横須賀城(よこすかじょう)

横須賀城の基本情報

通称・別名

松尾城、両頭城

所在地

静岡県掛川市西大渕

旧国名

遠江国

分類・構造

連郭式平山城

天守構造

型式不明[3重4階/1578年頃築/破却]

築城主

大須賀康高

築城年

天正6年(1578)

主な改修者

主な城主

大須賀氏、渡瀬繁詮、西尾氏

廃城年

明治元年(1868)

遺構

曲輪、石垣、横堀(水堀)、移築櫓、土塁、枡形虎口

指定文化財

国史跡(横須賀城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

馬伏塚城(静岡県袋井市)[4.4km]
高天神城(静岡県掛川市)[6.1km]
久野城(静岡県袋井市)[9.8km]
黒田代官屋敷(静岡県菊川市)[10.4km]
掛川城(静岡県掛川市)[10.7km]

横須賀城の解説文

横須賀城(よこすかじょう)は、遠江国城東郡横須賀(静岡県掛川市横須賀)に戦国時代から江戸時代にあった城。平城。武田氏の高天神城に対抗するため徳川家康が大須賀康高に命じて築いた城郭である。大須賀家2代の後、渡瀬家1代、有馬家1代、その後、再び大須賀家2代となるが除封され、能見(松平)家2代、井上家2代、本多家1代とめまぐるしく藩主が代わり、西尾忠成が2万5千石で入封し、以後7代をもって明治維新を迎える。

西尾家歴代の藩主のなかで忠尚は名君の誉れ高く、若年寄を勤め5千石加増され、都合3万5千石になり、老中も勤めている。

城郭の特徴
横須賀城の特徴は他に類を見ない天竜川より運ばれた玉石垣を用いた築城法である。天守閣は三層四階であった。宝永年間に起こった大地震のため湊が隆起してしまい、用水路を作って凌いだ。

遺構
石垣、堀、土塁等が残り、現在公園として整備されている。国の史跡に指定されている。また、不開門が城跡の北西にある撰要寺に、町番所が市役所大須賀支所北側に、それぞれ移築され現存している。これらの移築建造物は,掛川市文化財に指定されている。このほか、袋井市の油山寺には旧御殿の一部が移築されている。

横須賀城の口コミ情報

まー武蔵守様[2016年12月30日]
高天神城へ向かう途中で久しぶりに訪れました。風が強い中登城。城内は誰もおらず閑散としてました。とりあえず天守台へ行き天守台脇にある石碑を撮って高天神城へ向かいました。

野呂利駿河守休三7/29様[2015年02月28日]
本丸北側の北の丸はゲートボール場、米倉の東半分は梅林で地域の憩いの場になっています。北の丸の北東隅の松尾山は最初の本丸とも言われ、建物跡の礎石があり、本丸越しに周辺を見渡すことができます。
西の二の丸、東の三の丸は宅地になっていますが、南側から見ると今も高い地形になっているのがわかります。

黒田尾張守走兵衛様[2014年12月30日]
写真でみると立派だったため初登城!近くでみると、石垣の石まるいし(-_-;)何故に石垣復元に河原の石を使ったのか…(^_^;)

コロ助様[2013年08月19日]
曲輪の周囲にある生垣が直線的に刈ってあるなぁと思ったら、塀跡をサザンカの生垣で、門跡をイヌツゲの生垣で表しているそうです。

赤いRVR弾正大弼@松本様[2013年06月09日]
石垣の石の一部は、磐田市の見附学校の土台に転用されたそうです。

桑名式部大輔はまぐり〜様[2012年02月12日]
石が丸いです。通常の石垣と比べて強度はどうなのでしょう?

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore