朝比奈城(あさひなじょう)

朝比奈城の基本情報

通称・別名

朝比奈城山、南谷城

所在地

静岡県御前崎市下朝比奈

旧国名

遠江国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

朝比奈氏、曽根氏

廃城年

遺構

曲輪、堀切、井戸

指定文化財

再建造物

周辺の城

相良城(静岡県牧之原市)[5.4km]
黒田代官屋敷(静岡県菊川市)[7.2km]
菊川城館(静岡県菊川市)[8.0km]
高天神城(静岡県掛川市)[11.1km]
勝間田城(静岡県牧之原市)[13.1km]

朝比奈城の口コミ情報

あきおこ様[2018年12月25日]
【アクセス】
最初にここは市指定史跡・朝比奈城(藤枝市)では無く御前崎市の同名城なので注意が必要です。
旧妙音庵薬師堂の公民館と倉庫の間に駐車できます。私は駐車場上の社殿脇から斜面を数秒登り尾根を右側に登っていきました。
【見どころ】
尾根歩きは自然地形が続き「ここは城なのか!?」とやや不安になりますが少し歩くと浅い堀切と鋭い切岸が見えてきてホッとします。左脇から登ると二ノ郭です。郭面周囲には塹壕状の溝があり「んっ!!」の遺構ですが浅く幅も狭いので恐らく城郭と関係ないと思います。
西側には鋭い切岸の下に小郭があります。上から見ると鋭ど過ぎて堀切かと思いました。
東側には竪堀状の虎口もあり南東に続く尾根沿いには土塁もあります。尾根を更に進むと最高所の主郭に至ります。城址碑…期待してもありません。
主郭より南東の尾根には4本の堀切が断続的にあり中の2本はエッジ抜群で感動ものです。最後の堀切は土橋を伴いそれを抜けると風景が一変し茶畑に出ます。思わず静岡をイメージしてしまう最高の風景です。
見どころは台地に続く尾根を遮断する堀切群で無名な城だけど楽しめる城でした。
 

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。