久野城(くのじょう)

久野城の基本情報

通称・別名

座王城、蔵王城、鷲之巣城

所在地

静岡県袋井市鷲巣

旧国名

遠江国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

久野宗隆

築城年

明応年間(1492〜1501)

主な改修者

主な城主

久野氏、松下氏、北条氏重

廃城年

正保元年(1644)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、竪堀、井戸

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

飯田城(静岡県周智郡)[4.4km]
馬伏塚城(静岡県袋井市)[6.2km]
掛川城(静岡県掛川市)[7.8km]
社山城(静岡県磐田市)[8.9km]
匂坂城(静岡県磐田市)[8.9km]
天方城(静岡県周智郡)[9.2km]
中泉陣屋(静岡県磐田市)[9.5km]
横須賀城(静岡県掛川市)[9.8km]
高天神城(静岡県掛川市)[12.3km]
鳥羽山城(静岡県浜松市)[15.3km]

久野城の口コミ情報

2020年05月16日 こうひろ
久野城



北の丸横に駐車場が有りますが知らずに西の丸脇の空きスペースに止めました。なので搦め手から登城することになりました。結果的に此方からの方が全体を効率的に回れる気がします。

小高い丘陵部が戦国期の平山城、外周部の整地された箇所が江戸初期までの近世城郭になります。

時代別に時系列で歩いてみると更に面白さが増します。

力任せ的な技巧工夫はあまり見られませんが時代が違う城郭のハイブリッド形態は中々に興味深いです。
南側の水堀跡が当時と同じく存在すれば、さぞ壮観な景色が見れると思います。
総評としては石垣が無いこともあり、ちょっと不思議な感じがする城です。

東海道が目の前を通っている重要場所ですが何故に掛川や横須賀にはなれなかったのか?
ずっと考えていましたが陣屋に近い城の運用が影響していたのではと推測します。
二城に近くて、天守も無いと権威の象徴にも乏しいですからね。

もし続々100名城が設定されるのであればぜひ選ばれて欲しい面白い城ですね。

2020年02月15日 遠江守いしくん
久野城

久野城の御城印は袋井北コミュニティセンター(袋井市久能1330-2 Tel 0538-43-3387)にて販売しております。月曜日と祝日が休館です。なお、年内いっぱいゾロ目の日には特別御城印が販売されるそうです。

2019年12月11日 千閑斎【】
久野城

最近作られた、見学案内パンフレットがとても良いと聞き頂きに伺いました。城の歴史と構造、出土遺物の写真、加藤先生による縄張り図など分かり易いパンフレットです。北側駐車場トイレの横に有ります。袋井市歴史文化会館でも入手可能です。


2017年03月31日 カーネル
久野城

東海道線袋井駅から
城までの直線距離を調べるため、駅で城攻めボタンを押したらへちかんさんゲットで↑
城までの距離2.8kmの数字を見て↓

袋井駅前から北に向かい3本の通りがあるので、一番右(東)の通りを黙々と北上。歩道もあって歩きやすい

県道415号で右折。帰りはバスがいいなぁ。と思いバス停を探しながら歩く

信号『東新屋』で左折して北上。歩道がなくなります。東名高速の手前に久野城→500mの看板あります
東名高速をくぐり、右手の低い山の山裾に休憩所が見えるので、用水路沿いに田んぼの畦道を歩いて向かう

休憩所(南の丸でした)のすぐ北に案内があり、高見、二ノ丸を経由して本丸着

反対側に降り、三ノ丸と北の丸を経て駐車場に行くと、城の説明板があります

少し戻って東の丸、大手を経由して南の丸に戻りました。整備されてて凄いよかったです

駅からの往復で2時間弱
バス停はなかった


2016年02月28日 井伊直虎
久野城

東名高速道路から、みえる小高い山にある看板に久野城と書いてあります



2016年02月17日 井伊直虎
久野城

袋井市の資料によると、色々発掘していると書いてありました


2016年02月17日 井伊直虎
久野城

僕も行きました。
もう少し、整備して欲しいです。
それから、周辺地図の看板も、もう少し、分かりやすく、して欲しいです。

2015年12月30日 【単騎駆】右衛門督かげちゃん
久野城

久野城周辺の道は、狭いので対向車とのすれ違いには、注意した方いいです。
あと、久野城周辺は、田んぼや茶畑が多いので農閑期に訪れる事をおすすめします。

2015年03月16日 león☆鷹党
久野城

駿河今川氏が遠江進攻への拠点の1つとして明応年間(1492〜1501年)に築城されたと考えられます。
正保元年(1644年)の廃城まで多くの城主を経ており幾度か改修があった可能性も大きいですが、今川氏分国内だった当時の築城を偲ばせる城跡としては貴重な城だと思います。
遺構として曲輪・土塁・堀切・井戸跡等が残ります。
公園として整備されており、駐車場とトイレも完備されていました。

近隣には南北朝期に九州探題として活躍した今川了俊の供養塔及び館跡の土塁が残る海蔵寺があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore