古河城(こがじょう)

古河城の基本情報

通称・別名

古河御所

所在地

茨城県古河市中央町

旧国名

下総国

分類・構造

平城

天守構造

独立式層塔型御三階櫓[3重4階/1633年築/破却(廃城令)]

築城主

下河辺行平

築城年

平安時代後期

主な改修者

小笠原秀政、松平康長、土井利勝

主な城主

足利氏、土井氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市文化財(旧古河城乾門)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

古河公方館(茨城県古河市)[1.2km]
小谷城(栃木県小山市)[7.2km]
栗橋城(茨城県猿島郡)[9.0km]
藤岡城(栃木県栃木市)[9.3km]
花崎城(埼玉県加須市)[10.4km]

古河城の解説文

古河城(こがじょう)は、現在の茨城県古河市(下総国)の渡良瀬川東岸にあった城。

室町時代には、古河御陣とも呼ばれ、北朝足利氏の拠点の一つであった。古河公方の本拠となった時期については古河御所(こがごしょ)とも呼ばれる。なお、古河鴻巣の古河公方館も御所と呼ばれるため、混同しないように注意する必要がある。

概要
古河城の起源は、平安時代の末期に、下河辺行平が古河の立崎(竜崎)に築いた城館とされている。室町時代には、足利成氏(古河公方)が本拠とし、以後、戦国時代の関東における中心の一つとなった。江戸時代には、多くの譜代大名が入れ替わりで城主を務め、近代城郭としての整備が進められた。古河藩庁が置かれて、行政機能を担うとともに、将軍の日光社参時の宿として、あるいは、江戸城の北方の守りとしても機能した。明治時代初期に廃城となり、明治末に開始された渡良瀬川の大改修の際に、残された城跡も大半が消滅した。渡良瀬川の堤防上、三国橋と新三国橋の中間付近には「古河城本丸跡」と書かれた標柱が設置されているものの、周辺に説明板などは設置されていない(2008年9月現在)。

古河城は渡良瀬川の河畔にあり、その位置付けは、人と川との関わりに影響されてきた。
渡良瀬川は、上流では主に栃木県・群馬県の県境近辺を流れ、下流では太日川(今の江戸川)と名前を変え、千葉県・埼玉県の県境近辺で利根川と並行して、東京湾に流れ出ていた。従って、関東を東西に分かつ境界線であり、また、河川交通により北関東および東京(江戸)・房総を結ぶ物流と交通の幹線であった。このような東京(江戸)との地理的条件は中世および近世に本城が重視される要因となり、近代の治水問題は、下流の関宿城と共に城跡を徹底的に破壊される大規模な河川改修事業の要因となった。

歴史・沿革
平安時代末〜鎌倉時代(城の起源)
平安時代末に源頼朝に従う武将下河辺行平が、古河の立崎(竜崎)に城館を築いた(『永享記』等)。正確な時期は分らないが、行平が活躍し始めた1180年頃が目安となる。立崎は渡良瀬川とその東側に広がる沼地にはさまれた半島状の台地であった。

また、行平を荘司とする下河辺庄は、茨城県古河市、千葉県野田市、埼玉県幸手市・吉川市・三郷市など、渡良瀬川とその下流の太日川(今の江戸川)に沿って広がっていた。
このころ、以仁王の挙兵にて敗死した源頼政の首を従者(下河辺行義?)が持ち帰り、立崎に葬ったと言い伝わる。近世古河城では頼政曲輪となる。
行平以後、北条氏が鎌倉幕府の実権を握ると、北条氏の支配下に移ったと考えられる。

室町時代〜戦国時代(古河公方の本拠)
室町時代前期の南北朝時代、本城は北朝の足利氏の拠点の一つであった。
...

古河城の口コミ情報

ばくりんこ右京大夫様[2013年10月17日]
河川敷整備のため徹底的に埋め立てられ破壊され今は見る影もありませんが、唯一歴史博物館にジオラマがあり、川を堀にした城マニアにはたまらない往時の姿が見られます。

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年06月17日]
博物館建設前の発掘調査で、諏訪曲輪から礎石建物が確認されましたが、現地では保存されず、同じ茨城県内の逆井城址公園に移設されました。
また、現在の諏訪曲輪の水堀は、親水公園のように改変されましたが、博物館建設以前は、旧来の様子をよく残していました。博物館を建設しながら、堀や礎石建物など貴重な古河城の遺構を破壊するという矛盾した行為は、非常に残念なことです。
ちなみに、城跡に近い国道354号沿いに、三階櫓を模した建物があります(新聞販売店だった気が・・・)。結構、様になってます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore