足利政氏館(あしかがまさうじやかた)

足利政氏館の基本情報

通称・別名

所在地

埼玉県久喜市本町7-2-18他

旧国名

武蔵国

分類・構造

平城

天守構造

なし

築城主

足利政氏

築城年

永正15年(1518)

主な改修者

主な城主

足利政氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(足利政氏館跡及び墓)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

久喜陣屋(埼玉県久喜市)[0.6km]
粟原城(埼玉県久喜市)[3.3km]
幸手城(埼玉県幸手市)[4.2km]
花崎城(埼玉県加須市)[5.6km]
栗橋城(茨城県猿島郡)[6.8km]

足利政氏館の解説文

足利政氏の父成氏は文安4年(1447)に鎌倉公方となるが、関東管領山内上杉氏と対立をして古河(現在の茨城県古河市)に移って古河公方を称するようになる。その後、伊豆の堀越公方、山内上杉氏、扇谷上杉氏との勢力争いが続く享徳の乱が始まった。

享徳の乱の終息後に2代古河公方になった政氏が、この地に館を構え、永正16年(1519)に臨済宗円覚寺派の永安山甘棠院を開山したのが、当寺のはじまりである。

現在、甘棠院の表門を入ると、中門から本堂を囲むように空堀がめぐらされ、北側には土塁も築かれている。

子の高基(のちの3代古河公方)、義明と不和になり、永正9年(1512)に小山(現在の栃木県小山市)に移った政氏は、同15年頃に久喜に戻って隠居したと伝えられる。

また、境内には、「享禄四年七月十八日 甘棠院殿吉山道長大禅定門」の銘が刻まれた政氏の五輪塔がある。

情報提供:久喜市教育委員会文化財保護課

足利政氏館の口コミ情報

Nabeppu左馬頭様[2017年05月14日]
公共交通機関で行く場合は久喜駅西口を出で、大和観光バス(乗り場はマクドナルドの前)に乗車、3つ目の甘棠院(かんとういん)入口を下車します。バス停近くの弁当屋がある通りを入り150m位直進すると、二引両の紋の入った二本の石柱が立っている所が総門(入口)です。説明版もそこに有ります(駅から徒歩だと約20分程掛かります)。
更に奥に進むと永安山と山号の書かれた中門があります。この門前両側に堀跡が確認出来ます。深さは150cm〜200cm位です。その先が墓地や鐘、建屋のエリアになり、そこにも説明版が有ります。
また、領域北西側、富士乳児院隣に史跡公園があり、そこにも説明版は有ります。
車の場合は総門を正面に見て、右廻りで車一台分しか通れない路地を進むと左側に入口があり、そこが駐車場(近くに鐘が有ります)です。

まー宮内卿様[2017年02月26日]
所在地にある甘棠院(かんとういん)を目指します。周辺道路は道幅狭いです。駐車場有り。駐車場からすぐに足利政氏公の墓所がある門があります。門は閉ざされていますが墓地を沿って歩いていくと古めかしい墓石が見えるためそれがそうかと思われます。しかしちゃんと見たい方は拝観を申し出れば見れるようです。さて山門脇には空堀が明瞭に残っています。墓地側からも出ることが出来ます。山門の手前にある惣門には足利氏家紋である二ツ引両が見え、石碑及び説明板有り。一度訪れるべき場所かと思います。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore