柳沢吉保など幕府の要職についた歴代藩主が多く(幕閣の老中数7名は全国でも最多の藩の1つ)、特に江戸時代中期までは「老中の居城」であった(中期以降は親藩)。

別名
初雁城: 城内の三芳野神社に「初雁の杉」があった。毎年同じ時期に北から初雁が飛来し杉の真上で三声鳴き三度回って南に飛び去った、という故事による。太田道灌が川越城築城祝いで開いた宴の折も初雁が来て鳴いたことから道灌が「初雁城」と命名した、という。3代目の初雁の杉が神社の社殿裏にある。

霧隠城: 城内に「霧吹きの井戸」という井戸があり、普段は蓋をしておくが危急の際は蓋を開くと霧が城を隠した、という伝承による。井戸は現存し、移築され市立博物館の前庭にある。

歴史・沿革
室町時代
1457年 武蔵国は扇谷上杉氏と古河公方(足利氏)の係争地であったため、足利氏の勢力(古河城関宿城忍城など)に対抗する上杉氏の本拠地として、上杉持朝は家宰の太田道真、太田道灌父子に川越城(河越城)の築城を命じた。また江戸城も築城させ、古河公方への防衛線を構築した。持朝が初代河越城主となった(家老の道灌が江戸城主となった)。
道灌の築城方法は、「道灌がかり」という「連郭式縄張り」で、子城、中城、外城など独立した曲輪を連ね、周囲に高さ二間ほどの土塁を築く。曲輪の間には堀を巡らし、飛橋と呼ばれる橋で連結、各入口には土橋、引き橋、食い違い虎口や横矢がかりなどの仕掛けを作った。敵が侵入しても中城に拠って防げる構造だった。城郭はおよそ5万坪、8門8櫓を構えた。 新編武蔵風土記稿によると本丸南西の20mの高台に富士見櫓を築いたのも道灌である。また三芳野神社が祀られた天神郭も造られた。城の北に赤間川(現新河岸川)が流れ、さらに北を入間川・越辺川などが流れて外堀の役割を果たす。城の南は遊女川(よながわ)の湿地帯であった。武蔵野台地の北端の丘陵に位置し、東方を睨んだ自然の要害に位置している比高5〜6mの平山城である。
築城に際しては、太田道真主導説(北条五代記や永享記など)と太田道灌主導説(霊岩夜話や太田家記など)の2説ある。築城後、西に太田道真屋敷が、城の北西に太田道灌屋敷が築かれた。
扇谷上杉氏の当主・上杉朝良が居城する河越城に対抗して、1497年に山内上杉氏当主・上杉顕定は河越館に上戸陣を構築、古河公方の足利政氏を招いて7年間も睨みあう。
北条早雲の継嗣・北条氏綱は武蔵国征圧のため、武蔵国を支配していた上杉氏の居城・河越城に侵攻、1524年から1544年まで4度にわたる争奪戦が展開される(総じて「河越城の戦い」という)。
 上杉時代の城主:上杉持朝、上杉政真、上杉定正、上杉朝良、上杉朝興、上杉朝定

1524年に江戸城を収めた北条氏綱は、1537年についに河越城を奪取し武蔵国支配を確定、以降は後北条氏の武蔵国支配の拠点となる。とくに「河越衆」と呼ばれ、大道寺氏の精鋭部隊がいた。
1546年 河越城奪回をはかる扇谷上杉氏の上杉朝定は、古河公方(足利晴氏)・山内上杉氏(上杉憲政)と連合を組み、大軍で河越城を包囲し後北条氏との決戦に臨んだ。また今川義元、武田信玄と連携し駿河と武蔵でほぼ同時に後北条氏に対する軍事行動に出ることで圧迫を強めた(第2次河東一乱)。「黄八幡」で有名な北条綱成は半年に及ぶ篭城で抵抗、ついに後攻めの北条氏康による夜襲で連合軍を撃退、扇谷上杉氏は滅亡、山内上杉氏はのちに長尾景虎のもとに逃亡することになった。これが日本三大夜戦の一つ・河越夜戦である。...

川越城の口コミ情報

やすし木工頭様[2017年05月08日]
川越市には、十字路が2つしかありません。城下町を迷子になりながら、堪能してみて下さい。

武蔵守護左衛門佐ひろと様[2017年05月08日]
川越城に行くまでに道に迷って、住宅街の中をうろついてた私...
川越城は川越駅よりも本川越駅の方が近いので、JRで行く際は、まず本川越の駅へ歩いた方がいいです。
この城の堀跡は古江戸の町の方にあります。

天下泰平大膳大夫様[2017年01月22日]
近くにある喜多院もいいてすよ。江戸城から移築された客殿や仙波東照宮など川越城の南の守りに相応しい遺構も見られました。

【謹慎中】右衛門督かげちゃん様[2017年01月05日]
都市開発とかで遺構は、あまり残ってないです。本丸御殿と富士見櫓跡と水堀の一部分しか残ってないです。”小江戸”をぶらぶらしたついでに寄ってみる程度で充分です。

武田甲斐守信玄餅様[2016年02月26日]
本丸御殿休館日に来てしまいましたが、100名城スタンプは市役所5階の観光課で無事に押せました。小さいサイズもありましたのでご安心を!

石田武蔵守いしのすけ様[2015年10月23日]
本日、行ったら、休館でした( ;∀;)

100名城スタンプは、市役所の5F 観光課にあるとの看板が本丸御殿前にありましたので、行ってみました

スタンプは、大小あり、日本城郭協会のスタンプ帳に収まるものもありました。

シャチハタで、インク補充したばかりなのか、かなり、インクが濃かったです。
気をつけたつもりだったのに、対面の八王子城のところにくっきり、写ってしまいました( ;∀;)

あて紙を持参したほうがいいかもしれません。昔、6年ほど住んでいた川越ですので、懐かしかったです!

永眠武蔵守釋 葱進様[2015年08月11日]
市立博物館では、学芸員による定時解説が2回(平日)~4回(土休日)行われています。(他の時間帯も支障なければ個別対応可とのこと)
太田道灌の築城から明治期にいたる川越城と蔵の街の歴史を中心に、展示物を使いながらの解説となります。

城ノ内相模守夏葉様[2015年05月06日]
本丸御殿で入手したクリアファイルは、表は御殿の写真と城の縄張り、裏は全国の百名城のリストと日本地図がデザインされた優れものでした。

武蔵の獅子安房守様[2015年02月15日]
ウォーターボーイズの舞台となった県立川越高校が隣にあります。ちなみにここは県内no.2の進学校です。

鶴亀仙人様[2013年09月24日]
川越城は毎週月曜日(ハッピーマンデーの場合は翌日の火曜日)と第4金曜日が休館日なのでご注意下さい。
私はまんまと休館日に来てしまいました(^^;)
休館日でもスタンプは駐車場のおじさんから小片に予め押したものなら貰えます。
また、市役所の観光課に行けばスタンプがありますが、本物よりデカくスタンプ帳のマス目からはみ出るサイズです(>_<)
本物にこだわる方は開館日にお越し下さい。

オーロラブレス様[2013年06月07日]
川越城に行ったあとはうなぎがいいですよ!いちのやがオススメ!

すかんぴん杉丸美濃守様[2013年02月18日]
本丸御殿の駐車場は博物館等の五館共通で無料です。
駐車場にトイレはありますが、本丸御殿の中にもありました。
ここから富士見櫓跡と中ノ門堀跡も徒歩圏内です。
また本丸天神曲輪の三芳野神社は川越城築城以前からのもので、現在の社殿は三代将軍家光の幕命で酒井忠勝が寛永元年に建てたもの。ここは童謡『とうりゃんせ』が生まれた所と言われています。
車を停めたまま、川越観光のメインの蔵造りの一番街も歩いて行かれます。
また、本丸御殿の大広間には天下三槍の一つ結城家の御手杵の槍のカバー?(レプリカ)が展示されてます。川越藩の参勤交代時の馬印だったそうです。

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年04月11日]
本丸御殿前の駐車場は無料ですが門限があります

かつおぶし武蔵守様[2011年08月03日]
ドラマ「JIN-完結編-」の撮影で本丸御殿が使用されたようです。

台本も展示されていて、河越藩でのワンシーンを読むことができました

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月25日]
[武将像]太田道灌像
川越市役所前に鎮座。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月22日]
中ノ門堀は土塀も復元整備され、平成22年春から公開されています。写真アップしました。
また、現在本丸御殿の保存修理工事が進んでおり、見学できません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore