岩槻城(いわつきじょう)

岩槻城の基本情報

通称・別名

岩付城、白鶴城、浮城

所在地

埼玉県さいたま市岩槻区太田3-4他

旧国名

武蔵国

分類・構造

平城

天守構造

不明

築城主

成田正等

築城年

文明10年(1478)

主な改修者

北条氏

主な城主

成田氏、太田氏、後北条氏、大岡氏

廃城年

明治4年(1871)

遺構

門、曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

春日部氏館(埼玉県春日部市)[4.4km]
江ヶ崎城(埼玉県蓮田市)[5.4km]
代山城(埼玉県さいたま市)[5.4km]
大和田陣屋(埼玉県さいたま市)[6.6km]
松野氏館(埼玉県さいたま市)[6.6km]

岩槻城の解説文

岩槻城(いわつきじょう)は戦国時代に築かれた平山城。大宮台地岩槻支台上に立地。武蔵国埼玉郡岩槻(現在の埼玉県さいたま市岩槻区)にあった岩槻藩の藩庁(日本の城)。別称に岩付城、岩附城、浮城、白鶴城がある。県指定史跡。

歴史
室町時代
従来は『鎌倉大草紙』により、古河城にいた古河公方・足利成氏に対抗するため、1457年(長禄元年)、扇谷上杉持朝とその家臣太田道真・太田道灌父子により、江戸城・河越城とともに築かれたとされていた。近年、1478年(文明10年)に古河公方方の忍城主成田顕泰の父成田自耕斎正等が築城したと記述された史料が発見により、成田氏築城説もあるという。

最近、成田氏築城説の根拠となった史料について、新たな解釈が示されている。本史料で築城者「正等」の子としている「顕泰」は成田顕泰ではなく、長尾忠景の三男であり太田道真の養子になった人物とし、「正等」は道真の法諱(仏法社会の本名)とみなす。2014年の時点では太田氏築城説と成田氏築城説が並立している状態であるという。

その後、永正7年(1509年)には、古河公方奉公衆である渋江氏が岩付城主となったとみられている。

戦国時代
扇谷上杉氏と山内上杉氏の対立から関東も戦乱期に突入する。1522年(大永2年)、太田資頼が岩槻城を奪取し、以後、岩付太田氏の居城となる。伊豆、相模を手中に収めていた北条氏が武蔵に侵攻して岩槻城攻略に乗り出すと、1546年(天文15年)の河越夜戦で北条氏の武蔵支配が決定的になる中、岩付城はそれに抵抗する太田資正(三楽斎)の居城として機能した。1564年(永禄7年)、資正の留守中に嫡子・太田氏資が北条氏康に内応し資正の追放を断行、岩付城は後北条氏方となった。1567年(永禄10年)、氏資が上総国で戦死すると、氏資には男子がいなかったため、北条氏はこれを契機に岩付城を直轄にする。1580年(天正8年)には北条氏直の弟の源五郎が、その早世後の1585年(天正13年)にはその弟氏房が城主になった(形の上では太田氏の名跡を継いでいる)。

1590年(天正18年)、豊臣秀吉による小田原征伐の際には、氏房が小田原城に詰めたため、氏房付の宿老である伊達房実の指揮の下、2000の兵が岩付城に籠城するが、浅野長吉等に率る約2万の兵に攻められ、1000余の犠牲を出して数日後に降伏落城した。

江戸時代
北条氏滅亡後、徳川家康が関東に入ると、徳川家の譜代家臣の高力清長が2万石で岩槻城に入った。以後、青山氏・阿部氏・板倉氏・戸田氏・藤井松平氏・小笠原氏・永井氏ら譜代大名の居城となった。江戸中期に徳川家重の側用人大岡忠光(大岡忠相の遠縁)が入り、藩主が固定。廃藩置県まで大岡氏の居城となった。 天守は無かったが天守代用の櫓として本丸に二層二階の瓦櫓があり、他に柿葺二層二階の二重櫓と同じく柿葺の一層一階の櫛形櫓が本丸に存在した。

明治時代以降
城址公園に黒門と裏門が移築され残っている。他に門2棟が移築され残っている。城址公園は曲輪の一部で、本丸があった場所は住宅地となっている。また1988年には地名変更により本丸が成立している。
...

岩槻城の口コミ情報

安田越後守秀俊様[2017年10月21日]
城とセットで岩槻太田家菩提寺 芳林寺をオススメします。
・太田道灌 騎馬像
・太田道灌 鷹狩り像
・太田氏資 像
・太田氏資の母 芳林妙春禅尼 像
・太田道灌 分骨墓
・太田氏資 墓
・芳林妙春禅尼 墓
・高力正長 墓 等の銅像と墓所があります。

暑いぞ埼玉 太田資正様[2017年05月12日]
岩槻城(岩槻城址公園)は岩槻駅より徒歩約20分のところにあり、駐車場は第1~第3まである。
公園内には菖蒲池にかかる赤い八ツ橋がある。隣接には遊具や広場があり、休日は家族連れで賑わっている。
カワセミも見られ、写真を撮られる方もいる。
また、空堀跡や黒門があり、散策が可能である。
近くに大手門というレストラン(食堂)があり、B級グルメの豆腐ラーメンがある。
岩槻城址公園の周辺には、太田、本丸、新曲輪等城下町らしい地名がある。


神楽右兵衛督丞岳様[2016年11月13日]
近いのになかなか行けなかった岩槻城を散策しました。
暖かかったこともあり、公園には多くの家族連れで賑わっていました。
駐車場もあり、無料です。
見所は城門もそうですが、鍛冶曲輪は一見の価値はあると思います。
本丸は跡形もないようですが、本丸という地名が残っているのはいいですね。

野舘宮内少輔サラマンダー様[2013年12月13日]
2013年12月13日13時(70分)

岩槻城址公園を縦断する道沿いに、第一駐車場があります(第三まであるようです)

トイレもあり

第一駐車場のそばには、移築大手門が、もう少し南下すると移築裏門があります

大手門を東に少し入ると、大きな解説板あり

解説板の右手に土塁を通り抜け、その右には復元堀障子と解説板

土塁沿いに歩いていくと、両方が土塁に挟まれた道になり、鍛冶曲輪に着きます

その広場に『白鶴城址碑』が建っています

その北側に池があり、赤い橋が掛かっています

橋を渡ってそのまま進むと、岩槻城址公民館をぐるっと回ります

中でA4サイズの解説書と市内の地図を頂きました

大手門跡は、北上した一つ目の信号左、更に左、消防署脇の細い道を100m程進んだ左手にあり

本丸跡は、同じ信号を右、100m程進んだ右手にあるガソリンスタンドの敷地内に、石碑と解説板があり

敷地内なので、自販機のジュースを購入

土塁が迫力満点な城址でした〜

しー武蔵守様[2013年08月16日]
こんな近くに土塁と空堀が確認できる公園があったとは(°_°)

【毘】樋口弾正少弼与六様[2012年06月11日]
岩槻城にも遺構は存在します。
スタンドの本丸の石碑、裏手の民間の間に本丸の土塁と空堀が残ります。
又大手口の先に、土塁と空堀がとある施設内に確認出来ます。

常陸入道ねんさい尾張守様[2012年06月11日]
岩槻に過ぎたるものがふたつあり、児玉南かと時の鐘、今でも岩槻には時の鐘と児玉南かの藩校の遷喬館の建物があります。戦国時代の大構の土塁が愛宕神社にあります。鍛冶曲輪と新曲輪の空堀と土塁は残っています、本丸以下の遺構は石碑や説明板だけで何もない。岩槻駅から北500Mあたりに郷土資料館があります。

ビバちゃん様[2012年06月08日]
岩槻城はただの公園?て位観るべき遺構はありません…(>_<) 
唯一の見所は「門」だけです。
本丸跡は現在ガソリンスタンドになっていて、その敷地にひっそりと案内板が立っているので最初から知らないと見逃します!

GINTOKI様[2012年05月29日]
駐車場は第一〜第三ありますが!第三駐車場は、18時迄です!大手門跡にB級グルメ豆腐ラーメンをだす食堂があります!

傾奇揚げ仙兵衛様[2012年03月19日]
ボロボロの大手門と石碑を挟んで裏門が並ぶ変な公園

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月22日]
[武将像]太田道灌像
岩槻区役所に鎮座。

ぼん太主膳佑様[2010年07月14日]
たしか、本丸跡の史跡はガソリンスタンドにあったような…。

ぎっちゃん様[2010年06月24日]
市内の民家に城門が移築されてますが、 立派な高麗門で一見の価値あり。でもあくまで民家の門なのでちゃんと断ってからの見学が好ましいですね

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore