掛川城(かけがわじょう)

掛川城の基本情報

通称・別名

懸川城、懸河城、雲霧城、松尾城

所在地

静岡県掛川市掛川

旧国名

遠江国

分類・構造

平山城

天守構造

型式不明[3重/1590年頃築/倒壊(地震)]、不明[3重/1621年再/倒壊(地震)]、複合式望楼型[3重4階/1996年再/木造復元]

築城主

朝比奈泰煕

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

山内一豊

主な城主

朝比奈氏、山内氏、太田氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

曲輪、二の丸御殿、太鼓櫓、石垣、土塁、堀、移築門(油山寺)

指定文化財

国重要文化財(二の丸御殿)、国重要文化財(油山寺山門(移築大手二之門))

再建造物

天守、門、石碑、説明板

周辺の城

久野城(静岡県袋井市)[7.8km]
高天神城(静岡県掛川市)[8.8km]
飯田城(静岡県周智郡)[9.1km]
天方城(静岡県周智郡)[10.0km]
馬伏塚城(静岡県袋井市)[10.3km]

掛川城の解説文

掛川城(かけがわじょう)は、遠江国佐野郡掛川(現在の静岡県掛川市掛川)にあった日本の城である。

概要
戦国時代には東海道を扼する遠江国東部の中心、拠点として掛川はしばしば争奪戦の舞台となった。朝比奈氏によって逆川の北沿岸にある龍頭山に築かれたとされ、現在見られる城郭の構造の基本的な部分は安土桃山時代に同地に入封した山内一豊によるものである。

本丸を中心に、西に搦手、南東に大手を開き、北に天守曲輪である天守丸、その北に竹之丸、南に松尾曲輪、西に中の丸、東に二ノ丸と三ノ丸、その南を惣構えで囲んだ梯郭式の平山城であった。明治以降は、廃城令によって廃城処分とされ建物の一部を残して撤去され、道路や庁舎の建設によって大半の遺構が撤去されている。現在は、1854年に倒壊した天守や大手門などの一部の建物、塀が復元され、堀や土塁、石塁の復元が行われている。城跡の整備が城下に至り、電柱の埋設など都市景観の配慮に及んだ。

歴史・沿革
戦国時代
室町時代中期の文明(1469年 - 1487年)年間に守護大名・今川義忠が、重臣の朝比奈泰煕に命じて築城したと伝えられている。

そのまま朝比奈氏が城代を務め、泰煕の子孫である朝比奈泰能・朝比奈泰朝が代々城を預かった。ところが、1568年(永禄11年)、朝比奈氏の主家の今川氏が甲斐国の武田信玄・三河国の徳川家康の両大名から挟み撃ちに遭い、当主の今川氏真は本拠地たる駿府館を捨てて、朝比奈泰朝のいる掛川城に逃げ延びた。このため、掛川城は徳川勢の包囲に遭うが、泰朝は城を守ってなかなか落城しなかった。しかし、多勢に無勢もあり、和議で主君氏真の身の無事を家康に認めさせると、泰朝は開城を決断した。

氏真と泰朝は1569年2月8日(永禄12年1月23日)に掛川城を開き、相模国の小田原城へ退去し、掛川城には城代として家康の重臣・石川家成・康通親子が入った。間もなく駿河国に入った武田信玄が徳川家康と敵対し、掛川城に程近い牧之原台地に諏訪原城を築き、さらに掛川城の南方にある高天神城では武田・徳川両氏の激しい攻防戦の舞台となった。しかし掛川城は1582年(天正10年)の武田氏の滅亡まで徳川氏の領有であり続けた。

天正年間から慶長初年
その後も掛川城は石川氏が城代を務めたが、1590年(天正18年)に家康が東海から関東に移封されると、掛川城には豊臣秀吉の直臣であった山内一豊が5万1千石(のち5万9千石)で入った。一豊は掛川城の大幅な拡張を実施し、石垣・瓦葺の建築物・天守など近世城郭としての体裁を整えた城郭とした。

江戸時代
1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦いの後、一豊は土佐一国を与えられて高知城に移転した。その後、掛川城には多くの譜代大名が入ったが、最終的には太田氏(太田道灌一族の系統)が入り、何度か城の修築も行われている。ところが、幕末の1854年(安政元年)末に、東海地方一帯を大地震が襲い(安政東海地震)、掛川城も天守を含む大半の建物が倒壊した。この際、政務所である二ノ丸御殿は1861年(文久元年)までに再建されたが、天守は再建されることはなかった。
...

掛川城の口コミ情報

まるき〜淡路守様[2017年08月28日]
今さっき、突然ふと思い出した…
掛川城天守再建にかなりの金額が住民の寄付で賄われたという事なんですが
1人で8割程寄付した方が居られたとか…
掛川城の天守再建は確か10億円くらいだったと思います。

天守に使われた木材は檜ではなくヒバの木だそうで建設を急いだためなのか木材が乾ききらないうちに使用したためにヒビが入った柱が見受けられる。
強度的には問題がないらしいが見た目がちょっと残念でした。

御殿ですが時折学校に使われていた時期もあるようで、瓦の模様に『学』と書かれたものがあります。
よーく見ればわかりますが、わからなければガイドさんに教えてもらって下さ〜い(^◇^;)

もふもふ左大臣あのお方様[2017年06月18日]
大手門前に構える『すいのや』さんのおでんが、ほんわか美味い。
ごぼう巻き・厚揚げ・うずら卵串・こんにゃく等は一本90円で、いわし天に至ってはは2枚刺さって45円!
だし粉がかかって静岡風なのも良い。

お店は昔ながらの駄菓子屋風情で、お店の方も親切で温かく、なんとも居心地がいい。おでんと一緒にビールや缶チューハイも飲れるので、お城帰りに是非!

本多大学助忠政公様[2017年01月09日]
袋井市の油山寺には掛川城のニノ門と横須賀城の書院が現存されている場所なので興味がある方はぜひそちらも。

若狭守次郎吉様[2016年09月23日]
掛川城は天守と御殿セットで大人410円、小・中学生150円。20人以上で団体料金になります。
年中無休で9時~17時まで(最終入場は16時30分まで)開館しています。

JR掛川駅から徒歩約7分。駅から城跡までほぼ一本道なので迷わないかと思います。

御殿の畳に座りながら眺める天守は最高です!オススメです!そんな雰囲気に浸ることのできるのは数少ない現存御殿のある掛川城だからです!

御殿で販売されている『掛川城の歴史と文化財』(100円)という冊子は安価な上に充実した内容でオススメです! 掛川城の歴史から天守復元までの道のり、復元図…、城郭ファンなら楽しめる冊子です。




ドラガン尾張守店長様[2016年08月19日]
掛川城駅から歩いて10分。
東海道沿いの逆川沿いの小高い丘に建つ。
色んな方向から違った顔が見える。
今川家の重臣朝比奈氏の居城にして、功名が辻の山内一豊の出世城。
関東へ移封した徳川への備え。
日本初の復元木造天守閣で、鉄筋のがっかり感はまるでなし。
四足門や三日月堀、曲輪を含めて、小規模ながらも見事な良い城でした。

天下泰平大膳大夫様[2016年05月05日]
めぐるなら周遊券がお得。900円で天守閣、本丸御殿、竹の丸二の丸お茶室込み。お茶室では抹茶代込み。お庭もなかなか。天守閣はなんとなく高知城に似てますね。

maria大宰大弐様[2016年02月23日]
掛川城から少し北に行ったところにある龍尾神社。梅園が見頃です。

井伊直虎様[2016年02月23日]
掛川城は、掛川駅から、近く、行きやすいです。しかも、駅の近くとあって、交通量もおおいので、防犯てきにもいいかなとおもいます。

井伊直虎様[2016年02月23日]
僕も掛川城行ってきました。
袋井市の油山寺に、掛川城の大手門に移築されているそうです。
掛川城は、高知城の、もとに、なって、高知城は、掛川城の再建天守のもとに、なったということです。

【単騎駆】右衛門督かげちゃん様[2015年12月31日]
浜松方面から行く場合、国道1号を東進し、掛川西高グランドそばの交差点を右折して少し行った所に市営駐車場があります。そこに車を停めて徒歩で南下して橋の手前に掛川城天守閣に行ける道があります。

maria大宰大弐様[2015年07月05日]
二の丸美術館にステンドグラス美術館がオープンしました。イギリスの18世紀のものが中心です。
地元のドクターが建物込みで寄付されました。
洋物ですが、こちらも必見です。

あも御前様[2015年07月04日]
在来線の掛川駅のトイレが和式(個室もひとつ)
外国の方も居たのに…

…駅前から城までが閑散…
その閑散とした感じを裏切る立派な天守閣が。

もっと客を呼ぶ努力してーーー!(トイレ含)


león伊豆守大途様[2015年02月07日]
掛川城の北東にある龍華院子角山公園が、今川氏重臣朝比奈泰熙によって築かれた掛川古城跡です。
現在の位置に掛川城が築城されたのは1513年頃と伝わります。

遺構としては本曲輪があった龍華院の東側から北側にかけて土塁が、本曲輪と公園となっている二の曲輪の間に大堀切が残っていました。

掛川城公園より歩いてすぐなので興味がある方は是非。

大宰大弐川より河。様[2014年01月04日]
やたらと人が多くて賑やかだと思ったら、出初め式をやっていました。

はやえもん壱岐守行動休息中様[2013年05月05日]
掛川駅を出て北へ約700メートル 道路に目印の看板があります。なお入館料は大人400円です

ぽえぞお弾正少弼黄金旅程様[2013年01月20日]
大手町Pが車で来る方はお勧め。駐車場から右に進み大手門を見たら逆川沿いに左へ、次の交差点を右に曲がるとお城の登城口に。天守や二ノ丸御殿は見応え十分!現在、美術館は安藤広重を中心とした浮世絵の展示です。二ノ丸茶室は別料金で500円(お茶とお菓子付)一通り見たら『鎧屋』さんでお土産物色(笑)

桑名式部大輔はまぐり〜様[2012年02月12日]
二之丸御殿は必見です!近くの鎧屋は戦国グッズや甲冑を販売してます(^-^)/

徳川内大臣源朝臣康武様[2011年07月29日]
お城下にある「鎧屋」という甲冑レプリカや戦国グッズを扱うお店で、1/100掛川城天守のペーパークラフトを開発中
2000円程度で発売したいらしいけど、サンプルはちょーリアル軒下まで印刷入って完成度タカッ発売が楽しみ〜
ちなみに、二の丸美術館で、9月まで掛川城展開催中ただし、期待は・・・

古楽侍従広家様[2011年04月10日]
二之丸御殿で、奥との区切りを聞いた時に「ない」との答えでした。つまりまだ奥の分だけ建物が広がっていたのだと思うと立派ですよね。

tomm加賀守様[2010年10月07日]
駐車場ですが、「観光案内処こだわりっぱ」前に3台と奥に数台無料で停めれるみたいです。(ただし17時閉店で鎖が)
100名城スタンプは二之丸御殿にて。
城のスタンプは二之丸御殿とこだわりっぱの観光案内所に違うのがあります
また掛川城のライトアップは凄く綺麗でしたね〜

掛川城の周辺観光情報

掛川市ステンドグラス美術館

平成27年6月、掛川城公園二の丸美術館の隣に「掛川市ステンドグラス美術館」がオープンしました。19世紀のイギリスとフランスで制作された古典的な作品が所蔵されています。

掛川城御殿

城主の公邸、藩の役所、公式式典の場などとして使用されていました。現存する御殿は、江戸時代後期に再建された建物で、全国で数カ所にしか残っていない大変貴重なものとして、国の重要文化財に指定されています。

掛川城大手門・番所

大手門は天守閣に続いて平成7年に復元されたものです。掛川城の表玄関にふさわしい桜門造りの本格的な櫓門は、木造日本瓦葺き入母屋づくりです。白壁で板ひさしが配され、棟の上にはシャチ瓦が飾られた勇壮な構えです。

掛川花鳥園

「花と生物とのふれあい」をテーマにしたテーマパークです。国内最大規模の大温室を備えた園内では、めずらしい花々や多種のフクロウやペンギン、インコなどの鳥類に出会え、直接ふれあうことができます。

情報提供:掛川市

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore