黒田代官屋敷(くろだだいかんやしき)

黒田代官屋敷の基本情報

通称・別名

所在地

静岡県菊川市下平川字西側

旧国名

遠江国

分類・構造

代官所

天守構造

なし

築城主

黒田義則

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

主な城主

黒田氏

廃城年

遺構

曲輪、長屋門、主屋、土蔵、土塁、横堀(水堀)

指定文化財

国重要文化財(黒田家住宅)

再建造物

説明板

周辺の城

高天神城(静岡県掛川市)[4.4km]
菊川城館(静岡県菊川市)[4.4km]
朝比奈城(静岡県御前崎市)[7.2km]
横須賀城(静岡県掛川市)[10.4km]
相良城(静岡県牧之原市)[10.5km]

黒田代官屋敷の解説文

黒田家代官屋敷(くろだけだいかんやしき)は、遠江国城東郡嶺田(現・静岡県菊川市下平川)にあった代官屋敷である。1973年(昭和48年)に、主屋と長屋門が「黒田家住宅」として重要文化財に指定された。1993年(平成5年)には米蔵、東蔵及び宅地(濠を含む)が重要文化財に追加指定され、屋敷構え全体が保存されることとなった。

歴史
徳川家旗本で、当地を治めた本多助久の代官となった黒田家が築いた屋敷である。

黒田家が当地に住したのは永禄年間(1558 - 1569年)とされ、黒田義則が現在地に縄張りを行い居住したのが始まりと伝える。現在の主屋は、安政東海地震(1854年)後に再建されたものであると考えられている。長屋門は母屋よりもさらに古い、18世紀中頃の建築とみなされている。当時、一般農家では門を構えること自体許可されておらず、この長屋門の規模は、黒田家が任されていた2千石の格式を示すものといわれている。

文化財
以下の物件が「黒田家住宅」として重要文化財に指定されている。

主屋
長屋門
米蔵
東蔵
宅地 10798,00平方メートル(宅地、池沼、山林、田)宅地内の稲荷社、金山神社、地神社を含む
附(つけたり)指定物件:西蔵、家相図2枚、絵図1枚

宅地は南北約100メートル、東西約80メートルで、周囲に濠をめぐらす。南に長屋門を開き、その東脇に米蔵が建つ。門の北側の敷地ほぼ中央に主屋が建ち、その背後に東蔵・西蔵が並んで建つ。

主屋は桁行21.6メートル、梁間14.1メートル、寄棟造、桟瓦葺きとする。この建物は、安政元年(1854年)の大地震後に建立されたものと考えられている。黒田家には地震前の嘉永3年(1850年)と地震後の文久元年(1861年)の2枚の家相図が伝わるが、両者に描かれる建物は別のものであり、現存する主屋は後者の家相図に描かれるものである。主屋は太い柱を多数立て、建物の中心部には桁行(東西)方向に4尺(約1.2メートル)幅で2列の柱列があり、構造を堅固にしている。こうした堅固な構造は、地震に備えたものとみなされる。上述の2列の柱列の間の4尺幅の空間は、廊下、床の間等に利用されている。平面は東側を土間とし、床上部は南側は中の間、仏間、玄関の間、客座敷とし、北側は台所、茶の間、納戸などの内向きの空間とする。接客空間である玄関の間と客座敷は書院造とする。
...

黒田代官屋敷の口コミ情報

まー宮内卿様[2016年12月31日]
道路からも水濠が見え資料館の周りにも水濠がある。路駐したが専用駐車場(無料)がありトイレもあった。屋敷全体が国指定重要文化財。主屋は長屋門から見えたが蔵は上しか見えず。水濠を挟んだ道路から長屋門隣の米蔵に煉瓦積が一部見えました。

まるき〜淡路守様[2016年08月09日]
堀があり外から見ると立派な屋敷ですが門を潜って中に入ると車が置いてあり普通の田舎のお家と作業道具やなんやらと…物置?

玄関が開けっ放しだったのでチラッと覗いてみましたが…
普通に人が生活しています。
人は見えなかったが、たぶん…奥に居られるかと
食卓テーブルが見えてテレビの音が聞こえてきて…
確実に人が居るのだろうが声を掛けにくい。
よってこれ以上普段の生活にお邪魔する訳にはいかないので退散!

そんな感じです。

屋敷横に資料館がありましたが月曜だったので休館でした。
駐車場、あります。

Midori琉球守様[2016年05月09日]
母屋には22代目当主様ご一家がお住まいで、プライバシー保護のため今は母屋の見学はできません。
が、「母屋玄関の手前5m位までなら立ち入りOK」と資料館の方にお聞きし、その後長屋門の中へ。
ちょうど庭に数名の家人の方がいらしたので丁重に挨拶をして、母屋側からの長屋門写真を撮らせていただきました。

資料館入館の150円は無駄ではなかった(^_^)v
因みに資料館職員さん?は、解体修理の際に土壁は一度剥がして練り直し再度使用していることなど、色々と説明してくださる優しいおじさまでした。

相模守ぷいちー様[2013年08月12日]
母屋は重要文化財のためエアコンが取り付けられず、御当主が資料館の方にたまに涼みに来られるそうなので、運が良ければ、直接お会いしてお話が聞けるかもとのこと。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore